So-net無料ブログ作成

人気沸騰…”NIKE”のランニングウォッチ! [日記]

 
 いま、いろんなシーンでNIKEは大活躍ですね!

 そんなNIKEブランドの中でも
 カジュアルで最新の計測機能がついたNIKEの時計…

 特に人気なのがランニングウォッチですね!

 自分の健康は自分からという風潮のご時世に
 ピッタリな時計がNIKEにはあります。

 シャープなデザインでカッコいい…
 オシャレで普段でも使える

 そんな”Nike+ SportWatch GPS“を
 NIKEはあなたに届けてくれます!






檀れいそっくりの…駒の湯再興! [日記]





 2008年6月の岩手宮城内陸地震から
 8年が過ぎましたが、
 嬉しいニュースが飛び込んできました。

 当時、
 東北に単身赴任していて、この時の揺れを
 経験したひとりで、
 この地震で「駒の湯温泉」を中心に
 多数の死傷者が出ました。

 ここの旅館の跡は泥の海、
 そして、
 源泉も土砂に埋まった様子は、
 報道で何度も目にして、心から胸を痛めていました。

 この山あいの街は、わたしにとっても仙台方面に抜ける際に
 途中休憩したりして、何度もお世話になった街でした。
 当時売り出し中の壇れいそっくりな人形にびっくりしたり、
 ホタルの大群を見たりと思い出もたくさんありました…

 以降、東日本大震災をはじめとして度々の地震により、
 栗原市の名前が何度も出てくるたびに、
 どうしたものかと地震を恨んだりしたものです。

 そんな中、犠牲の大きかった栗駒の旅館「駒の湯温泉」が、
 日帰り温泉として最出発するとのこと…

 いまは、 
 遠く離れた街に住んでいますが、
 機会があれば、
 またフラーっとよりたい街です。

 今も地震が絶えない地域ですが、
 この街を愛する人がいる限り頑張って欲しいものです。




夢の義経伝説! [日記]


 

 モンゴル族といえば、
 元横綱朝青龍、現横綱白鵬が有名ですが、
 元をたどれば、チンギス=ハーンですよね!

 13世紀の始め、
 当時争っていたモンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
 最強と恐れられた騎馬軍団を率いた人物です。

 中国北部から中央アジア・イスラム社会、更に東ヨーロッパなどを次々に征服して、
 人類史上最強と恐れられる『モンゴル帝国』を築き上げました。

 1227年にチンギス=ハーンは戦の途中で病でなくなり、
 現在のアルタイ山の南に密かに埋葬されたということです。
 そのため、現在でも、埋葬場所は謎となっています。

 そんな秘密のベールに包まれた人物は、
 日本でも、源義経の生れかわりとしての伝説があります。

 ”源義経の命を先祖代々受け継いたモンゴル族力士が、
 凋落した日本の大相撲人気を呼び戻した…” 
 
 って、夢のようなわたしの勝手な伝説がふと頭をよぎりました…www

 イチローや菊池桃子やエド・はるみのように高い向上心があって、
 五郎丸歩のように人気があって
 田中角栄のような強烈なリーダーシップのある
 そんな日本人を求む…www















激動の時代! [日記]

 
 わたしの祖母は、

 昭和の時代に亡くなって、早いもので、35年近くになります。

 祖母が生まれた時代って、どんな頃か調べてみました…

 明治後期の生まれで、

 この年には、ソニーの創業者井深大、
 オーストリアの指揮者ヘルベルト=フォン=カラヤンが、生まれていました。

 逆に
 岩崎弥之助や作家の国木田独歩、
 西太后が亡くなっています。

 時代背景ですが、
 その前後も含めて、比較的、大きな動きもなく、
 歴史的には、伊藤博文がハルビン駅頭で暗殺された事くらいです。

 これだけを見ると、比較的穏やかな幸せな時代だったのかなと思いますね…

 一方の亡くなった年には、

 山口百恵の結婚やジョン・レノン射殺などの他、
 ルービック・キューブやチョロQ、ソーラー電卓、ウォッシュレットなどが
 商品化されています。

 大平首相急死、モスクワオリンピック、イラン・イラク戦争が起こったのも
 この年です。

 激動の明治大正昭和を生きてきた祖母に合掌!




