So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

マウスウォッシュよりも… [日記]




 
 わたしは、
 一時期、口臭に悩まされていました。

 その時に、
 歯磨きだけでは、弱いのかなということで、
 マウスウォッシュを使っていました。

 最近は、
 改善され、
 歯磨きのみで対処していますが、
 たまたま本屋で読んだ
 「買ってはいけない」という本という中で
 こんな内容をみました。

 わたしは、
 アメリカの某メーカーの商品を使ったのですが、
 ここにのっている大手のマウスウォシュ商品は、
 「高濃度の毒物。
 ポリエチレングリコールは発がん性が報告。
 飲み込めば、肝臓・腎臓障害の恐れあり」
 と記載されてありました。

 この商品は、
 子供用も販売していますね…

 調べてみると、
 例えば、
 マウスウォッシュのどのメーカーでも使用されている
 プロピレングリコールひとつをとっても
 安全性が高いとしている企業は多くありました
 が、安全性はいまだ確認されておらず、
 原液は猛毒で大変危険です。

 これらの成分は、
 混じりっ気のない化学物質ですから、
 いろんな副作用ももちろん考えられるでしょう。

 マウスウォッシュの薬用成分が
 界面活性剤なのも気になりますね…

 だからといって、
 この場合、殺菌成分をとるか、
 副作用の方を重視するかは、
 個人の自己判断によりますが…

 わかってほしいのは、
 怖いことに…
 メーカーが、
 結果的に
 有害物質を
 口内に入れるのを推奨していることです。

 このように、
 日本は、
 諸外国と比べると添加物の危険性などに
 非常に鈍感な国で、
 規制も非常に緩い国です。

 これらの商品は、
 実際にCM でやっているような有名な商品ばかりで、
 いずれも
 人体に有害な物質が含まれているもの、
 あるいは、実際は全く効果がないかもしれないもので
 本来ならば、
 こういった内容に最も興味を持っているのは
 母親や、主婦です。
 それならばといって、
 ワイドーショーで取り上げられるはずです。
 ところが、
 残念なことに
 ここに多く出てくるメーカーはそれらの番組のスポンサーです。
 絶対に番組では報道されません。

 わたしは、
 もっと早く知るべきだったと後悔しています…
 有害物質を体内に入れた恐ろしさに
 後悔しきりです…

 歯磨きした後のすっきり感を得たいというためだけに、
 または口臭が気になるからといって
 安易にマウスウォッシュを使ってしまった後悔を…

 皆さんには後悔して欲しくありません…
 このことを知ってください…
 歯磨きだけではだめなのでしょうか…
 口臭は、
 胃の具合が良くないと匂ってきたりします。
 まずは胃腸の調子を整えてください。
 口の中の菌の繁殖が気になるなら、
 歯磨き時のすすぎと
 糸ようじをしっかりすれば
 かなり抑えられると思いますよ。

 わたしは、今後も、
 商品の宣伝効果に惑わされず、、
 もっと商品の成分表示に
 関心をもっていきたいと思います。

 ちなみに
 下記の太陽油脂の製品である歯磨き粉は、
 自然派愛好家のチョイスとして有名です!

 




















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こどもの紫外線対策を… [日記]

 夏場に、とある市立幼稚園では、
 上半身裸で遊ばせていました…

 エッ~と思いました…

 確かに、一昔前は、
 夏になるとこどもたちが小麦色に焼けているのが、
 健康的と言われていましたが、
 それは紫外線の怖さを、知らなかったゆえです。

 近年は、
 WHO(世界保健機構)が紫外線対策の取り組みを行っています。

 日本では、
 1997年までは母子手帳で「日光浴のすすめ」という、
 太陽に当たりましょうと推奨していましたが、
 紫外線対策のため、1998年以降削除されています。

 ですが、
 大人は各自、紫外線対策をしていますが、
 ~藤原紀香のプライベートでの紫外線対策を見たときは
 そこまでするっといった位していましたよ…~
 こどもへの対策はまだまだ浸透されていませんね…

