So-net無料ブログ作成
- | 2015年09月 |2015年10月 ブログトップ
前の10件 | -

国慶節… [日記]

 中国では、
 秋に、中国の建国記念日「国慶節」と
 伝統的行事「中秋節」を含める大型連休があります。

 今年は、中華人民共和国が建国した10月1日の国慶節から、
 1週間の大型連休になっています。

 中秋節が9月27日(日)で、特に振替休日などもないのですが、
 28日(月)~30日(水)に休みを取って、12連休にするとか、
 10月8日(木)、9日(金)、10日(土)に休みを取って11連休にするとか
 (10日は振替出勤日のため)、超長期連休を検討している人も多いようです。

 特に、最近は、
 中国国民の世界各国での爆買の影響で、
 世界が中国国民の行き先を注目していますね…

 この期間の気になる海外旅行の行き先ランキング(国・地域)では、
 やはり、日本が1位でした。

 団体旅行の部では、
 アメリカ、イタリア、トルコ、フランスといった遠距離国も
 上位にランキングされています。

 そもそも中国人が自由に、
 あるいは比較的容易にビザを取れる国が多くない、という事情もありますが、
 日本政府が進めるビザ基準緩和などの効果が顕著に出ている感じですね…

 この期間に日本国内でホテルを予約するのは要注意です。
 旧正月の時期には、外国人観光客の増加で、
 都内の大学を受験する地方の受験生の宿泊するホテルの価格が高騰し、
 アパホテル一泊40000円といった報道もありましたよね…
 この期間に日本国内でホテルを予約する方は要注意です!

 また、この期間の観光地への旅行も、
 通常の混雑以上の混雑が予想されるので
 避けたほうが良さそうですね。

 わたしは、運動会など近場の行事が目白押しで
 影響はなさそうですが…


お月見 [日記]

 9月といえば、お月見…

 今日は、中秋の名月(十五夜・旧暦8月15日)です。

 子供の頃に、
 家族で白玉だんごをつくって、
 ススキを縁側にお供えし、
 家の明かりを消して、お月様を見た思い出が…

 この時期は、一年で最も月が美しい時期とされ、
 お月見は、平安時代の昔から伝わる秋の行事です。

 ちなみに、旧暦とは、月の動きを基にした太陰暦という暦で、
 現在の暦は、太陽の動きを基にした太陽暦になっています。

 そのお月見の夜は、
 丸いお団子とススキをお供えする習わしがあります。

 お団子は、12個、閏年には、13個お供えします。

 また、
 ススキには、魔除けの意味があります。

 いずれも秋に出るきれいな満月は、豊穣のシンボルとされて、
 それらをお月さまにお供えするようになったのです。

 きょうは、家のテレビも消して、電気も消して、
 ゆっくりと静かにお月さまを眺めました。

 この天気なら、明日のスーパームーンも眺められそうです。

 なぜか、すごく贅沢な時間を過ごしているようで、
 幸せを感じでいます…

だんじり その3 [日記]

 知人宅で美味しいお餅やおでん、赤飯などを頂き、
 今度は、午後7時からの灯入れ曳行です。

 一台一億円とも言われているだんじりには、
 芸術的な見事な装飾が施されているので、
 たくさんの提灯が点灯されると、
 昼間とは違った幻想的な雰囲気が漂ってきました。
 この装飾だけでも一見の価値はありますね。

 午後曳行の時の
 2本の綱を持って、勇ましく街を疾走するのではなく、
 今度は、子供たちがこの綱を持ってゆっくりと曳行します。

 ちなみに、
 だんじりの素材となる欅(けやき)には女神が宿ると言われ、
 女性がだんじりに乗ることはできず、
 女性の曳き手は18歳までが一般的で、
 あとは男性をサポートする人が多いようです。
 そのため、お母さん方は、このタイミングで
 子供さんに付き添ってきているようです。

 小さな子供さんが法被を着て、鉢巻を巻いた姿は、
 笑顔が自然とでてきて、このまま大きく育ってねと
 思わずにいられませんでした

 昨日は、
 こんなに荒々しいだんじりでありながら、
 優しいだんじりの一面も垣間見ることができて
 だんじりの素晴らしい伝統に感激しました。
 
 こんな素晴らしい祭りだから、
 赤井英和・清原和博など地元のスターをはじめ、
 いろいろなマスコミ、新聞などに注目され、
 全国的にも支持されるのでしょうね…

 わたしは、
 すっかり、だんじりのファンになりました。

 

だんじり その2 [日記]

 よ~しと気合を入れて、法被を着て、レッツゴー!

 ふと、
 わたしは、だんじりも法被を着るのも初めてなので、
 こどものように嬉しがっている自分に気づきましたwww

 中には、OO町と伝統ある町名入りの法被です。
 カッコいいな~!

 午後曳行のだんじりの輪の中に入ると、
 こちらに向いたスマホからのシャッター音が
 あちこちから聞こえてきます。

 そんな中、
 後方付近で、待機していると、
 急に、「チキチン!チキチン!」と鐘の音が聞こえ、
 続けて、 気合の入った声 「そーりゃ!そーりゃ!」が、前から聞こえてきました。
 直後、だんじりが動き出し、みんなが一斉に疾走し出しました。

 最初は、ただ走るだけかと思いながら余裕で走っていたのですが、
 観客の中を走るので、不謹慎ですが、
 手を抜くわけにはいきませんよねwww

 何回か疾走しては休んで、疾走しては休んでを 繰り返しながら、
 メインストリートのひとつの商店街を通り抜け、
 今度は、駅前で見た”やりまわし”のエリアにきました。

 内から見ても、すごい人盛りです。

 そんな中、だんじりの見せ場である
 だんじりを方向転換させる”やりまわし”が行われました。

 後方から見ても、すごく迫力がありましたが、
 気づいたことは、ここでの疾走もものすご~く早いことです。

 ついて行くだけでアップアップするくらいなのですから、
 やりまわしする人のエネルギーを想像すれば、
 かなりのものです。

 重さ4トンもあるだんじりをすごい速度で引っ張り、
 人が走るような速度のまま方向転換させるのだから、
 ド迫力ですね。

 また、
 街がよくわからない人間にとって、
 休憩と思ったら、急にトップギアの走りって
 時間とともに、身体にきます。

 何度かだんじりと一緒に疾走を繰り返しながら、
 終了地点まであとどのくらいかな?と、
 自分の体力と相談している最中に
 OO地区の休憩場所での一服休憩になりました。

 予想だにしていなかった休憩にホッとするとともに、
 こんな片隅に一服休憩所があるんや~とびっくりしました。

 一服休憩所では、
 清涼飲料水やコーヒーやビールを、振舞っていました。
 清々しい天気とはいえ、
 この疾走で、汗がすっかりにじんきていたので、
 一気に飲んだ清涼飲料水が身体にしみわたって…
 生き返りましたwww

 その時、
 西洋系の外人さんが
 停まっていただんじりを興味深くのぞきながら、
 カメラを取り出して、わたしとだんじりを撮し始めました。
 違う違うと思いながら、ホーズをとっていた自分に苦笑いでした。

 休憩後、
 今度は、さらに早い長い距離の疾走が続き、
 徐々に最後部が、定位置になってきて、
 幟のようなものを持っている人から、
 ここより遅れないようにときつく言われました。

 楽しく走っていたわたしにとっては、
 カチーンときた言い方をされましたが、
 祭りの趣旨を考えると、当然ですよね。
 自分の街のためにみんな真剣なんだと感じました。

 その後、
 他の町内のだんじりを案内してもらいながら、
 いったん、知人宅に戻りました。

だんじり その1 [日記]

 昨日、だんじりに行ってきました。

 電車で行ったのですが、駅前はすご~い人盛りで、
 移動するのも一苦労でした。

 この日は、宵宮なので、少しは少ないようでしたが、
 それでも人の波~波~でした。

 ちょうど、だんじりのやりまわしの曳行中だったこともあり、
 人混みに流されているうちに
 なんと…ベストの位置にもぐり込めて、やりまわしを
 正面から見ることができ、ラッキーでした。
 宵宮や本宮に関係なくだんじりが勢いよく交差点や角を曲がる
 お祭りの迫力ある見所を最初に見てしまい、気持ちはすでに
 最高潮に達してしまいました。

 まずは、迫力あるだんじりを横目に、
 人ごみを避けてお誘いいただいた知人宅へ急ぎました。

 知人宅はメインストリートにある昔からの由緒あるお宅です。
 それだけに、知人宅の前は、
 人盛りで、門はしっかり締めないと大変なことになります。

 ご挨拶もそこそこに、世話人を務めている話し好きの知人から
 行く前にひとことということで
 解説とこれだけには気をつけくれって…

 ここのだんじり祭りは江戸時代からの由緒あるお祭りで~
 (いつものこととは言え、お酒が入っていて、
           長くなりそうな予感www)

 わたしの街の子供たちは、だんじりのことを
 ”団子じりじりだんご虫”と言って笑っていますが…

 そもそも、だんじりとは神社の曳き物の一つで、
 祭礼で奉納される山車のことをいっているんや…、
 ここでは、
 「地車」と書いてだんじりと言ってる…

 そんでもって、
 この祭りは、
 米、麦、豆、あわ、ひえの
 5つの穀物がたくさん取れるよう、
 五穀豊穣を祈願することから始まって
 今は、わしら地元のもんの情熱もあり、
 地域の活性化につながってきてるんや…

 ここのだんじり祭りに参加するもんの熱意はすさまじ~で…
 祭りに出るために仕事を休むことが当たり前?で、
 会社もそれを暗黙の了解としとる…

 この熱意をもって、
 4トンものあるだんじりを
 わしら500から1000人もの人たちで動かすんや…

 すごいやろ~

 フン!フン!