妖艶なスポット! [日記]

 
 阪神高速道路4号湾岸線を通って神戸に行く際に、
 北方向を見ると、
 大阪北港の舞洲此花大橋を渡りきったあたりかな…
 てっぺんに金色の不思議な塔を
 「ユニバーサルスタジオジャパン」だと誤解していましたwww

 最近になって、
 運転中にしか見れないので超減速しながら、
 「USJ」をよーく見るとどうもずれているような気が…

 それは、今年になって、違うと確信しました。

 じゃ~、
 このあたりに新しいテーマパークが出来たのかな?

 こんなに異彩を放つほど目立つのに地図を見てもよくわからないのは、
 なぜかすごく不思議に思っていました。

 先日、水上警察署勤務の知人に聞いて、
 徐々にその正体が見えてきました。

 結論は、
 「USJ」の向こうな見える変な建物群はゴミ焼却場でした。
 舞洲スラッジセンターというゴミ処理&汚泥処理施設で、
 大阪市環境事業局舞洲工場です。

 大阪市内には何ヶ所か焼却炉がありますが、
 焼却炉から煙の出ない煙突で、
 この焼却炉で発生する熱や蒸気、電気を周辺に供給しているそうです。

 大阪市に住んでいる人が、
 お世話になっている建物なんだ…

 それで、誰が作ったんだということですが、
 安藤忠雄?
 違いました…
 やっぱり外国人建築家のデザインでした。
 彼は、完成を見ることなく他界されたようです。

 内部は、見学もでき、
 ちょっとしたワンダーランドになっているようですよ。

 外国人から見れば、夜になれば、ネオン街…ラブホテル街…
 場違いな怪しいエリア…
 石田えりこや高岡早紀のような美しい妖艶な人妻が…www

 世界にも稀にみる無駄遣いです!
 でも一目見る価値ありそうですね。

 近いうちに行ってみたくなりましたwww

 橋下市長が、激怒するのも無理ないですね…
 それこそ、伊豆ぐらんぱる公園であった路上プロレスを
 このワンダーランドで地元出身の赤井英和の娘で
 いま輝いている赤井沙希をメインに開催したら面白いかも…





気品ある美しい手話! [日記]

 
 一昨年のシルバーウィーク期間中に、
 気品ある美しい手話をテレビで拝見する機会がありました。

 手話は、
 簡単に出来ないことを知っているからこそ感動しました。

 この手話の美しさは、
 未だに語り草になっています。

 それは、手話を習っている私にとっても
 学ぶべきことの多いものでした。

 22日に鳥取県を訪れた秋篠宮家の次女佳子さまは、
 米子市公会堂で行われた全国高校生手話パフォーマンス甲子園の開会式に出席し、
 手話を使いながら
 「手話に対する理解と聴覚に障害がある方々に対する理解が一層深まるとともに、
 この大会がすばらしい思い出となりますことを願います」とあいさつされました。
 佳子さまが公式の場で手話を用いてあいさつをするのは初めてだそうです。

 
 以前に紀子さまが手話でお話しされた記事を拝見したことがありましたが、
 当時は、手話に関心がなかったこともあり、少し心の片隅に残った程度でした。

 いまは、自分が学んでいることを
 皇室の公務、学業を兼ねながら、頑張っている佳子さまに
 感動を覚えました。

 佳子さまは、さらに3分弱のあいさつを全て手話とともに行い、
 「全員が楽しみながらこれまでの成果を
 十分に発揮することのできる舞台となりますことを期待しております」と述べました。

 こんなに長い手話を美しく、
 しかも丁寧でわかりやすく、スマートなスピーチは、
 今後の参考になりました。




不思議な娘…藤田ニコル! [日記]






【愛称】にこるん
【生年月日】1998年2月20日
【年齢】17歳 現役高校生
【出生地】ニュージーランド
【出身地】埼玉県
【血液型】A型
【身長】166cm
【スリーサイズ】B78-W60-H84
【デビュー】2009年
【職業】モデル
【所属事務所】オスカープロモーション
【趣味】短距離走、バドミントン
【特技】絵を描くこと

 でもって、ハーフです。

 父は、ロシアとポーランドのハーフ
 母は、日本人

 ですが、両親はすでに離婚しており、
 ニコルさんと弟は母方に引き取られたそうです。

 不思議な不思議な”ニコルン”のプライベートでした!






魅惑の”ティファニー” [日記]

 
 女性の憧れ…魅力のティファニー~

 重なる2つのリングで、
 カップルに大人気のペンダント
  “ティファニー1837 インターロッキング サークル ペンダント“の
 紹介です。

 ティファニーブランドは、
 誕生日やバレンタインデーなど、
 大切な記念日にプレゼントされたいと願う女性憧れブランドのひとつ…

 そんなティファニーの商品の中でも
 今年も注目度の高い人気商品が、このペンダント!

 リングが重なり合ったデザインがかわいく、
 自分用としても
 カップルとしてもオシャレな時代の最先端を走る女性たちに
 重宝されているアイテムです。

 カジュアル的にも、
 落ち着いた装いにも、
 シーンを問わずに使えるデザインが魅力ですね。

 ユニセックスなデザインで
 男女老若男女問わず身につけられること、
 またスタンダードなデザインということで、
 人気に火が付いたオススメのペンダントです。

 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…




















東京大学にはここ目指せ! [日記]

 受験シーズンたけなわですが、
 
 2016年の東京大学ランキングベストテン!

 1位「開成」170人(35年連続)

 2位「筑波大学附属駒場」102人
   (昔の東京教育大付属駒場)

 3位「麻布」94人

 3位「灘」94人

 5位「渋谷教育学園幕張」76人
   (躍進がすごい!)
 
 6位「聖光学院」71人

 7位「桜蔭」59人
   (女子の名門!)

 8位「東京学芸大学附属」57人

 8位「駒場東邦」57人

 8位「栄光学園」57人

 函館・鹿児島ラサールなどは圏外!

陽の光・月の光 [日記]






 ”おくりびと”で脚光を浴びた
 庄内地方の”ヘーぇ”ていう話しを紹介しますね…!

 庄内平野には、南から赤川、東方から最上川、
 そして、日向川、月光川の4つの川が流れ込んでいます。

 何か気づきませんか?

 鳥海山を水源とする
 2つの川日向(にっこう)川と月光(がっこう)川です!

 ”日光川”の間違いではありませんよ~
 ”げっこうがわ”のまちがいではありませんよ~

 わたしもこの町の表示を見て、漢字読み方とも
 何かまぎらわしいな~と思いました…。

 そして、
 鳥海山を中心に、
 太陽の日と月の光の川が、並行して流れているって
 いろんな意味で何か意味深だと思いませんか…?

 この名前の由来は、
 鳥海山の本尊は薬師如来とされ、
 左の脇侍月光菩薩、右の脇侍日光菩薩と薬師三尊を
 形成していることからきているようです。

 つまり、
 月光川は、月光菩薩に見立てられたもの、
 日向川は、日光菩薩に見立てた川の名です。

 陽の光と月の光
 ふたつの光で病魔を焼き尽くす
 というような意味だそうです。

 で、なぜ”日向”になったのか
 なぜ、”がっこう”なのかはよくわからないのですが…

 神の宿る清らかな水から、
 美味しいお米ができるのも納得です。

 この月光川の河原で
 夜桜の花見をしたのは、夢幻だったのでしょうか…

 遠い昔の懐かしいひとコマが、
 ふと蘇ってきました…