 紫外線対策の先進国であるオーストラリアやアメリカなどでは、
 こどもの頃からの紫外線対策が徹底しています。

 こどものお肌はプルプルしていますが、
 皮膚は薄く傷つきやすく、
 紫外線対策をせずに、お肌に大量の紫外線を直に浴びると、
 体内に吸収されてしまいます。

 こどものうちは屋外で遊ぶ機会が多く、
 18歳までに生涯浴びる紫外線の大半を浴びます。

 そして、
 こどもの頃に浴びた紫外線の影響は、
 大きくなってから表れてきます。

 小さい時から紫外線を大量に浴びると
 早くも18歳で皮膚癌になるおそれもあるそうです。

 そういったことを踏まえても、
 まだまだ間違った教育を行っているところも存在します。

 こどもたちの未来を考え、
 教育機関への対策の徹底を
 もっともっとお願いしたく思いますね!







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お子ちゃまの自転車デビュー! [日記]






 小さい時、
 補助輪を外してはじめて自転車に乗るときに、
 広い公園の片隅で、
 自転車の荷台をお父さんやお母さんに持ってもらって、
 練習しなかったですか?

 子供にとって、補助輪付き自転車からコマを外して
 はじめて一人前ですものね。

 「パパ~後ろで持っててよ、離さないでね?」
 「持ってるから…持ってる。」
 「ほんとに持ってる?離してな~い?」
 「できた~!ひとりで乗ってるよ~!」
 「あっ!ほんとだ~!?やったね!!」
 「あ~~~っ!」
 ガチャン!

 そうそう 
 毎日毎日、何度も何度もコケて、擦り傷作ってやっと乗れた記憶が
 ありませんか?

 いまの子供たちは、
 ランニングバイクや変身バイクで
 30分くらいすると一人前だそうです。

 そのカラクリは、
 自転車に付いている両方の補助輪とペダルを外して、
 しばらくは、両足で走るようにバイクを走らせて遊ばせます。
 そうこしているうちに、自然に平衡感覚が養えてきます。
 そこで、
 今度は、普通の自転車に乗りたくなってきます。
 この時に
 元のように、
 コマなし自転車にペダルを取り付ければ
 すでに平衡感覚が養えられているので
 即座に乗れるといった流れです。

 つまりは、
 ペダルを外して練習をすれば、
 わたしたちも短時間で、
 しかも、
 怪我などなく上達できたのですね。

 技術もそうですが、
 こんなところにも知恵働かせれば、
 まだまだ
 簡単に改善できるものがたくさんあるのですね!






















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

元気~元気~絶好調! [日記]





 52歳で初めての結婚をしたある俳人は、
 なんと毎日のようにxxxx日記をつけていたそうです。
 その回数は1日3回、5回に及ぶこともあり、
 絶倫ぶりを後世に残しています。

 さて、問題です!
 この俳人はだれでしょう?

 1、松尾芭蕉

 2、小林一茶

 3、正岡子規




 答えは2の小林一茶。

 ちなみに1人目の奥さんは37歳で亡くなり、
 その後、2人の奥さんを迎えましたが、2人目は半年で破局、
 3人目も46歳という短命でした。これって一体……。

 雀の子そこのけそこのけお馬が通る


 松尾芭蕉は、
 若いときに同棲していた女性「寿貞」の存在が明らかになっており、
 その子次郎兵衛は芭蕉の子といわれていて
 彼は、芭蕉の晩年まで身の回りの世話をしたようです。

 芭蕉はけっこう女好きな男で、
 若い頃は遊女や女中と遊んでいたようです。

 その中のひとりである「おとせ」との関係は、
 歌にも詠まれているくらいで熱烈だったようです。

 その後、
 同棲していた「寿貞」は、情熱的な女だったようで
 年齢的に淡白となった芭蕉に飽き足らず、
 門弟と駆け落ちしたといわれています。

 こんなこともあり、
 女性には懐疑的人生観を持つにいたり
 生涯結婚はしなかったようです。

 五月雨をあつめて早し最上川


 正岡子規は、
 肺結核を患っていて、生涯独身でした。

 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激動の時代! [日記]

