So-net無料ブログ作成

元気~元気~絶好調! [日記]





 52歳で初めての結婚をしたある俳人は、
 なんと毎日のようにxxxx日記をつけていたそうです。
 その回数は1日3回、5回に及ぶこともあり、
 絶倫ぶりを後世に残しています。

 さて、問題です!
 この俳人はだれでしょう?

 1、松尾芭蕉

 2、小林一茶

 3、正岡子規




 答えは2の小林一茶。

 ちなみに1人目の奥さんは37歳で亡くなり、
 その後、2人の奥さんを迎えましたが、2人目は半年で破局、
 3人目も46歳という短命でした。これって一体……。

 雀の子そこのけそこのけお馬が通る


 松尾芭蕉は、
 若いときに同棲していた女性「寿貞」の存在が明らかになっており、
 その子次郎兵衛は芭蕉の子といわれていて
 彼は、芭蕉の晩年まで身の回りの世話をしたようです。

 芭蕉はけっこう女好きな男で、
 若い頃は遊女や女中と遊んでいたようです。

 その中のひとりである「おとせ」との関係は、
 歌にも詠まれているくらいで熱烈だったようです。

 その後、
 同棲していた「寿貞」は、情熱的な女だったようで
 年齢的に淡白となった芭蕉に飽き足らず、
 門弟と駆け落ちしたといわれています。

 こんなこともあり、
 女性には懐疑的人生観を持つにいたり
 生涯結婚はしなかったようです。

 五月雨をあつめて早し最上川


 正岡子規は、
 肺結核を患っていて、生涯独身でした。

 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハワイのいいもの…ゲット! [日記]

 
 長期休暇にハワイに行ったら、
 お土産は、マカダミアナッツ…

 古い…古い…www

 今は、
 女性に必ず喜ばれるいいものがありますよ…
 
 通の人が、
 必ず行くのがここ『Victoria’s Secret』

 叶姉妹が来たとかいう話しも…

 通の芸能人は
 よく爆買いしているそうです…

 ここのオススメなのが、
 ランジェリー・ショーツです!

 単品で購入すると少し高い気がしますが、
 5 for $29-、3 for $33-など種類によって
 いつも様々なsaleが行われています…

 また、姉妹ブランド『PINK』では、
 お得な 7 for $28-などのセールも行っています!

 いつ行ってもこのセールが行われているとは
 限りませんが、いろんなセールは
 基本的にいつでもやっています。

 ハワイのお土産として、
 可愛いランジェリー・ショーツが1枚500円くらいでゲットっていいでしょ!

 nice! nice! nice! www













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マウスウォッシュよりも… [日記]




 
 わたしは、
 一時期、口臭に悩まされていました。

 その時に、
 歯磨きだけでは、弱いのかなということで、
 マウスウォッシュを使っていました。

 最近は、
 改善され、
 歯磨きのみで対処していますが、
 たまたま本屋で読んだ
 「買ってはいけない」という本という中で
 こんな内容をみました。

 わたしは、
 アメリカの某メーカーの商品を使ったのですが、
 ここにのっている大手のマウスウォシュ商品は、
 「高濃度の毒物。
 ポリエチレングリコールは発がん性が報告。
 飲み込めば、肝臓・腎臓障害の恐れあり」
 と記載されてありました。

 この商品は、
 子供用も販売していますね…

 調べてみると、
 例えば、
 マウスウォッシュのどのメーカーでも使用されている
 プロピレングリコールひとつをとっても
 安全性が高いとしている企業は多くありました
 が、安全性はいまだ確認されておらず、
 原液は猛毒で大変危険です。

 これらの成分は、
 混じりっ気のない化学物質ですから、
 いろんな副作用ももちろん考えられるでしょう。

 マウスウォッシュの薬用成分が
 界面活性剤なのも気になりますね…

 だからといって、
 この場合、殺菌成分をとるか、
 副作用の方を重視するかは、
 個人の自己判断によりますが…

 わかってほしいのは、
 怖いことに…
 メーカーが、
 結果的に
 有害物質を
 口内に入れるのを推奨していることです。

 このように、
 日本は、
 諸外国と比べると添加物の危険性などに
 非常に鈍感な国で、
 規制も非常に緩い国です。

 これらの商品は、
 実際にCM でやっているような有名な商品ばかりで、
 いずれも
 人体に有害な物質が含まれているもの、
 あるいは、実際は全く効果がないかもしれないもので
 本来ならば、
 こういった内容に最も興味を持っているのは
 母親や、主婦です。
 それならばといって、
 ワイドーショーで取り上げられるはずです。
 ところが、
 残念なことに
 ここに多く出てくるメーカーはそれらの番組のスポンサーです。
 絶対に番組では報道されません。

 わたしは、
 もっと早く知るべきだったと後悔しています…
 有害物質を体内に入れた恐ろしさに
 後悔しきりです…

 歯磨きした後のすっきり感を得たいというためだけに、
 または口臭が気になるからといって
 安易にマウスウォッシュを使ってしまった後悔を…

 皆さんには後悔して欲しくありません…
 このことを知ってください…
 歯磨きだけではだめなのでしょうか…
 口臭は、
 胃の具合が良くないと匂ってきたりします。
 まずは胃腸の調子を整えてください。
 口の中の菌の繁殖が気になるなら、
 歯磨き時のすすぎと
 糸ようじをしっかりすれば
 かなり抑えられると思いますよ。

 わたしは、今後も、
 商品の宣伝効果に惑わされず、、
 もっと商品の成分表示に
 関心をもっていきたいと思います。

 ちなみに
 下記の太陽油脂の製品である歯磨き粉は、
 自然派愛好家のチョイスとして有名です!

 




















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしの同窓会! [日記]






 昨年、
 何十年かぶりに
 縁があって
 中学校の学年同窓会に出席しました。

 わたしは、
 過去を振り返らない人だったので、
 卒業後の新しい住所も
 誰にも知らせていませんでした。

 そんなこともあり、
 何度かの同窓会情報も
 誰からも連絡はありませんでした。

 それは、
 一昨年の暮れのことでした。

 帰宅途中で
 車が、全く動かない渋滞の中、
 疲れもあって、イライラしていました。

 その時、、
 歩道側から窓ガラスがトントンと…

 なにっと思って
 窓を開けると、
 ひとりの女性でした。

 どうやら
 わたしの名前を
 知っているようです。

 彼女は、
 「同級生のOです。」というものの
 過去に戻って理解するまで少しの時間が必要でした。

 帰宅を急いでいたわたしは、
 携帯の番号を渡して
 翌日、連絡をいただきました。

 懐かしいいろんな思い出話しの途中、
 「あなたは、いま
 行方不明名簿になっているのよ。」っていわれました。

 「わたしは、
 いま保険のセールスをしていて、
 前回のクラス会の前に、
 甲子園でホームラン打ったW君を見つけ出し、
 今回は、
 クラスの一番星のH君を見つけたwww。」…

 というものの
 わたしの心中は、
 中学時代の嫌なトラウマも思い出していました。

 長話しの後、
 「今度、
 ここで学年同窓会があるから
 絶対、来てね。」
 と言って電話は切れました。

 ちなみに、
 今でこそ、高嶋ちさ子や松尾依里佳などがでてきて、
 ヴァイオリニストって一般大衆に認知されてきていますが、
 当時は、超高嶺の花…

 そう…彼女はヴァイオリンの塾に通っていた
 超金持ちの高嶺の花だったのですよ!

 その後、
 何日かずーっと
 忘れていた学生時代が
 走馬灯のように現れては消え
 現れては消えて行きました。

 友人の何人かは、
 若くして亡くなったようです。

 こんな話しを聞かされてから、
 一度、行ってみよっかと思いたち、
 決心した翌日に
 幹事の篠原信一さんと一字違いの
 (本人は嫌がりますが、笑える一字違い)
 S君に出席の連絡を入れました。

 同窓会は、
 変わらない人、
 老けた人 などいろいろで
 思い出すのに
 時間がかかったり、
 最後まで、???の人もいましたが、
 何年も経っても、
 わたしの名前を覚えていてくれていた嬉しさは
 忘れられません。

 この日以来、
 わたしは、
 歩いてきた道を振りかえり、
 これを糧に
 さらに、
 前を向いていきるという生き方を覚えました。


















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

陽の光・月の光 [日記]






 ”おくりびと”で脚光を浴びた
 庄内地方の”ヘーぇ”ていう話しを紹介しますね…!

 庄内平野には、南から赤川、東方から最上川、
 そして、日向川、月光川の4つの川が流れ込んでいます。

 何か気づきませんか?

 鳥海山を水源とする
 2つの川日向(にっこう)川と月光(がっこう)川です!

