So-net無料ブログ作成
検索選択

練習の打ち上げ! [日記]

 きょうは、
 朝からソフトボールの練習でした!

 昨日深夜の雨のために、
 グランドコンディションが気がかりでしたが、
 水はけが良いグランドなので、
 心配は杞憂に終わりました…

 そもそもこのソフトボールの練習は、
 毎年、10月に行われる
 市小学校PTAトーナメント大会に向けての練習で、
 今日が、
 最後の打ち上げ練習日でした…

 春先の最初の頃は、
 緩~い素直なボールばかりだったので、
 元ヤンキースの松井秀喜・元タイガースの金本知憲並みの
 比較的大きな当たり連発だったのが、
 日毎、癖のあるボールとの対戦が多くなり、
 さっぱり当たりが止まってきていました…

 しかし、
 今日は、大きな当たりもありの内容の濃いバッティングだったので、
 練習の成果として、走攻守とも仕上がってきたので、
 このまま、来週の大会に向けての弾みとなればと思います…

 個人的には、
 守備はマーリンズのイチロー選手並みなのでwww…OKなのですが、
 本番では、もう少しだけバッティングのコツが
 維持できているかがポイントです。

 今年は、
 悲願の優勝に向けて
 ポイントゲッターとして、
 真紅の優勝旗を本気狙いにいきます!

 さて、来週はどうなることやら…




秋の運動会 2 [日記]

 いよいよ競技の開始です~

 小さい1,2年生の”かけっこ”は、
 若いお父さんお母さんの方が、お子さんを追いかけて…

 運動場の中では、子どもさん
 運動場の周りでは、親御さんの”かけっこ”と歓声で賑やかに
 幕が切って落とされましたwww

 ジャニーズ系が走ったと思ったら、
 今度は、まん丸お相撲が…www

 各学年のダンスなども
 気合の入ったソーラン節などなどが披露されました…

 演技が終了したあとのこどもたちの達成感、すがすがしさを
 見ていて、思わず拍手を送りました。
 この気持ちを忘れずに
 もっともっと頑張ってもっともっと成長してくれることを
 願わずにいられませんでした…

 中盤には、白組が優勢になってきていたので、
 紅組が負けじと応援団長をはじめ、団員が大声を上げて、
 各学年の士気を盛り上げていました…
 これを見た白組もさらにさらに…

 太鼓なども使って、
 運動会は、まるで甲子園球場化していましたwww

 高学年のリレーの時は、まだしも、
 各学年選抜リレーでは、もうそれはそれは…

 元気なこどももそうでないこどもも一斉に立ち上がって、
 盛り上がり必至の応援でした…

 大盛り上がり中に、
 いつの間にか得点掲示板の得点が消えましたが、
 その盛り上がりそのままに行われた騎馬戦は、
 さらにさらにヒートアップしていきましたwww

 紅組の全員対白組のお山の大将の構図ではじまり、
 結果的には、
 作戦通りお山の大将のものすごい活躍もあと一歩叶わず、
 白組の帽子がたくさん残っていた運動場には、
 戦いの余韻が残っていました…

 最終章に入って、6年生の卒業思い出と銘打って
 組み立て体操が行われました。

 隣町の中学校のピラミッドは、大きな事故につながっています…

 難易度の高い体操ではなく、比較的難易度の低い体操が主でしたが、
 やっぱりピラミッドは、ありましたね…

 しかし、見せる以上に
 周りを支えていた全ての先生方がひとつひとつ確実に組み立ていかせて
 安全に配慮した真剣な動きには、先生としての真摯な態度が見えました。

 紅組が一気に5段ピラミッドを完成させましたが、白組は何度か潰れました。
 その際にとっていた先生方の行動は、グラグラしていても完成したかも
 しれないにも関わらず、再度取り壊して最初から組み立てさせました。
 周りからの祈りのようなガンバレ!の声援などを受けながら、
 紅組についていた先生方も各所各所を支えつつ、
 ゆっくりゆっくりと組み立てていきました。
 3回目には、少しぐらついたものの素晴らしい形になりました…

 こどもたちが完全に降りきる最後まで先生方が、
 随所で支えていたこともふまえて、
 子供たちにとって卒業思い出と銘打った素晴らしい思い出
 感動を呼んだピラミッドに大きな涙と拍手がおこりましたwww

 最初は、組み立て体操にやや否定的でしたが、
 賛否両論の中、無理のない確実な組み立て体操は、
 達成感を感じる上には、有意なプログラムと思いました…

 こうやって、
 秋晴れの元、
 夢と感動を与えてくれた運動会は、
 今年も白組の優勝になりましたが、
 みんなで力を合わせて頑張った全員参加の
 素晴らしい運動会でしたwww




秋の運動会 1 [日記]

 先週、小学校の運動会がありました…

 わたしの知っている運動会といえば、
 アメリカ合衆国やトルコ共和国など世界の国旗が掲げている運動会ですが
 今の時勢、日本の国旗すらありませんでした…

 変わっていなかったのは、
 4時くらいから校門で並び始めた猛者連中…

 こどものためにそこまでするなら、
 親にとって永遠の悩みでもある
 教育の方に向けて~な…と
 言いたくなりそうでしたがwww

 なんだかんだで、開門時間の7時30分がきました~

 並んでいるのは50人くらいでしょうか…

 まず、6人校内に入って、
 席とりが終われば、校外へ出ていただき、
 次の6人と交互入れ替わり方法で、
 約30分くらいでスムーズに席とりが終了しました…

 その後も、ぞろぞろと人が増えはじめてきましたが、
 大きな混乱もなく、
 8時過ぎれば、今度は、
 こどもたちが、教室から椅子を持って集まりはじめました。

 来賓の方も来られ、いよいよ開会式です~

 入場門から
 初々しい1年生から入場です…
 最後の6年生ともなるとおっきい…おっきい…
 この期間の身体の成長は、目を見張るばかりです。

 校長先生の長~い開会式の挨拶に続いて、
 ラジオ体操第一です…

 1年生のラジオ体操は、
 ちっさな身体をくねくねしながら
 初々しくて可愛らしかったですよ…

 そういえば、
 開会式に風船なんかも飛ばした記憶も…
 近くのスーパーでは、アドバルーンなんかも飛んでいましたね…

 入場行進の際にくぐり抜ける入場門の左右の支柱も
 わたしの時は、でんと置かれてありましたが、
 この小学校では、転倒の危険を考えて、
 防止策として、
 基礎部分が四角いコンクリート穴の中で固定していました…

 安全性も配慮されていいますね…

 去年の優勝”紅”チームから優勝旗の返還、
 同じく準優勝”白”チームから準優勝旗も返還され…




悲願の優勝へ… [日記]

 わたしの住んでいる街では、
 小学校PTAの14校と中学校選抜PTA2チームによる
 ソフトボールトーナメント大会が
 毎年10月に行われます。

 わがチームは、
 歴史的にも伝統ある小学校ですが、
 ことPTAソフトボール大会においては、
 優勝が一度もない弱小チームです。

 わたしは、
 今年からの参加ですが、
 父兄の中で、
 参加しようと協力していただける人が、
 少ないようです。
 このことは、
 子供の教育にも
 影を落としているような気もします。

 そのことはさておいて、
 今年の新参者は、
 わたしひとりだけという
 さみしい限りですが、
 それなりの粒ぞろいなので、
 試合自体は、
 それなりに
 まとまるチームのようです。

 何回かの合同練習では、
 一発狙いのブンブン丸で、
 一生懸命が
 一笑懸命の野球になっていますwww
 どうも
 僅少差で
 打ち負けるケースが際立っています。

 しかし、
 優勝したいという気持ちや
 小学校におけるオヤジのメンツも
 あるメンバーなので
 球児だったわたしのアドバイスとして
 相手の打撃を封じ込める奇策として、
 ピッチャーに
 山なりに投げるえるようにとお願いしました。

 どのチームも一発狙いの様相なので、
 力ませて、
 最悪、単打どまりに仕留める理論です。

 味方の打撃陣は、
 点はそれなりに奪えるチームなので
 一笑懸命でやっていれば
 優位に立つことができるはずです。

 そんなこんなで、
 その後の合同練習では、
 この作戦で、
 昨年度の優勝チームにも
 1勝1敗の互角でした。

 そして、
 大会まで、
 あと2回の合同練習があります。

 そして、
 この作戦が、
 実を結ぶのは、
 10月18日の日曜日です。

 悲願の優勝を目指して、
 あとわずか…www

秋・運動会のシーズン [日記]

 秋といえば…

 食欲の秋…
 読書の秋…
 芸術の秋…
 紅葉の秋…  ですね~。

 でも、
 体育の日があるから、
 やっぱり、
 スポーツの秋でしょう…

 残暑が過ぎ、
 今年も運動会のシーズン真っ盛りです~

 先日、地域の小学生の入場行進の練習を、
 眺める機会がありました。
 1年生か2年生だと思うのですが、可愛かったですよ~
 講習会のあとで疲れていたのですが、
 すごく癒されました。