 
 祖母は、

 昭和の時代に亡くなって、
 早いもので、35年近くになります。

 祖母が生まれた時代って、
 どんな頃か調べてみました…

 明治後期の生まれで、

 この年には、
 ソニーの創業者井深大、
 オーストリアの指揮者ヘルベルト=フォン=カラヤンが、
 生まれていました。

 逆に
 岩崎弥之助や作家の国木田独歩、
 西太后が亡くなっています。

 時代背景ですが、
 その前後も含めて、
 比較的、大きな動きもなく、
 歴史的には、
 伊藤博文がハルビン駅頭で暗殺された事くらいです。

 これだけを見ると、
 比較的穏やかな幸せな時代だったのかなと
 思いますね…

 一方の亡くなった年には、

 山口百恵の結婚や
 ジョン・レノン射殺などの他、
 ルービック・キューブや
 チョロQ、ソーラー電卓、
 ウォッシュレットなどが
 商品化されています。

 大平首相急死、
 モスクワオリンピック、
 イラン・イラク戦争が起こったのも
 この年です。

 激動の明治大正昭和を生きてきた祖母に
 合掌!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インドの大気汚染現状! [日記]

 ここ数年、中国と並んで大気汚染が重篤な国インドでも
 さらに深刻度が増しています。

 インドの首都ニューデリーで呼吸器疾患の症状を訴え、
 病院に駆け込む患者が急増しているそうです。
 中国よりも大気汚染が深刻で、
 首都デリーでは年間2万人近くが早死しています。
 今年も気温の低下とともに、
 PM2.5や聞きなれないPM10など
 人体に有害な微小粒子状物質が地表近くの大気に滞留しています。

 増加している自動車の排気ガスが大きな問題であり、
 悪質なクルマには罰金を課しましたが、焼け石に水状態です。
 毎年この季節、コメの収穫後に農民が
 稲わらを燃やしてしまう問題もあるようです。

 いずれも抜本的な対策には至っていません。

 外務省によると
 2014年にWHOが世界91か国の約1,600都市における
 PM2.5の年平均値を公表したところ、
 デリーのPM2.5年平均値は153μg/m3と最も高く、
 WHOの基準(10μg/m3以下)
 およびインド政府の基準(40μg/m3以下)を大きく超えていたとのことです。

 最近も大気汚染に関する注意喚起が発令されており、
 安全および衛生上に問題が多いので、
 我が社では、出張を控えるようにのレベルにランクされています。















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の義経伝説! [日記]



 

 モンゴル族といえば、
 元横綱朝青龍、現横綱白鵬が有名ですが、
 元をたどれば、チンギス=ハーンですよね!

 13世紀の始め、
 当時争っていたモンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
 最強と恐れられた騎馬軍団を率いた人物です。

 中国北部から中央アジア・イスラム社会、更に東ヨーロッパなどを次々に征服して、
 人類史上最強と恐れられる『モンゴル帝国』を築き上げました。

 1227年にチンギス=ハーンは戦の途中で病でなくなり、
 現在のアルタイ山の南に密かに埋葬されたということです。
 そのため、現在でも、埋葬場所は謎となっています。

 そんな秘密のベールに包まれた人物は、
 日本でも、源義経の生れかわりとしての伝説があります。

 ”源義経の命を先祖代々受け継いたモンゴル族力士が、
 凋落した日本の大相撲人気を呼び戻した…” 
 
 って、夢のようなわたしの勝手な伝説がふと頭をよぎりました…www

 イチローや菊池桃子やエド・はるみのように高い向上心があって、
 五郎丸歩のように人気があって
 田中角栄のような強烈なリーダーシップのある
 そんな日本人を求む…www















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワシントンって… [日記]



 

 Bさん:アメリカの首都はどこだっけ?

 Aさん:ワシントンDC…
     詳しくは、
     ワシントン・コロンビア特別行政地区
     (Washington, District of Columbia)

 Bさん:ワシントン州の州都?

 Aさん:違う違うって…
     ワシントン州の州都は、オリンピアっていう町!

 Bさん:ワシントンのような大きなところにオリンピアって町なんか
     聞いたこともないわ…

 つまり、Bさんは、ワシントンDCのような大都会を擁する州なのに
 オリンピアって聞いたことがないと言っているのです…

 Aさん:ワシントン州は、西海岸にある42番目の州なんだよ…

 Bさん:ワシントン州?ワシントンDC?西海岸?…

 Aさん:イチローがいたシアトルって聞いたことない?

 Bさん:それは知ってる…

 Aさん:そこが、ワシントン州だよ…www

 Bさん:ヘーッ!じゃ、州都は、シアトル…
    (完全にパニクっていますwww)

 このように、ワシントン州の位置とワシントンDCがごちゃまぜになって
 東海岸にイメージしている人が多いようです…
 また、シアトルもカリフォルニア州をイメージして…

 解説

 アメリカの首都ワシントンD.C.は、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンと、
 アメリカ大陸発見者クリストファー・コロンブスにちなんで、
 "Washington, District of Columbia"(ワシントン、コロンビア特別行政地区)
 と名づけられていて、どこの州にも属していません。

 一方の西海岸のワシントン州(州都オリンピア)も、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで、名づけられていて、
 マイクロソフト社とボーイング社の本社があります。

 ワシントン州とワシントンD.C.の関連性はないものの、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで
 名づけられている点では共通していますよね…

 やっとBさんは、曲がりなりにも理解してくれましたwww








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

渋滞緩和のカープール専用ライン! [日記]





 何年か前に、
 友人が国際免許を取得して、
 ロサンジェルスで
 アメリカ人を助手席に乗せて
 ドライブしている際、
 ”カープール専用レーン”を
 何も知らずに走っていたそうです…

 ある標識を見て、
 これなんだ?と聞いたら
 渋滞緩和促進のための
 カープール専用レーンというもので、
 このレーンを単独で運転すると
 罰金を科せられるんだ…と教えてもらったため、
 翌日の単独運転でのショッピングの際に
 役立ったと感謝していました。

 この規則は、
 運転手以外に同乗者がいる場合には
 ”カープール専用レーン”を
 走行することが許可されます…

 ロサンジェルス、オレンジカウンティー周辺では、
 ほとんどの場合で二人以上がその条件です…

 しかし、
 ダウンタウンから東へのびるフリーウェイ10は、
 3人以上という規定もあるので、
 フリーウェイ上の標識は要注意です!

 このように、
 日本と違って同じアメリカ国内であっても
 各州ごとに交通ルールは違います!

 特に、
 アメリカは空からでも違反者を摘発するような国です。

 アメリカのみならず、
 観光での海外旅行先では
 極力公共機関を使うのが賢明ですね!





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日はいずこか~頑張れ自分! [日記]

 何年か前まで、
 仕事の関係で
 遠い北の大地で毎日を
 過ごしていました。

 秋から冬のこの季節は、
 仕事が終われば、
 みんな暖かい家族のもとに帰り、
 寄るところもないわたしは、
 ひとり寂しく夜道を
 とぼとぼと雪道の中、
 帰ったものでした。

 そんな時、
 家の灯りに幸せを感じ、
 涙こらえて、
 ひたすら春を待ち続けていました。

 その時の世界が
 五木ひろしの”千曲川”の2番にありました。

 ~明日はいずこか 浮雲に
 煙たなびく 浅間山
 呼べどはるかに 都は遠く
 秋の風立つ すすきの路よ~

 自分の人生に不安を感じ、
 遠くふるさとを思い、
 自信をなくしていた頃…

 毎日、
 壮大な鳥海山の雪景色に救われていたことを思い出します!

 普段何げに聞いていた歌ですが、
 ふと振り返れば
 それが心に残る歌に変わるのですね…

 そんな意味で、
 最近の歌もいいですが、
 今は、
 知らない古きよき昭和時代の演歌の虜です。







nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -