So-net無料ブログ作成

初めての下着! [日記]






 軽いブログです…

 和装で腰巻きのみを巻く習慣だった日本では、
 昭和初期まで女性は下着をつけていませんでした。
 今でこそ、叶姉妹の恭子・美香や神田うのなどが
 ゴージャスで素敵な下着を着用されていますが…

 そこで、問題です…
 日本で最初に下着を履いたのは次のうち誰でしょう?

 1、与謝野晶子
 2、大正天皇の貞明皇后(九条節子)
 3、津田梅子






 答えは3の『津田梅子』。

 津田塾大学を創設した津田梅子は、
 アメリカ留学の際に、ズロース(下着)をはくことを
 当時アメリカ大使であったデロングに勧められたことから
 履くようになったようです。

 そして、昭和初期の白木屋の火事以降、
 有事の際もということで、
 下着が日本女性に定着するようになったとさ…
 めでたしめでたしwww


 与謝野晶子は、 
 女性の欲求や性を題材にした情熱的な作品で有名で
 実生活でも、情熱的で、
 鉄幹とは燃え上がるような不倫で結ばれ、
 12回も妊娠し出産、1人は生後2日後に亡くなるが、
 ほかの子供たちはすくすくと育ち、与謝野家は子沢山でした。


 貞明皇后の特筆すべきことは、
 大正天皇とともに側室制度を排して、
 天皇家の一夫多妻制を打ち切り、
 新しい皇室の姿を作っていったことである。

 いずれも女性の常識を覆したヒロイン?のようですね!
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

xxxxレスが原因…健康障害! [日記]

 
 xxxxレスは日本人にとって重大な問題です!

 どこでも同じようなーと放置していると

 夫婦仲だけでなく健康面にもさまざまな悪影響が及びますよ~

 xxxxレスによる健康被害は、

 問題1 EDになる

 医学情報誌によると、
 レスの男性は週1~2回頑張っている男性よりも
 EDのリスクが2倍にもなるとか……

 ご存知のとおり、
 xxxは筋肉でできているため、
 使わなければどんどん衰えてしまいますよね…

 問題2 前立腺がんにかかりやすくなる

 泌尿器科学会は、
 レスの男性は性生活を楽しんでいる男性よりも
 前立腺がんのリスクが高いとのこと…

 実際、
 レスの男性の部位別患者数のワースト1位にもなっています…

 問題3 見た目が老けこむ

 よく知られているように
 いつも生き生きとしてキレイなママ友の秘密は夜の営みにあり…

 スコットランドの神経心理学者によれば、
 週3回頑張っている人は“見た目年齢が10歳も若返るそう”…


 問題4 風邪やインフルエンザにかかりやすくなる

 週1~2回頑張っている人は、
 レスの人よりも風邪やインフルエンザに対する免疫力が
 30%も高い!

 「寒いからイヤよ!」と拒否していては、
 免疫力が低下して体調を崩しやすくなるのかも…

問題5 ストレスに弱くなる

 xxxx中には、
 気分をよくする効果のある脳内ホルモンが分泌されます…


 仕事でストレスがたまっていると、
 ベッドでその気にもなれない…

 それで夫婦の営みが減ると…

 夜の生活も充実させるように努めましょう!




















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢は体操のおねえさん! [日記]




 

 地域の夏のラジオ体操にくるだけだった1年生が、
 運動会の練習でラジオ体操をマスターしたよって
 教えてくれました…

 昨夏も
 ラジオ体操はしなかったけれど
 頑張って早起きをして
 毎日、眠たそうな顔を見せてくれていましたね…

 幼稚園の時は、
 ただつったっているだけで、
 挨拶も頼りないようでしたよね…

 でも、地域のお年寄りにとっては、
 可愛いこどもがいるのといないのとでは
 生きる気持ちが全然違います。

 こどもがまわりに与えるエネルギーは
 すごいものです…

 そんなこどもが、
 とうとうラジオ体操をマスターしました…

 将来は、武田美保のようなシンクロ…?
     浅田真央のようなフィギュアスケート…?