 ふりかえれば
 昭和の時代の10月のとある運動会の当日は、
 親御さんにとっては朝早くから大変だったですよね。
 お母さんは、お弁当つくり
 お父さんは、開門と同時にダッシュしての場所取りが恒例でした。

 でも、
 平成の時代になると
 お母さんのお弁当つくりが、弁当屋さんからの配達に代わり、
 お父さんの場所取りは、各校抽選など思考を凝らした方法に…

 そんでもって
 運動会といえば、
 定番の世界各国の国旗もありましたよね…
 お昼休みに応援席に家族が集まり、
 お母さんのおにぎりを頬張って食べた思い出…
 騎馬戦や組み立て体操もありましたよね…
 などなど

 赤白頑張れっ~と
 エネルギッシュに頑張っていた運動会は、
 どこにいってしまったのでしょうかね…
 急激に変わりつつある世の中の流れに押されて
 過保護的な運動会を残念に思うのは
 わたしだけでしょうか?

 実り多き秋でもあります。

 今年の運動会も、子供たちにとって
 思い出に残る素晴らしい一ページになることを
 片隅から子供たちを応援します。

化学工場 [日記]

 昨日の朝に、
 浙江省紹興市の化学工場爆発事故の報道…

 中国では、8月に天津市の危険物保管倉庫で
 多数の死傷者が出て以降、まったく災害事故が
 減っていないですね…

 確かに、毎年のように
 中国の災害事故は確認されていますが、
 天津の災害事故以降、各国から必要以上に注視されるようになり、
 習近平国家主席共産党政府が本腰をあげるものとみていました…

 が…

 天津災害事故以降、化学工場に絞ってみても
 死傷者が出た災害爆発事故だけでも
 8/22山東省…
 8/31山東省東営市…
 9/10広東省深セン市…と
 ほぼ一週間毎にこうした大きな災害事故がたて続けです…

 これ以外に、
 死傷者発表なしの災害事故も多数発生しており、
 また、これに
 死傷者がいない火災や爆発災害事故を含めると
 かなりの数にのぼります。

 これらの報道された災害事故は、
 戦勝70年記念の9月3日に
 大規模な軍事パレードの前後だったため、
 影響を懸念してか詳細報道制限がかけられていながら、
 これでも
 死傷者数や災害事故件数が、
 かなり少なく見積もっていることは事実…

 日本の化学工場においては、
 昔と違って、現在は、
 いろいろな絡みから、工場からの漏えい等が一回でもあれば
 中小企業レベルでは、ただちに生産ストップがかかり
 たちまち経営破綻に追い込まれるくらい厳しくなっています…

 実際、
 爆発災害事故を起こした姫路の大手企業でさえ、
 地元消防をはじめとした行政からの許可がなかなか下りず
 生産再開に一年近くかかっています。
 その結果、経営が傾いたりした企業も多々出たそうです。

 この一連の中国の災害事故事例を教訓に
 化学工場に従事する現場担当者は、
 常日頃から仕事に対する意識を高め、
 知識の研鑽に取り組んでいただきたいと思います!

衣替え [日記]

 今日から、
 月も…
 ツキも…変わり10月です!

 10月といえば、衣替えですよね…

 何着ていきますか?

 今年の春夏ファッションは、『ガウチョパンツ』が大人気でしたよね。
 これでもかこれでもかとあちこちで見かけましたwww
 ほんと街中がゆるっとかわいいガウチョ女子たちで溢れていました…
 この秋もまだまだブームは続きそうな感じ…

 でもって、おとなりさんも
 黒のレザーガウチョに黒ボーダートップスにカッコよくきめての出勤…

 小物は、クラッチと流行の「フェルトハット」で
 いっそう上品でかわいく見えます。

 肌寒くなったらトレンチコートを羽織ってと
 朝から解説までしてくれて、ルンルン気分です…

 ベージュのトレンチと黒は相性抜群だったよ…www

 ただ気がかりは、今日の天気…

 今のところ、警報らしきものは出ていないからといって、
 駅まで走って行きましたが…

 衣替えのスタートが、
 天気に負けず、
 充実した素晴らしい一日になるようにと祈っています!

 で…

 わたしの衣替えは、
      どうしょうかな?