 その情熱は、半端もんやないから、
 だんじりの曳行中、勢い余って、
 曲がり角を曲がり切れず、
 建物を擦ったり、壊しながらいくことも珍しくあれへんな~…

 昔はだんじりが転倒し、、
 それによってお陀仏さんになった人もいっぱいおる…

 今年も、
 報道されなかったけど、試験曳行で事故があったわな~

 わしら、命がけで、
 この祭りにかけてるけど、
 やっぱり、事故はない方がええな…

 やめろ~という人もおるけど、
 ここのお祭りは歴史あるもんやし、
 地域の活性化に貢献もしてるから、
 ま~なくなることはあらへん…

 そんでもって、注意事項じゃ…

 だんじりが角を曲がるときは、
 だんじりに絶対に近づくな!
 特に子供は注意や…!
 事故になるのは曲がり角やから、
 そういった箇所には十分注意し~や!

 わかったら、そろそろ出発やから行こか…!

 や~っと、
 長~い、飲んべえの説教じみたwww解説も終わりましたwww

 ここのだんじり祭りの熱気はすごいものがありますし、
 日本でもかなり有名なお祭りの一つで、
 なにより命がけですから、
 その迫力とともに説教もwww相当なものでしたwww…

だんじりに行くよ~ [日記]

 今年も秋祭りの季節がきました。

 毎年、あちこちの祭りでだんじりを見ますが、
 今年は縁あって友人のお力添えで、
 生まれて初めて曳かせていただけるようになりました。

 でも、だんじりって何って思いません…

 そもそもだんじりとは、
 祭礼に奉納される山車(だし)のことをいうそうですって…。

 わかったような…わからないような…

 無病息災や五穀豊穣を祈願し、
 それを曳き町を練り回したり、
 お囃子を奉納するお祭りがだんじり祭です。

 ふ~ん…

 早い話が、
 神様がいて、
 一年間ありがとうございましたとか、
 今年も私たちはこんなに元気なのですよとか、
 そういった感謝の念を持ってだんじりを曳くところに、
 祭りとしての意義があるのですよということ…。

 なんとなくわかった気がするwww

 発祥の地としては、
 大阪天満宮という「天満説」や、
 堺市という説の他にも、
 大阪府羽曳野市の「誉田八幡宮説」や、
 淡路島の説などもあるらしいです。
 これらをみても
 関西が発祥なのだろうなと推測できますね。

 とにかくここのだんじりは、
 迫力のあるお祭りで、
 だんじりを 引く人たちの熱意はすさまじく、
 このお祭りにかける意気込みには、
 毎年、驚かされています。

 な~んとなくわかれば、
 早くだんじりを曳きたいな~っと
 今から、
 北島三郎の”まつり”のイメージで
 ワクワクドキドキしています。

手話入門編 最後の日 [日記]

 手話をはじめてから
    18回目の講座…

 昨日が、
 入門編の最後の日でした。

 といっても、
 この日は、勉強はさておいて、
 手話で、今までの感想などを発表する講座の日です。

 最初に、
 各自、発表内容を配られた紙に書き込みます。
 そして、それを手話にしていきます。

 書き込む内容は、そう難しいことではないのですが、
 いざ、手話に変えるとなるとまだまだわれわれには、
 大変な作業です。

 しかし、
 入門編とはいえレベルの高い人は、
 自分の考えを手話で伝える域まで達しています。

 わたしのレベルは、かなり低いので
 それを見込んで、
 よく知っている手話の単語を繰り返し前面に出すような
 文章構成の内容にまとめました。

 内容は、

 わたしの今年のテーマは、社会貢献・地域と共生です。
 そのテーマの中の一つが、手話です。
 しかし、
 この手話が一番進捗が遅れています。
 なぜなら、
 手話は、手話・表情・発声を一度に使うからです。
 今は、
 手話の単語を覚えるので精一杯です。
 講義に使われるテレビ手話は、早くてついていけません。
 ~ ~ 
 これからもわたしの頑張りに応援をお願いします。

 てな感じで、
 文章構成も小学生並みで、
 手話の方は、
 さらに簡単な単語並べで発表しました。

 真面目に聞かれると、間違いをかなり指摘されそうなので、
 途中で、自己紹介も取り入れて
 趣味は女性です~とか
 生まれはあっちです~とか
 適当には笑いなどで
 はぐらかしながらの発表でした。

