So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

海の向こうの救急搬送! [日記]





 先日、
 ある新聞で
 救急車の搬送の特集が
 掲載されていました。

 その中で、
 救急車搬送の有料制について
 いろいろと議論されていましたが、
 ふと、
 諸外国のシステムはどうなっているのかなと
 気になりました。
 海外旅行の際も気になりますものね…

 調べてみましたよ~

 アメリカの場合は、
 州によってバラバラですが、
 搬送されるだけだとおおよそベンジャミン・フランクリン800ドル
 (約9万円)あたりが基本線みたいです。

 福沢諭吉日本円10万程度は覚悟しておかないとダメということですね。

 ただし、
 この救急車の費用は、
 入っている保険の内容によっては
 保険会社負担の場合もあるようです。

 一方、おかしな話しもありました。
 救急車特約の保険を契約している人が、
 救急車を利用する場合、
 事前に保険会社に連絡を頂かないと
 特約が適応されないことだそうです。
 急を要する人がどうやって連絡できるのでしょうかねwww

 お隣の中国の場合はというと
 救急車は有料(わりと高額)で、
 呼んだ人が料金を支払うシステムなのだそうです。

 なので、
 偶然まわりに居合わせた善意の人は
 110番(無料)で対処するそう です。

 一方で、
 意識があるなら
 タクシーに乗って病院に行った方が早くて安い。
 なぜかというと
 日本と違って、
 一般車両は救急車を譲ってくれないからです。

 ちなみに
 夜間救急車を呼んだら
 なかなかこない上に
 毛沢東の500元請求された例も記載されていました。

 いずれも
 海の向こうの国の救急車搬送は
 高額であるということです。

 日本の場合は、
 すべて税金でまかなわれていますが、
 財政難なのに
 どうして救急車が無料なのか
 不思議に思いますよね。

 ちなみに、
 日本では、
 いろんな話が出ていますが、
 平均すると
 一回の出動に約5万円くらいのようです。

 それらを踏まえて、
 有料制においては、
 賛否両論ありますが、
 まずは、
 モラルを遵守させる法律が
 必要なのかなと思います。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニューヨーカーのリュックサック! [日記]

 
 ただいま大人気の
 “マンハッタンポーテージ“を紹介します。

 日本では、
 もはや流行に左右されない人気を確立したブランド、
 ”マンハッタン ポーテージ”…

 ”マンハッタン ポーテージ”のリュックサックは、
 シンプルなデザインで、
 スーツでもカジュアルでも似合うスグレモノです!

 中に仕切りがなく、なんでも放り込めますよ…
 考えようでこれが最大の長所ともいえます…

 ルーツは、ニューヨーク!
 
 大都市ならではのフィットするデザインが、
 都会在住者に好まれる理由ですね!

 とにかく使いやすさが抜群です!

 今、注目されている高い人気の高い定番アイテム…
 現在、予約沸騰となっています。

 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…


















注目の京阪神公立中高一貫校! [日記]





 エド・はるみの慶應義塾大学大学院合格の報道が、
 大きく取り上げられましたが、
 小中学校の子供さんをもつの親御さんにとって…
 長期的には、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、国際基督教大学や
 関西では、関西学院大学、同志社大学など名門大学にと思う心は
 今も昔もみな同じですよね…

 短期的には、中学、高校の入試問題があります。

 最近の話題としては、
 私立の中高一貫校は、よく聞いていたのですが、
 最近、公立中高一貫校も増えてきつつあることを聞きました。

 京阪神だけですが…
 どんな高校が、付属中を設置して、
 一貫校になっているのか興味深く調べてみました。

 京都府は、

 京都府立洛北高等学校・附属中学校
 (主な卒業生にノーベル賞の湯川秀樹、朝永振一郎)
 京都府立西京高等学校・附属中学校
 (主な卒業生に村田製作所創業者村田昭)
 京都府立園部高等学校・附属中学校
 (主な卒業生に元自民党幹事長野中広務)
 京都府立福知山高等学校・附属中学校
 (主な卒業生にタレント中澤裕子、プロレスラー小橋建太)

 特筆すべきは、100年以上の伝統校ばかりである点です。
 全て明治時代に出来た学校で、古都京都らしさが感じられますね…
 ちなみに
 洛北高等学校は日本最古の旧制中学校だそうです。