 夢は、ラジオ体操のおねえさんだそうです…www
 

 地域の会長さんは、
 今年の夏には一緒にラジオ体操をできるのが
 楽しみだと言ってくれていますよ!

 子供の成長は、地域にとっても
 うれしいものですね…

 頑張れ、こどもたち!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日はいずこか~頑張れ自分! [日記]

 何年か前まで、
 仕事の関係で
 遠い北の大地で毎日を
 過ごしていました。

 秋から冬のこの季節は、
 仕事が終われば、
 みんな暖かい家族のもとに帰り、
 寄るところもないわたしは、
 ひとり寂しく夜道を
 とぼとぼと雪道の中、
 帰ったものでした。

 そんな時、
 家の灯りに幸せを感じ、
 涙こらえて、
 ひたすら春を待ち続けていました。

 その時の世界が
 五木ひろしの”千曲川”の2番にありました。

 ~明日はいずこか 浮雲に
 煙たなびく 浅間山
 呼べどはるかに 都は遠く
 秋の風立つ すすきの路よ~

 自分の人生に不安を感じ、
 遠くふるさとを思い、
 自信をなくしていた頃…

 毎日、
 壮大な鳥海山の雪景色に救われていたことを思い出します!

 普段何げに聞いていた歌ですが、
 ふと振り返れば
 それが心に残る歌に変わるのですね…

 そんな意味で、
 最近の歌もいいですが、
 今は、
 知らない古きよき昭和時代の演歌の虜です。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神戸の”松たか子”より北欧のお土産! [日記]





 先日、
 わたしは、神戸の”松たか子”と言っているwww知人からの
 北欧のお土産にムーミンのゲームをいただきました。

 そもそも、ムーミン自体久しぶりに聞くワードだったので、
 一瞬、思い出すのに時間がかかりました…

 そこで、思い出すために学習しましたよ!

 ムーミンとは、
 フィンランドの
 女性作家トーベ・ヤンソン氏(1914~2001)のシリーズ作品 …

 カバに似た妖精のような生き物、
 ムーミントロールを主人公とした作品で
 ムーミン谷で暮らすムーミン一家
 (主人公ムーミントロールとムーミンパパ・ムーミンママ)が
 繰り広げるほのぼのストーリー…

 主人公のムーミントロールは、
 好奇心が旺盛で仲間思い、勇気があるが周りが見えなくなる事も…

 詩情に満ちた内容や水彩画に近い色調に魅力を感じる
 アニメだったと記憶しています…

 なにがともあれ、
 ムーミンといえば、この歌…

 ねえ~ムーミン  こっちむいて  はずかしがらないで  モジモジしないで
 おねんねね  あら  まあ  どうしてけど  でも  わかるけど男の子でしょ
 だからねえ  こっち向いて
  ねえ~ムーミン   あたしに話して  かくしたりしないで  なんでもうちあけて
 おばかさんね  だって  そんな  まさか  ううん  さあいいから  男の子でしょ 
 だからねぇ あたしにはなして

 難しいこと抜きにして この歌!

 これが、ムーミン!

 懐かしいね~

 こんなほっこりする世界になればいいのにね…











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スヌーピーとともに… [日記]

 
 今年の手帳は、使っていますか?

 かわいい手帳なら
 これ…

 スヌーピーのモレスキン手帳 

 見返し部分にもイラストがあり、
 細かい部分にもこだわっていますね…

 毎日のスケジュールを時間単位で細かく管理し、
 仕事もプライベートも充実させる
 高機能なスケジュール帳でもありますよ~

 自己目標なども書き込めるスペースもあります。

 長年ビジネスマンに愛されている手帳で、
 機能面でも女性らしいデザインで間違いありません。

 クリエイティブのプロたちに愛されてきたノートは、
 アイデアもたくさん書き込めます。

 今年の手帳にぴったりの1冊ですね!

 今年は、このかわいいスヌーピーとともに
 大きく飛躍しませんか…

 今からでも間に合いますよ!
 いずれも品薄のためにお早目にね…!














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感