 ”日光川”の間違いではありませんよ~
 ”げっこうがわ”のまちがいではありませんよ~

 わたしもこの町の表示を見て、漢字読み方とも
 何かまぎらわしいな~と思いました…。

 そして、
 鳥海山を中心に、
 太陽の日と月の光の川が、並行して流れているって
 いろんな意味で何か意味深だと思いませんか…?

 この名前の由来は、
 鳥海山の本尊は薬師如来とされ、
 左の脇侍月光菩薩、右の脇侍日光菩薩と薬師三尊を
 形成していることからきているようです。

 つまり、
 月光川は、月光菩薩に見立てられたもの、
 日向川は、日光菩薩に見立てた川の名です。

 陽の光と月の光
 ふたつの光で病魔を焼き尽くす
 というような意味だそうです。

 で、なぜ”日向”になったのか
 なぜ、”がっこう”なのかはよくわからないのですが…

 神の宿る清らかな水から、
 美味しいお米ができるのも納得です。

 この月光川の河原で
 夜桜の花見をしたのは、夢幻だったのでしょうか…

 遠い昔の懐かしいひとコマが、
 ふと蘇ってきました…
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の義経伝説! [日記]


 

 モンゴル族といえば、
 元横綱朝青龍、現横綱白鵬が有名ですが、
 元をたどれば、チンギス=ハーンですよね!

 13世紀の始め、
 当時争っていたモンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
 最強と恐れられた騎馬軍団を率いた人物です。

 中国北部から中央アジア・イスラム社会、更に東ヨーロッパなどを次々に征服して、
 人類史上最強と恐れられる『モンゴル帝国』を築き上げました。

 1227年にチンギス=ハーンは戦の途中で病でなくなり、
 現在のアルタイ山の南に密かに埋葬されたということです。
 そのため、現在でも、埋葬場所は謎となっています。

 そんな秘密のベールに包まれた人物は、
 日本でも、源義経の生れかわりとしての伝説があります。

 ”源義経の命を先祖代々受け継いたモンゴル族力士が、
 凋落した日本の大相撲人気を呼び戻した…” 
 
 って、夢のようなわたしの勝手な伝説がふと頭をよぎりました…www

 イチローや菊池桃子やエド・はるみのように高い向上心があって、
 五郎丸歩のように人気があって
 田中角栄のような強烈なリーダーシップのある
 そんな日本人を求む…www















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激動の時代! [日記]

 
 祖母は、

 昭和の時代に亡くなって、
 早いもので、35年近くになります。

 祖母が生まれた時代って、
 どんな頃か調べてみました…

 明治後期の生まれで、

 この年には、
 ソニーの創業者井深大、
 オーストリアの指揮者ヘルベルト=フォン=カラヤンが、
 生まれていました。

 逆に
 岩崎弥之助や作家の国木田独歩、
 西太后が亡くなっています。

 時代背景ですが、
 その前後も含めて、
 比較的、大きな動きもなく、
 歴史的には、
 伊藤博文がハルビン駅頭で暗殺された事くらいです。

 これだけを見ると、
 比較的穏やかな幸せな時代だったのかなと
 思いますね…

 一方の亡くなった年には、

 山口百恵の結婚や
 ジョン・レノン射殺などの他、
 ルービック・キューブや
 チョロQ、ソーラー電卓、
 ウォッシュレットなどが
 商品化されています。

 大平首相急死、
 モスクワオリンピック、
 イラン・イラク戦争が起こったのも
 この年です。

 激動の明治大正昭和を生きてきた祖母に
 合掌!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車デビュー! [日記]






 小さい時、
 補助輪を外してはじめて自転車に乗るときに、
 広い公園の片隅で、
 自転車の荷台をお父さんやお母さんに持ってもらって、
 練習しなかったですか?

 子供にとって、補助輪付き自転車からコマを外して
 はじめて一人前ですものね。

 「パパ~後ろで持っててよ、離さないでね?」
 「持ってるから…持ってる。」
 「ほんとに持ってる?離してな~い?」
 「できた~!ひとりで乗ってるよ~!」
 「あっ!ほんとだ~!?やったね!!」
 「あ~~~っ!」
 ガチャン!

 そうそう 
 毎日毎日、何度も何度もコケて、擦り傷作ってやっと乗れた記憶が
 ありませんか?

 いまの子供たちは、
 ランニングバイクや変身バイクで
 30分くらいすると一人前だそうです。

 そのカラクリは、
 自転車に付いている両方の補助輪とペダルを外して、
 しばらくは、両足で走るようにバイクを走らせて遊ばせます。
 そうこしているうちに、自然に平衡感覚が養えてきます。
 そこで、
 今度は、普通の自転車に乗りたくなってきます。
 この時に
 元のように、
 コマなし自転車にペダルを取り付ければ
 すでに平衡感覚が養えられているので
 即座に乗れるといった流れです。

 つまりは、
 ペダルを外して練習をすれば、
 わたしたちも短時間で、
 しかも、
 怪我などなく上達できたのですね。

 技術もそうですが、
 こんなところにも知恵働かせれば、
 まだまだ
 簡単に改善できるものがたくさんあるのですね!






















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乙女の下半身…一大事! [日記]





 軽いブログを…

 日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?
 最近では女子用の「ふんどし」も流行っていますね。
 ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、
 女性の下着としても良いということが浸透してきたのでしょう。
 プレゼントとしても喜ばれるようです。
 それにしても日本の女性は
 いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 

 今回は、そんなエピソードです。

 着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
 明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、
 ひとつだけ、なかなか定着しないものがありました。

 それは……「下着」です。

 江戸時代まで、
 男性は下着としてふんどしを着けていました。
 女性はというと、下着ははいていませんでした。
 腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず…
 それが当たり前だったのです。

 明治に入っても、
 西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
 体を締め付けるし、
 今までどおり何もつけないほうが快適だったのでしょうか…

 ですが、あるとき、
 日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

 それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」!

 かつて東京市の日本橋にあった
 日本橋白木屋百貨店……
 現在の東急日本橋店で、
 歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

 逃げ惑う従業員やお客たち……
 その中には、若い女性たちも…
 ロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、
 風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
 それを必死に片手で抑えているうち、
 片方だけでは体重を支えきれなくなり、
 多数の女性が地上に転落してしまいました。
 下着をはいていないため、
 着物がめくれる羞恥心から転落した女性…
 このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

 有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
 そんな教訓が、
 この火災をきっかけに叫ばれ、
 その後、日本女性に定着するようになったのだそうです。

 意外な事件から広まった西洋風の下着…
 どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

 現在は、叶姉妹の恭子・美香をはじめとして、
 一般の女性にも見せる下着が流行りですが…















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妖艶なスポット! [日記]

 阪神高速道路4号湾岸線を通って神戸に行く際に、
 北方向を見ると、
 大阪北港の舞洲此花大橋を渡りきったあたりかな…
 てっぺんに金色の不思議な塔を
 「ユニバーサルスタジオジャパン」だと誤解していましたwww

 最近になって、
 運転中にしか見れないので超減速しながら、
 「USJ」をよーく見るとどうもずれているような気が…

 それは、今年になって、違うと確信しました。

 じゃ~、
 このあたりに新しいテーマパークが出来たのかな?

 こんなに異彩を放つほど目立つのに地図を見てもよくわからないのは、
 なぜかすごく不思議に思っていました。

 先日、水上警察署勤務の知人に聞いて、
 徐々にその正体が見えてきました。

 結論は、
 「USJ」の向こうな見える変な建物群はゴミ焼却場でした。
 舞洲スラッジセンターというゴミ処理&汚泥処理施設で、
 大阪市環境事業局舞洲工場です。

 大阪市内には何ヶ所か焼却炉がありますが、
 焼却炉から煙の出ない煙突で、
 この焼却炉で発生する熱や蒸気、電気を周辺に供給しているそうです。

 大阪市に住んでいる人が、
 お世話になっている建物なんだ…

 それで、誰が作ったんだということですが、
 安藤忠雄?
 違いました…
 やっぱり外国人建築家のデザインでした。
 彼は、完成を見ることなく他界されたようです。

 内部は、見学もでき、
 ちょっとしたワンダーランドになっているようですよ。

 外国人から見れば、夜になれば、ネオン街…ラブホテル街…
 場違いな怪しいエリア…
 石田えりこや高岡早紀のような美しい妖艶な人妻が…www

 世界にも稀にみる無駄遣いです!
 でも一目見る価値ありそうですね。

 近いうちに行ってみたくなりましたwww

 橋下元市長が、激怒するのも無理ないですね…
 それこそ、伊豆ぐらんぱる公園であった路上プロレスを
 このワンダーランドで地元出身の赤井英和の娘で
 いま輝いている赤井沙希をメインに開催したら面白いかも…














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感