So-net無料ブログ作成
検索選択

全国労働衛生週間! [日記]

 
 10月になれば、今年も
 中央労働災害防止協会主催の
 全国労働衛生週間が行われます。
 (昭和25年に第1回が実施されて以来、
 今年で66回を迎えます。)

 簡単にいえば、
 働く人の健康の見つめ直し、、
 快適に働くことができる環境をつくりましょうということかな。

 今年のスローガンは、
 職場発!心と体の健康チェック はじまる 広がる 健康職場、

 わたしの職場は、
 毎年、
 初日の全員参加の朝礼時に
 安全衛生委員からの長~い長~い講話があり、
 次いで、
 指差呼称(人差し指をスローガンに向けて)して、
 大声でスローガン唱和を行います。

 週間メニューとしては、
 出社時の挨拶運動や
 所属長による職場内の衛生問題や他不安全行為がないかのパトロール
 社内、及び周辺の清掃
 各持ち場の5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の徹底
 などを各部署別に区分けして
 各項目を
 各曜日毎、詳細にチェックしていきます。
 ちなみに、
 9月の準備月間中は、
 個人の下駄箱やロッカーなどの清掃や
 汚れたり破れた作業服や作業靴の交換の有無などを
 チェックします。

 全員行事としては、
 健康指導員をお招きして、
 健康に関する知識を深めるための眠~い学習会を
 行なっています。

 昨年度は、
 メンタル指導員をお迎えした健康講演会があり、
 内容は、「うつ病」の話しが中心でした。
 チェックリストを用いての疲労蓄積度自己診断や
 ストレスへの気づき・対処方法、
 「うつ」の症状や発症要因などを
 ビデオを見ながら解説していただきました。
 結論として、
 「うつ病」は、
 脳の働きに何らかの問題が起きた状態で、
 気持ちの問題でなく治療が必要である
 と締めくくられました。

 そういえば、
 亡くなった萩原流行さんや
 俳優の高島政宏・政伸兄弟の父忠夫さん、
 巨人軍の終身名誉監督の長嶋茂雄さんの長男長嶋一茂さんなど
 うつ病を公表している人って
 最近、多くなってきていますね。
 これら身近になりつつある事象を
 常に意識したサポート体制は、
 社内の大きなポイントになっています。

 これらを踏まえて、
 今年も、
 労働におけるより良い快適な仕事場を目指して
 メンタルヘルスを中心に
 積極的な取組みをしていきたいと思います。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

絶妙…柳沢慎吾のあばよ~! [日記]






 最近、年と共に
 大笑いすることがなくなってきているような気がします。

 そんな中で、ふとネットで柳沢慎吾のビデオをみました。
 私自身は、お笑い芸人のお笑いより彼のパトカーのサイレンや
 高校野球の物まねが最高に面白く感じます。
 名前を見ただけでも
 ひとり不気味にゲラゲラ笑いをするくらいです。

 以前は、コロッケのちあきなおみや野口五郎、岩崎宏美など
 世代の違う歌手なのに物まねが面白く、大笑いをしていました。

 どうして、本職のお笑い芸人より面白おかしいのかわかりませんが、
 自然と気遣いのできる人だからかなと思ったりもしていますが、
 どう思いますか?

 このシーンは、知らなかったのですが、
 このビデオは、昨年の8月9日、
 横浜DeNAスタジアムでの対阪神タイガース戦での出来事のようでした。
 一昨年の「なかなか投げない始球式」から
 昨年も見せてくれていたようです。

 このシーンをりプレイして見ました。
 読みながらイメージで笑ってくださいwww

 始球式なのに
 最初から、マイクを身につけながら、登場…
 この時点で、アッ何か笑わしてくれるなと頬が緩んできました。
 球場で何度も礼をして、
 ホームに向き直り、
 さて、プレーボールかなと思ったとたん、
 お馴染みの横浜高校対PL学園高校戦が…
 きました、きましたwww。

 これ例のやつだwww

 延長15回裏で横浜高校2点リード、ランナー2・3塁の状態で
 2死フルカウントという設定です!

 緊迫した場面に、ボールを構えながら、いつもの調子で
 ブラスバンドの演奏、応援団と実況・解説も交えながら
 同時進行していきます~
 サインに首を振り続け、
 横浜の選手もノリノリでボークをとって唖然とさせたり、
 早実・斎藤佑樹投手を向うにした「リップ王子」や、
 対戦相手の阪神・福留選手(PL学園出身)をいじったり、
 投げ終わった後の校歌斉唱など、
 いつものネタが満載でした。

 最後には横浜DeNAベイスターズ・阪神タイガースの
 両チームにエールを送りながら、
 「いい夢見ろよ!」と「あばよ!」できっちりと
 いつもの決めセリフで締めた柳沢慎吾でした。

 このブログを書きながら、
 この度、阪神タイガース新監督に就任した金本知憲さんや
 読売ジャイアンツの高橋由伸新監督もこのネタで
 笑いこけたことも思い出し、やっぱり大笑いの筆者でした。

 柳沢慎吾さん、
 これからも大笑いできる楽しい笑いをよろしくね。

 あばよ!









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

阪神甲子園球場 涙の別れ その2 [日記]

 生前の父は、
 いつも温かく、熱く応援して下さるファンの皆さまのことを常に感謝しておりました。
 優勝を目指しながらそれを果たせない父に
 ご不満やご批判があったことを本人も私たち家族も承知しております。
 そのことに申し訳なく思う一方で、
 父は阪神ファンの皆さまを本当に愛し、
 「阪神ファンのおかげでオレはここまでやってこられた。
 今年こそ阪神ファンを喜ばせたい」と私たちに話しておりました。

 思い返せば1992年に
 父が監督をしてあと一歩のところで優勝を逃したその翌日、
 もう優勝できないことが決まっているにもかかわらず
 この甲子園球場を阪神ファンが埋め尽くし、
 ある一つの横断幕は「中村監督、夢をありがとう」と書かれておりました。
 私たち家族はその横断幕に救われ、
 そしてそれに代表する阪神ファンの真の温かさがあったからこそ、
 父は優勝という夢を追い続けることができたのだと確信しております。
 ファンの皆さま、本当にありがとうございます。

 その一方で、
 家庭での父は私たちのことを愛し、
 大きくつつみこんでくれるとても優しい父でした。
 最近では孫の成長を、目を細めて喜び、
 時間を忘れ、一緒に遊んでいた姿が、昨日のように思い浮かびます。
 父は家で多くのことを語りませんでしたが、
 私は父の背中からたくさんのことを学びました。
 仕事に真摯に取り組み、どんな逆境にも立ち向かう父…
 謙虚な心を持ち、周りのことを大切にし、絆を深める父…
 家族の絆を大切にし、大きくつつみこんでくれる父…
 私たちの心の支えとして、強くて優しい父がいました。
 恥ずかしながらこの年齢になっても、
 私にとって父は1番尊敬する人であり、目標でした。

 そんな父のおかげで私は今、
 小さいころからの夢であった医師として働いております。
 そして、
 今現在、米国に住んでおりますので、
 最後に父と話したのは亡くなる1カ月前の1本の電話でした。
 その電話で野球の話し、
 そして、たわいもない話しをしたあと、
 最後に父は珍しく、いや初めて私に
 「最近本当に体が疲れるんだよ」と弱音を吐きました。
 そんな父を一人の医師として命を救ってあげられなかったことを
 今でも悔やんでおります。

 しかし、私たち遺族に
 今、できることは父の遺志を受け継ぎ、
 周囲の人の心を考え、
 大切にしていくことだと思っております。
 その意味では、
 本日は父のお別れの会ではございますが、
 この父が愛してやまなかった甲子園球場で絆をいただいた
 これだけの多くの皆さまが一堂に集まったこの会で、
 私たちの新たな出会いの場とし、
 さらなる絆を深めていきたいと思っておりますので、
 故人の生前と変わらずご指導、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。

 そして、
 来年の阪神タイガースの飛躍、
 父の悲願であった優勝を心より願っております。
 本日はまことにありがとうございました。

 …感動しました…





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

甲子園球場 涙の別れ その1 [日記]

 



 昨年、
 日本ハムファイターズの大谷翔平投手の話題で持ちきりの中、
 阪神甲子園球場にて
 先だってお亡くなりになった中村勝広GMの「お別れの会」がありました。
 その際の長男・大輔氏からのホロリとする謝辞に…
 ちなみに大輔氏は、灘高⇒大阪大学医学部卒の超エリート医師です。

 文面は、撮影したビデオを巻き戻しながら頑張って構成しましたが、
 一部聞こえていない部分や自己で文章にしたところもあります。


 3年前、阪神タイガースのゼネラルマネジャーに就任し、
 特に今年に関しては自分の野球人生の集大成として、優勝したい、
 必ず阪神を優勝させたいと強く思いと私たちに口にしておりました。

 そんな戦いの最中、
 9月23日、父は志半ば、脳内出血にて亡くなりました。
 それはまさに突然の出来事であり、
 私は、小さいころから父が優勝を夢見て戦い続けてきたことを知っておりましたので、
 父がどれだけ悔しかったか、どれだけ無念だったかをはかり知ることはできません。
 そして、
 ここにおられる野球人の皆さまのご家族も同じであると思いますが、
 私たちはともに戦い、父を心から応援しておりましたので、
 2カ月たった今でも悔しさが晴れることはありません。

 父は選手、監督、ゼネラルマネジャーとして優勝を体験することはできませんでした。
 その意味では野球人として真の勝者とは言えないのかも知れません。
 しかし、
 命を賭けて自分の身を削り、戦いぬいた父を勝者だと私は信じております。
 そして、そんな父を私は誇りに思います。

 ここまで育ててくださった阪神タイガース球団の皆さま、
 そして、
 ともに優勝に向って戦い続けてくださった監督、
 コーチ、選手、そしてOBの皆さま方、故人に代わりまして、心よりお礼申し上げます。

 また、
 そばで支えてくださったご友人の皆さま、
 野球人としての礎を築いてくださった中学、
 成東高校、早稲田大学の野球部の皆さま、
 いつも温かく励ましてくださった報道関係の皆さま、
 そして出身球団でないにもかかわらず監督、ゼネラルマネジャーとして
 職務を与えてくださったオリックス球団の皆さま、本当にありがとうございました。

 そして、何より阪神タイガースファンの皆さま、
 本日は平日にもかかわらずまことにありがとうございます。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の義経伝説! [日記]


 

 モンゴル族といえば、
 元横綱朝青龍、現横綱白鵬が有名ですが、
 元をたどれば、チンギス=ハーンですよね!

 13世紀の始め、
 当時争っていたモンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
 最強と恐れられた騎馬軍団を率いた人物です。

 中国北部から中央アジア・イスラム社会、更に東ヨーロッパなどを次々に征服して、
 人類史上最強と恐れられる『モンゴル帝国』を築き上げました。

 1227年にチンギス=ハーンは戦の途中で病でなくなり、
 現在のアルタイ山の南に密かに埋葬されたということです。
 そのため、現在でも、埋葬場所は謎となっています。

 そんな秘密のベールに包まれた人物は、
 日本でも、源義経の生れかわりとしての伝説があります。

 ”源義経の命を先祖代々受け継いたモンゴル族力士が、
 凋落した日本の大相撲人気を呼び戻した…” 
 
 って、夢のようなわたしの勝手な伝説がふと頭をよぎりました…www

 イチローや菊池桃子やエド・はるみのように高い向上心があって、
 五郎丸歩のように人気があって
 田中角栄のような強烈なリーダーシップのある
 そんな日本人を求む…www















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車デビュー! [日記]






 小さい時、
 補助輪を外してはじめて自転車に乗るときに、
 広い公園の片隅で、
 自転車の荷台をお父さんやお母さんに持ってもらって、
 練習しなかったですか?

 子供にとって、補助輪付き自転車からコマを外して
 はじめて一人前ですものね。

 「パパ~後ろで持っててよ、離さないでね?」
 「持ってるから…持ってる。」
 「ほんとに持ってる?離してな~い?」
 「できた~!ひとりで乗ってるよ~!」
 「あっ!ほんとだ~!?やったね!!」
 「あ~~~っ!」
 ガチャン!

 そうそう 
 毎日毎日、何度も何度もコケて、擦り傷作ってやっと乗れた記憶が
 ありませんか?

 いまの子供たちは、
 ランニングバイクや変身バイクで
 30分くらいすると一人前だそうです。

 そのカラクリは、
 自転車に付いている両方の補助輪とペダルを外して、
 しばらくは、両足で走るようにバイクを走らせて遊ばせます。
 そうこしているうちに、自然に平衡感覚が養えてきます。
 そこで、
 今度は、普通の自転車に乗りたくなってきます。
 この時に
 元のように、
 コマなし自転車にペダルを取り付ければ
 すでに平衡感覚が養えられているので
 即座に乗れるといった流れです。

 つまりは、
 ペダルを外して練習をすれば、
 わたしたちも短時間で、
 しかも、
 怪我などなく上達できたのですね。

 技術もそうですが、
 こんなところにも知恵働かせれば、
 まだまだ
 簡単に改善できるものがたくさんあるのですね!






















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

手話入門編…最後の日! [日記]

 手話をはじめてから
    18回目の講座…

 昨日が、
 入門編の最後の日でした。

 といっても、
 この日は、勉強はさておいて、
 手話で、今までの感想などを発表する講座の日です。

 最初に、
 各自、発表内容を配られた紙に書き込みます。
 そして、それを手話にしていきます。

 書き込む内容は、そう難しいことではないのですが、
 いざ、手話に変えるとなるとまだまだわれわれには、
 大変な作業です。

 しかし、
 入門編とはいえレベルの高い人は、
 自分の考えを手話で伝える域まで達しています。

 わたしのレベルは、かなり低いので
 それを見込んで、
 よく知っている手話の単語を繰り返し前面に出すような
 文章構成の内容にまとめました。

 内容は、

 わたしの今年のテーマは、社会貢献・地域と共生です。
 そのテーマの中の一つが、手話です。
 しかし、
 この手話が一番進捗が遅れています。
 なぜなら、
 手話は、手話・表情・発声を一度に使うからです。
 今は、
 手話の単語を覚えるので精一杯です。
 講義に使われるテレビ手話は、早くてついていけません。
 ~ ~ 
 これからもわたしの頑張りに応援をお願いします。

 てな感じで、
 文章構成も小学生並みで、
 手話の方は、
 さらに簡単な単語並べで発表しました。

 真面目に聞かれると、間違いをかなり指摘されそうなので、
 途中で、自己紹介も取り入れて
 趣味は女性です~とか
 生まれはあっちです~とか
 適当には笑いなどで
 はぐらかしながらの発表でした。

 冷や汗たらりの発表でしたが、
 そのあたりをふまえても、
 手話が柔らかくうまく伝わっていて
 わかりやすいとベストの評価をいただきましたwww

 来月からは、
 入門編になります。

 楽しみながら受講できる手話ですが、
 それに甘えずにレベルアップできるように
 これからもじゃなくて、
 これから
 日々頑張っていきたいと思いますwww




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デリケートなヒップ! [日記]





 ヒップホップなどの曲でダンシングしたり、

 運動して、

 女性ホルモンを活発化させて汗をかくと

 デリケートなショーツがくいこんだり、

 ずれたり

 といった

 経験ありませんか?


 運動のたびに、

 視線を意識しながら

 くいこみやずれをなおしたと、

 運動に集中できないときはいやなものです。

 汗もかくから、速乾性に優れていないと…

 それでもってヒップは

 まあるく、

 つんと高く…

 きれいにみせたいですね!


 













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

全国労働衛生週間! [日記]

 
 10月になれば、今年も
 中央労働災害防止協会主催の
 全国労働衛生週間が行われます。
 (昭和25年に第1回が実施されて以来、
 今年で66回を迎えます。)

 簡単にいえば、
 働く人の健康の見つめ直し、、
 快適に働くことができる環境をつくりましょうということかな。

 今年のスローガンは、
 職場発!心と体の健康チェック はじまる 広がる 健康職場、

 わたしの職場は、
 毎年、
 初日の全員参加の朝礼時に
 安全衛生委員からの長~い長~い講話があり、
 次いで、
 指差呼称(人差し指をスローガンに向けて)して、
 大声でスローガン唱和を行います。

 週間メニューとしては、
 出社時の挨拶運動や
 所属長による職場内の衛生問題や他不安全行為がないかのパトロール
 社内、及び周辺の清掃
 各持ち場の5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の徹底
 などを各部署別に区分けして
 各項目を
 各曜日毎、詳細にチェックしていきます。
 ちなみに、
 9月の準備月間中は、
 個人の下駄箱やロッカーなどの清掃や
 汚れたり破れた作業服や作業靴の交換の有無などを
 チェックします。

 全員行事としては、
 健康指導員をお招きして、
 健康に関する知識を深めるための眠~い学習会を
 行なっています。

 昨年度は、
 メンタル指導員をお迎えした健康講演会があり、
 内容は、「うつ病」の話しが中心でした。
 チェックリストを用いての疲労蓄積度自己診断や
 ストレスへの気づき・対処方法、
 「うつ」の症状や発症要因などを
 ビデオを見ながら解説していただきました。
 結論として、
 「うつ病」は、
 脳の働きに何らかの問題が起きた状態で、
 気持ちの問題でなく治療が必要である
 と締めくくられました。

 そういえば、
 亡くなった萩原流行さんや
 俳優の高島政宏・政伸兄弟の父忠夫さん、
 巨人軍の終身名誉監督の長嶋茂雄さんの長男長嶋一茂さんなど
 うつ病を公表している人って
 最近、多くなってきていますね。
 これら身近になりつつある事象を
 常に意識したサポート体制は、
 社内の大きなポイントになっています。

 これらを踏まえて、
 今年も、
 労働におけるより良い快適な仕事場を目指して
 メンタルヘルスを中心に
 積極的な取組みをしていきたいと思います。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危機管理の備え! [日記]

 
 先日も、 台風が
東北・北海道に猛威をふるいました。

 ふと…
 地震対策はよく報道特集などされているけれど、
 じゃ~、台風対策って何かしてる?
 と気になりました。

 戦前の日本って、
 今と正反対で地震対策より被害甚大だった台風対策が主流で、
 特に大きな台風の前には、
 雨戸がない家は窓が割れないように
 板をX字に釘で打ち付けていました。

 その仕組みは、
 X状の板を打ち付けることにより、
 風が板の内側に巻き込み、
 風力が分散されることにより
 風の被害を軽減させるという発想だったようです。

 その後、こういった対策がなくなったのは、
 シャッター付きの雨戸ができたことにより、
 甚大な被害が減少して、危機管理が薄れていったからでしょうか。

 台風の通り道である沖縄などでは、
 台風の被害が今でも甚大なので、参考になる対策もいろいろあります。

 そんなこんなで、地震のみならず異常気象が続いている昨今のことも踏まえて、
 まず、台風対策といえば、
 今も昔も窓ガラスへの対策がポイントでしょう。

 自分の命は自分で守るということで…

 第一は、
 シャッターをおろすこと。

 第二は、
 窓ガラス飛散を最小限にとどめるための対策としての
 飛散防止フィルムです。

 ちなみに、
 おウチにはアイRオオヤマの飛散防止フィルムを貼っています。

 台風のみならず、食器棚などに地震対策としても活用している優れものです。

 それから、
 急な地震・強風なども考慮に入れて、
 家の周りには、
 転倒しやすいもの・軽いものは置かないことかな…
 常に整理整頓を心がけていれば、問題ないですね。

 あとは、海や川に近寄らないのも鉄則ですね。
 
 他にもいくつか軽微な対策がありますが、
 いずれにしても、
 地震対策と兼ねて、併用対策を行なうとベストだと思います。

 ようは、自然を甘く見ないという心がけが、一番の大きな対策でしょう。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感