 大阪府は、

 大阪市立咲くやこの花高等学校・中学校、
 今年2017年に開校された大阪府立富田林高等学校

 富田林高校は、大阪初の府立公立中高一貫校で、
 1902年に出来た旧制大阪府第八中学校を前身とする、歴史ある進学校です。

 市立の咲くやこの花中学校が市内在住者対象に対して、
 府立の富田林高等学校附属中学校(仮称)は
 大阪府全域が入学受験対象の予定だそうです…

 今後、富田林高校をみながら、
 北野高校、天王寺高校、高津高校などのトップレベル高校が
 どう動くのか気になるところです…

 兵庫県は、

 兵庫県立大学付属高等学校・中学校
 兵庫県立国際高等学校・芦屋国際中等教育学校

 兵庫県に関しては、関心が薄いのか
 現状、
 伝統校である神戸高校や兵庫高校などの動きもまったくなさそうですね…

 こうやってみると、
 各県の教育の取り組み方によって差があることもわかります!

 これら公立中高一貫校のメリットである、
 義務教育機関の授業料無料は大きいし、
 高校になって有料となっても、
 私立と比べれば家庭の負担はまったく違ってきます。

 また、
 「公立の中高一貫校」という魅力的なキーワードが入った学校を
 一気に設立していくという国のプロジェクトが重なり、
 今や注目となって「公立の中高一貫校」の説明会には、
 人があふれんばかりだそうです…

 教育の無償化などとあわせて、
 教育に携わった経験のある筆者は、
 今後の各県の取り組みに注目したいと思います!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の義経伝説! [日記]


 

 モンゴル族といえば、
 元横綱朝青龍、現横綱白鵬が有名ですが、
 元をたどれば、チンギス=ハーンですよね!

 13世紀の始め、
 当時争っていたモンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
 最強と恐れられた騎馬軍団を率いた人物です。

 中国北部から中央アジア・イスラム社会、更に東ヨーロッパなどを次々に征服して、
 人類史上最強と恐れられる『モンゴル帝国』を築き上げました。

 1227年にチンギス=ハーンは戦の途中で病でなくなり、
 現在のアルタイ山の南に密かに埋葬されたということです。
 そのため、現在でも、埋葬場所は謎となっています。

 そんな秘密のベールに包まれた人物は、
 日本でも、源義経の生れかわりとしての伝説があります。

 ”源義経の命を先祖代々受け継いたモンゴル族力士が、
 凋落した日本の大相撲人気を呼び戻した…” 
 
 って、夢のようなわたしの勝手な伝説がふと頭をよぎりました…www

 イチローや菊池桃子やエド・はるみのように高い向上心があって、
 五郎丸歩のように人気があって
 田中角栄のような強烈なリーダーシップのある
 そんな日本人を求む…www















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

相撲界の発展を… [日記]

 過日、
 一代横綱千代の富士が若くして亡くなりました。

 昨年も、
 場所の最中に、
 大横綱でもあり相撲協会の理事長でもあった一代年寄北の湖敏満氏が
 亡くなり、相撲界のみならず日本中に悲しみが…

 そういえば、数年前も大鵬幸喜氏が亡くなり、
 相撲界の短命化が話題になりました。

 若いころから
 激しいけいこで肉体を酷使した大相撲の力士は
 一般人と比べて寿命が短く、
 さらに、
 負けられないという精神的な重圧を常に背負い、
 土俵に立つ横綱はなおさらです。

 昭和以降に横綱に昇進した力士は、
 80歳まで生きた鏡里、初代若乃花を除けば
 おおむね50~60代で生涯を終えています。

 不滅の69連勝を誇る双葉山は56歳、
 花田氏と「栃若時代」を築いた栃錦は64歳。
 「柏鵬時代」の柏戸は58歳で、
 最近では先代佐渡ケ嶽親方の琴桜が66歳で急死しています。

 また、
 玉錦、玉の海と現役中に他界したという悲劇もありました。
 存命の歴代横綱で最年長は栃ノ海の花田茂広氏と、
 佐田の山の市川晋松氏が最高齢です。
 このコラムを書いている最中に
 残念ながら市川氏が亡くなったとの訃報が…

 横綱経験者は、
 60歳になると
 赤い綱を締め、還暦土俵入りを行うことになっているのですが、
 22代横綱の太刀山が戦前の37年に初めて披露してから、
 58代横綱千代の富士まで、披露できたのは、
 たったの10人しかいません。

 つまり太刀山以降、
 40人弱の横綱がいるにもかかわらず、
 還暦まで生きていた、
 あるいは
 健康を保つことが出来た横綱は4分の1しかいません。

 こうやって振り返ってみると、
 毎日、ちゃんこ鍋をたらふく食べるという
 食生活に問題があるのでは…

 大相撲の力士の短命化を
 防ぐためにも食生活の見直しも
 必要な時期に来ているのではないかと思います。

 昔のよき慣習は残し、
 悪しき慣習は改善していくことが
 相撲界の発展につながるのではないでしょうか…










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしのラジオ体操! [日記]