 冷や汗たらりの発表でしたが、
 そのあたりをふまえても、
 手話が柔らかくうまく伝わっていて
 わかりやすいとベストの評価をいただきましたwww

 来月からは、
 入門編になります。

 楽しみながら受講できる手話ですが、
 それに甘えずにレベルアップできるように
 これからもじゃなくて、
 これから
 日々頑張っていきたいと思いますwww





5年目の誕生日 [日記]

 RHちゃん、お誕生日おめでとう。

 月日は早いもので、
 あれから五年の月日が経ちましたね。

 何も知らない純真無垢なあなたが、
 わたしたちと一緒になって
 我が家は、さらにさらに明るくなりました。

 毎日、
 素敵な笑顔で、
 明るく楽しく過ごしている姿は、
 天使そのものです。

 これからも
 たくさんのことを
 いっぱいいっぱい吸収し、
 大きく大きく羽ばたいていくことを
 期待しています。

 I HOPE YOUR DAY IS SPECIAL.





全国労働衛生週間 [日記]

 10月になれば、今年も
 中央労働災害防止協会主催の
 全国労働衛生週間が行われます。
 (昭和25年に第1回が実施されて以来、
 今年で66回を迎えます。)

 簡単にいえば、
 働く人の健康の見つめ直し、、
 快適に働くことができる環境をつくりましょうということかな。

 今年のスローガンは、
 職場発!心と体の健康チェック はじまる 広がる 健康職場、

 わたしの職場は、
 毎年、
 初日の全員参加の朝礼時に
 安全衛生委員からの長~い長~い講話があり、
 次いで、
 指差呼称(人差し指をスローガンに向けて)して、
 大声でスローガン唱和を行います。

 週間メニューとしては、
 出社時の挨拶運動や
 所属長による職場内の衛生問題や他不安全行為がないかのパトロール
 社内、及び周辺の清掃
 各持ち場の5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の徹底
 などを各部署別に区分けして
 各項目を
 各曜日毎、詳細にチェックしていきます。
 ちなみに、
 9月の準備月間中は、
 個人の下駄箱やロッカーなどの清掃や
 汚れたり破れた作業服や作業靴の交換の有無などを
 チェックします。

 全員行事としては、
 健康指導員をお招きして、
 健康に関する知識を深めるための眠~い学習会を
 行なっています。

 昨年度は、
 メンタル指導員をお迎えした健康講演会があり、
 内容は、「うつ病」の話しが中心でした。
 チェックリストを用いての疲労蓄積度自己診断や
 ストレスへの気づき・対処方法、
 「うつ」の症状や発症要因などを
 ビデオを見ながら解説していただきました。
 結論として、
 「うつ病」は、
 脳の働きに何らかの問題が起きた状態で、
 気持ちの問題でなく治療が必要である
 と締めくくられました。

 そういえば、
 亡くなった萩原流行さんや
 俳優の高島政宏・政伸兄弟の父忠夫さん、
 巨人軍の終身名誉監督の長嶋茂雄さんの長男長嶋一茂さんなど
 うつ病を公表している人って
 最近、多くなってきていますね。
 これら身近になりつつある事象を
 常に意識したサポート体制は、
 社内の大きなポイントになっています。

 これらを踏まえて、
 今年も、
 労働におけるより良い快適な仕事場を目指して
 メンタルヘルスを中心に
 積極的な取組みをしていきたいと思います。





秋の交通安全運動 [日記]

 今年も
 秋の交通安全運動が
 21~30日にかけて
 全国的に行われます。

 優良運転者である筆者には、
 交通法規を再度認識するいい機会ですwww

 そして、
 覆面パトカーや白バイどころか交差点付近の警察官に
 挙動不審者になるのもこの時期ですwww

 悪いことをして?いなくても…ドキドキ…

 思い出すといろいろ出てきますねwww

 後ろの白バイやパトカーが気になって、
 曲がりたくないのに曲がったり、
 わざと減速して、追い越させたあとに追走したりと…

 本来、この期間は全国的に行っていますが、
 実際には、この種の交通安全実施は各地で頻繁に行っているのですよ。

 例えば、
 山形県などは、
 交通安全県民運動として、
 春(5/11~20)、
 夏(7/21~8/20)、
 秋(9/21~30)、
 冬(12/1~10)と
 年4回県民あげて、交通安全運動を行っています。

 早い話しが、常に安全運転を心がけましょうということですね。

 わたしは、
 再度のゴールド目指して、あと僅か…。
 どうか
 それまでは、おまわりさん
 絶妙!柳沢慎吾さんの爆笑パトカーでも見て、
 目をつぶっていてくださいねwww





前の10件 | -
- |2015年09月 |2015年10月 ブログトップ