 恥ずかしながら
 この街に来るまでは、
 朝のラジオ体操って
 ”田舎の大きな運動場に集まってするもの”
 ”田舎の人だけのもの”
 と思っていました。

 当時のわたしは、って言うと、
 都会の真ん中で、
 日々疲れ、
 朝ギリギリまで寝て、
 会社に飛んでいく生活の連続でした。
 隣近所の生活も
 同じような毎日だったので、
 顔を合わせても
 挨拶らしい挨拶すらない状態でした。

 そんな中、
 家族の意向もあって、
 近くに新居を構えることになりました。

 この街はというと、
 入居の挨拶回りより先に
 挨拶にきてくださる
 地域全体で、
 新参のわたしたち家族を
 優しく受け入れてくれる街でした。

 そして、
 入居間もない初夏のある日、
 会長さんを含めいろんな方から
 「ラジオ体操にきませんか?」
 とのお誘いがありました。

 お誘いのあった初日、
 田舎生活に憧れていたわたしは、
 家族を連れて、
 生まれてはじめての
 朝のラジオ体操を
 経験しました。

 会場はというと
 メイン道路から外れた坂道の一角でした…
 道を挟んで反対の一角にも人が集まってきていました。
 幼児からお年寄りまで30人くらいといったところでしょうか…

 参加証にスタンプをもらっていると、
 清々しい天気に包まれて
 ラジオ体操のうたが流れてきました~

 ラジオの司会者が、
 街の紹介を兼ねながら、
 まずは、
 首などの準備運動からスタートです。

 そして、
 ラジオ体操第一~…

 懐かしいな~
 いろんな思い出が、
 走馬灯のように頭を駆け巡りつつ、
 小学校時代にタイムスリップしていました~

 最後は、
 気持ちよく深呼吸して…

 あれ?
 なに?なに?
 まだ何かあるの?
 ラジオ体操第二…?
 ええっ!そんなのあるの~!
 心の動揺を抑えながら…
 周りの人を見ながら…っと…

 ちなみに
 ラジオ体操第三もあるそうです(ビックリ)

 そんなこんなで
 朝早くから、気持ちよく晴れやかになりました。

 終了後、
 乳酸飲料までいただいて…

 ラジオ体操って最高~

 アリナミンAの吉瀬美智子のイメージで
 ラジオ体操をしたら日頃の疲れが
 シャキーッとすっきりするような…
 
 その後、一週間ラジオ体操完走して…
 ラジオ体操からたくさんのエネルギーもいただき…
 素敵な夏の思い出でした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

陽の光・月の光 [日記]






 ”おくりびと”で脚光を浴びた
 庄内地方の”ヘーぇ”ていう話しを紹介しますね…!

 庄内平野には、南から赤川、東方から最上川、
 そして、日向川、月光川の4つの川が流れ込んでいます。

 何か気づきませんか?

 鳥海山を水源とする
 2つの川日向(にっこう)川と月光(がっこう)川です!

 ”日光川”の間違いではありませんよ~
 ”げっこうがわ”のまちがいではありませんよ~

 わたしもこの町の表示を見て、漢字読み方とも
 何かまぎらわしいな~と思いました…。

 そして、
 鳥海山を中心に、
 太陽の日と月の光の川が、並行して流れているって
 いろんな意味で何か意味深だと思いませんか…?

 この名前の由来は、
 鳥海山の本尊は薬師如来とされ、
 左の脇侍月光菩薩、右の脇侍日光菩薩と薬師三尊を
 形成していることからきているようです。

 つまり、
 月光川は、月光菩薩に見立てられたもの、
 日向川は、日光菩薩に見立てた川の名です。

 陽の光と月の光
 ふたつの光で病魔を焼き尽くす
 というような意味だそうです。

 で、なぜ”日向”になったのか
 なぜ、”がっこう”なのかはよくわからないのですが…

 神の宿る清らかな水から、
 美味しいお米ができるのも納得です。

 この月光川の河原で
 夜桜の花見をしたのは、夢幻だったのでしょうか…

 遠い昔の懐かしいひとコマが、
 ふと蘇ってきました…
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乙女の下半身…一大事! [日記]





 軽いブログを…

 日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?
 最近では女子用の「ふんどし」も流行っていますね。
 ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、
 女性の下着としても良いということが浸透してきたのでしょう。
 プレゼントとしても喜ばれるようです。
 それにしても日本の女性は
 いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 

 今回は、そんなエピソードです。

 着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
 明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、
 ひとつだけ、なかなか定着しないものがありました。

 それは……「下着」です。

 江戸時代まで、
 男性は下着としてふんどしを着けていました。
 女性はというと、下着ははいていませんでした。
 腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず…
 それが当たり前だったのです。

 明治に入っても、
 西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
 体を締め付けるし、
 今までどおり何もつけないほうが快適だったのでしょうか…

 ですが、あるとき、
 日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

 それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」!

 かつて東京市の日本橋にあった
 日本橋白木屋百貨店……
 現在の東急日本橋店で、
 歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

 逃げ惑う従業員やお客たち……
 その中には、若い女性たちも…
 ロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、
 風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
 それを必死に片手で抑えているうち、
 片方だけでは体重を支えきれなくなり、
 多数の女性が地上に転落してしまいました。
 下着をはいていないため、
 着物がめくれる羞恥心から転落した女性…
 このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

 有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
 そんな教訓が、
 この火災をきっかけに叫ばれ、
 その後、日本女性に定着するようになったのだそうです。

 意外な事件から広まった西洋風の下着…
 どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

 現在は、叶姉妹の恭子・美香をはじめとして、
 一般の女性にも見せる下着が流行りですが…















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シルクのような透き通ったお肌を… [日記]




 
 ただいま大人気の
 “ローラメルシエ プレストセッティングパウダー “を紹介します!

 この商品のポイントは、
 薄づきなので化粧直しにピッタリだということです!

 シルクのようななめらかさで、
 長時間持続させる多機能なインヴィジブルパウダーで、
 1日何回使っても透明感をキープでき、
 肌に余計な色がつきません…

 メイクを自然に美しく仕上げ、
 テカリも抑え、
 メイクのもちもよくするプレスとパウダー。

 持ち運びもしやすく、
 お化粧直しがいつでも簡単にでき、
 ひと塗りで瞬時に美しく、
 気になる皮脂・テカリの目立ちを防ぎ、
 しなやかマット肌に仕上げてくれるプレストパウダー!

 使う前よりも
 肌が明るくなるよう感じがして、もちがよいという実感です!

 今、注目されている人気の高い定番アイテム…
 現在、予約沸騰となっています。

 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妖艶なスポット! [日記]

 阪神高速道路4号湾岸線を通って神戸に行く際に、
 北方向を見ると、
 大阪北港の舞洲此花大橋を渡りきったあたりかな…
 てっぺんに金色の不思議な塔を
 「ユニバーサルスタジオジャパン」だと誤解していましたwww

 最近になって、
 運転中にしか見れないので超減速しながら、
 「USJ」をよーく見るとどうもずれているような気が…

 それは、今年になって、違うと確信しました。

 じゃ~、
 このあたりに新しいテーマパークが出来たのかな?

 こんなに異彩を放つほど目立つのに地図を見てもよくわからないのは、
 なぜかすごく不思議に思っていました。

 先日、水上警察署勤務の知人に聞いて、
 徐々にその正体が見えてきました。

 結論は、
 「USJ」の向こうな見える変な建物群はゴミ焼却場でした。
 舞洲スラッジセンターというゴミ処理&汚泥処理施設で、
 大阪市環境事業局舞洲工場です。

 大阪市内には何ヶ所か焼却炉がありますが、
 焼却炉から煙の出ない煙突で、
 この焼却炉で発生する熱や蒸気、電気を周辺に供給しているそうです。

 大阪市に住んでいる人が、
 お世話になっている建物なんだ…

 それで、誰が作ったんだということですが、
 安藤忠雄?
 違いました…
 やっぱり外国人建築家のデザインでした。
 彼は、完成を見ることなく他界されたようです。

 内部は、見学もでき、
 ちょっとしたワンダーランドになっているようですよ。

 外国人から見れば、夜になれば、ネオン街…ラブホテル街…
 場違いな怪しいエリア…
 石田えりこや高岡早紀のような美しい妖艶な人妻が…www

 世界にも稀にみる無駄遣いです!
 でも一目見る価値ありそうですね。

 近いうちに行ってみたくなりましたwww

 橋下元市長が、激怒するのも無理ないですね…
 それこそ、伊豆ぐらんぱる公園であった路上プロレスを
 このワンダーランドで地元出身の赤井英和の娘で
 いま輝いている赤井沙希をメインに開催したら面白いかも…














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -