So-net無料ブログ作成

陽の光・月の光 [日記]






 ”おくりびと”で脚光を浴びた
 庄内地方の”ヘーぇ”ていう話しを紹介しますね…!

 庄内平野には、南から赤川、東方から最上川、
 そして、日向川、月光川の4つの川が流れ込んでいます。

 何か気づきませんか?

 鳥海山を水源とする
 2つの川日向(にっこう)川と月光(がっこう)川です!

 ”日光川”の間違いではありませんよ~
 ”げっこうがわ”のまちがいではありませんよ~

 わたしもこの町の表示を見て、漢字読み方とも
 何かまぎらわしいな~と思いました…。

 そして、
 鳥海山を中心に、
 太陽の日と月の光の川が、並行して流れているって
 いろんな意味で何か意味深だと思いませんか…?

 この名前の由来は、
 鳥海山の本尊は薬師如来とされ、
 左の脇侍月光菩薩、右の脇侍日光菩薩と薬師三尊を
 形成していることからきているようです。

 つまり、
 月光川は、月光菩薩に見立てられたもの、
 日向川は、日光菩薩に見立てた川の名です。

 陽の光と月の光
 ふたつの光で病魔を焼き尽くす
 というような意味だそうです。

 で、なぜ”日向”になったのか
 なぜ、”がっこう”なのかはよくわからないのですが…

 神の宿る清らかな水から、
 美味しいお米ができるのも納得です。

 この月光川の河原で
 夜桜の花見をしたのは、夢幻だったのでしょうか…

 遠い昔の懐かしいひとコマが、
 ふと蘇ってきました…
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の義経伝説! [日記]


 

 モンゴル族といえば、
 元横綱朝青龍、現横綱白鵬が有名ですが、
 元をたどれば、チンギス=ハーンですよね!

 13世紀の始め、
 当時争っていたモンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
 最強と恐れられた騎馬軍団を率いた人物です。

 中国北部から中央アジア・イスラム社会、更に東ヨーロッパなどを次々に征服して、
 人類史上最強と恐れられる『モンゴル帝国』を築き上げました。

 1227年にチンギス=ハーンは戦の途中で病でなくなり、
 現在のアルタイ山の南に密かに埋葬されたということです。
 そのため、現在でも、埋葬場所は謎となっています。

 そんな秘密のベールに包まれた人物は、
 日本でも、源義経の生れかわりとしての伝説があります。

 ”源義経の命を先祖代々受け継いたモンゴル族力士が、
 凋落した日本の大相撲人気を呼び戻した…” 
 
 って、夢のようなわたしの勝手な伝説がふと頭をよぎりました…www

 イチローや菊池桃子やエド・はるみのように高い向上心があって、
 五郎丸歩のように人気があって
 田中角栄のような強烈なリーダーシップのある
 そんな日本人を求む…www















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激動の時代! [日記]

 
 祖母は、

 昭和の時代に亡くなって、
 早いもので、35年近くになります。

 祖母が生まれた時代って、
 どんな頃か調べてみました…

 明治後期の生まれで、

 この年には、
 ソニーの創業者井深大、
 オーストリアの指揮者ヘルベルト=フォン=カラヤンが、
 生まれていました。

 逆に
 岩崎弥之助や作家の国木田独歩、
 西太后が亡くなっています。

 時代背景ですが、
 その前後も含めて、
 比較的、大きな動きもなく、
 歴史的には、
 伊藤博文がハルビン駅頭で暗殺された事くらいです。

 これだけを見ると、
 比較的穏やかな幸せな時代だったのかなと
 思いますね…

 一方の亡くなった年には、

 山口百恵の結婚や
 ジョン・レノン射殺などの他、
 ルービック・キューブや
 チョロQ、ソーラー電卓、
 ウォッシュレットなどが
 商品化されています。

 大平首相急死、
 モスクワオリンピック、
 イラン・イラク戦争が起こったのも
 この年です。

 激動の明治大正昭和を生きてきた祖母に
 合掌!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

自転車デビュー! [日記]






 小さい時、
 補助輪を外してはじめて自転車に乗るときに、
 広い公園の片隅で、
 自転車の荷台をお父さんやお母さんに持ってもらって、
 練習しなかったですか?

 子供にとって、補助輪付き自転車からコマを外して
 はじめて一人前ですものね。

 「パパ~後ろで持っててよ、離さないでね?」
 「持ってるから…持ってる。」
 「ほんとに持ってる?離してな~い?」
 「できた~!ひとりで乗ってるよ~!」
 「あっ!ほんとだ~!?やったね!!」
 「あ~~~っ!」
 ガチャン!

 そうそう 
 毎日毎日、何度も何度もコケて、擦り傷作ってやっと乗れた記憶が
 ありませんか?

 いまの子供たちは、
 ランニングバイクや変身バイクで
 30分くらいすると一人前だそうです。

 そのカラクリは、
 自転車に付いている両方の補助輪とペダルを外して、
 しばらくは、両足で走るようにバイクを走らせて遊ばせます。
 そうこしているうちに、自然に平衡感覚が養えてきます。
 そこで、
 今度は、普通の自転車に乗りたくなってきます。
 この時に
 元のように、
 コマなし自転車にペダルを取り付ければ
 すでに平衡感覚が養えられているので
 即座に乗れるといった流れです。

 つまりは、
 ペダルを外して練習をすれば、
 わたしたちも短時間で、
 しかも、
 怪我などなく上達できたのですね。

 技術もそうですが、
 こんなところにも知恵働かせれば、
 まだまだ
 簡単に改善できるものがたくさんあるのですね!






















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

乙女の下半身…一大事! [日記]





 軽いブログを…

 日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?
 最近では女子用の「ふんどし」も流行っていますね。
 ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、
 女性の下着としても良いということが浸透してきたのでしょう。
 プレゼントとしても喜ばれるようです。
 それにしても日本の女性は
 いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 

 今回は、そんなエピソードです。

 着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
 明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、
 ひとつだけ、なかなか定着しないものがありました。

 それは……「下着」です。

 江戸時代まで、
 男性は下着としてふんどしを着けていました。
 女性はというと、下着ははいていませんでした。
 腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず…
 それが当たり前だったのです。

 明治に入っても、
 西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
 体を締め付けるし、
 今までどおり何もつけないほうが快適だったのでしょうか…

 ですが、あるとき、
 日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

 それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」!

 かつて東京市の日本橋にあった
 日本橋白木屋百貨店……
 現在の東急日本橋店で、
 歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

 逃げ惑う従業員やお客たち……
 その中には、若い女性たちも…
 ロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、
 風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
 それを必死に片手で抑えているうち、
 片方だけでは体重を支えきれなくなり、
 多数の女性が地上に転落してしまいました。
 下着をはいていないため、
 着物がめくれる羞恥心から転落した女性…
 このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

 有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
 そんな教訓が、
 この火災をきっかけに叫ばれ、
 その後、日本女性に定着するようになったのだそうです。

 意外な事件から広まった西洋風の下着…
 どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

 現在は、叶姉妹の恭子・美香をはじめとして、
 一般の女性にも見せる下着が流行りですが…















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妖艶なスポット! [日記]

 阪神高速道路4号湾岸線を通って神戸に行く際に、
 北方向を見ると、
 大阪北港の舞洲此花大橋を渡りきったあたりかな…
 てっぺんに金色の不思議な塔を
 「ユニバーサルスタジオジャパン」だと誤解していましたwww

 最近になって、
 運転中にしか見れないので超減速しながら、
 「USJ」をよーく見るとどうもずれているような気が…

 それは、今年になって、違うと確信しました。

 じゃ~、
 このあたりに新しいテーマパークが出来たのかな?

 こんなに異彩を放つほど目立つのに地図を見てもよくわからないのは、
 なぜかすごく不思議に思っていました。

 先日、水上警察署勤務の知人に聞いて、
 徐々にその正体が見えてきました。

 結論は、
 「USJ」の向こうな見える変な建物群はゴミ焼却場でした。
 舞洲スラッジセンターというゴミ処理&汚泥処理施設で、
 大阪市環境事業局舞洲工場です。

 大阪市内には何ヶ所か焼却炉がありますが、
 焼却炉から煙の出ない煙突で、
 この焼却炉で発生する熱や蒸気、電気を周辺に供給しているそうです。

 大阪市に住んでいる人が、
 お世話になっている建物なんだ…

 それで、誰が作ったんだということですが、
 安藤忠雄?
 違いました…
 やっぱり外国人建築家のデザインでした。
 彼は、完成を見ることなく他界されたようです。

 内部は、見学もでき、
 ちょっとしたワンダーランドになっているようですよ。

 外国人から見れば、夜になれば、ネオン街…ラブホテル街…
 場違いな怪しいエリア…
 石田えりこや高岡早紀のような美しい妖艶な人妻が…www

 世界にも稀にみる無駄遣いです!
 でも一目見る価値ありそうですね。

 近いうちに行ってみたくなりましたwww

 橋下元市長が、激怒するのも無理ないですね…
 それこそ、伊豆ぐらんぱる公園であった路上プロレスを
 このワンダーランドで地元出身の赤井英和の娘で
 いま輝いている赤井沙希をメインに開催したら面白いかも…














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人気沸騰…”NIKE"のランニングウォッチ! [日記]

 
 いま、いろんなシーンでNIKEは大活躍ですね!

 そんなNIKEブランドの中でも
 カジュアルで最新の計測機能がついたNIKEの時計…

 特に人気なのがランニングウォッチですね!

 自分の健康は自分からという風潮のご時世に
 ピッタリな時計がNIKEにはあります。

 シャープなデザインでカッコいい…
 オシャレで普段でも使える

 そんな”Nike+ SportWatch GPS“を
 NIKEはあなたに届けてくれます!






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危機管理の備え! [日記]

 昨年も、 台風が
東北・北海道に猛威をふるいました。

 ふと…
 地震対策はよく報道特集などされているけれど、
 じゃ~、台風対策って何かしてる?
 と気になりました。

 戦前の日本って、
 今と正反対で地震対策より被害甚大だった台風対策が主流で、
 特に大きな台風の前には、
 雨戸がない家は窓が割れないように
 板をX字に釘で打ち付けていました。

 その仕組みは、
 X状の板を打ち付けることにより、
 風が板の内側に巻き込み、
 風力が分散されることにより
 風の被害を軽減させるという発想だったようです。

 その後、こういった対策がなくなったのは、
 シャッター付きの雨戸ができたことにより、
 甚大な被害が減少して、危機管理が薄れていったからでしょうか。

 台風の通り道である沖縄などでは、
 台風の被害が今でも甚大なので、参考になる対策もいろいろあります。

 そんなこんなで、地震のみならず異常気象が続いている昨今のことも踏まえて、
 まず、台風対策といえば、
 今も昔も窓ガラスへの対策がポイントでしょう。

 自分の命は自分で守るということで…

 第一は、
 シャッターをおろすこと。

 第二は、
 窓ガラス飛散を最小限にとどめるための対策としての
 飛散防止フィルムです。

 ちなみに、
 おウチにはアイRオオヤマの飛散防止フィルムを貼っています。

 台風のみならず、食器棚などに地震対策としても活用している優れものです。

 それから、
 急な地震・強風なども考慮に入れて、
 家の周りには、
 転倒しやすいもの・軽いものは置かないことかな…
 常に整理整頓を心がけていれば、問題ないですね。

 あとは、海や川に近寄らないのも鉄則ですね。
 
 他にもいくつか軽微な対策がありますが、
 いずれにしても、
 地震対策と兼ねて、併用対策を行なうとベストだと思います。

 ようは、自然を甘く見ないという心がけが、一番の大きな対策でしょう。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビールの季節! [日記]

 夏は、ビールが美味しくなる季節ですね。

 冬は冬で飲むビールも美味しいですが、

 やっぱりキンキンに冷えたビールを真夏にグビグビ飲むのは最高~www

 そんな中、わたしのこだわりビールのひとつである麒麟ビールを飲む際の
 秘密を紹介しますwww

 このビール…
 味だけでなく、ロゴマークのデザインや色合いにも美味しさを感じます。
 で、美味しさの秘密でもあるロゴマークですが…

 このロゴマーク内の気になる獣は、中国の神話に登場する想像上の獣です。
 体は 「 鹿 」 、尾は 「 牛 」 、ひづめは 「 馬 」 、額は 「 狼 」 。

 頭に肉に包まれた一本の角があり、体の毛は黄色、背には五彩の毛があります。

 その麒麟をじーっとよく見てください…

 細かい文字で「キリン」と書かれていませんか…?

  本当に書かれているのに「目の錯覚だろ!!」という人もいますが…

 しかし、本当に書かれているのですよ…

 わたしは、そこに書かれている細かい文字…
 その3文字を探しながらいつも楽しく飲んでいます…

 その後、わたしが酔っていうかどうかの判断材料もここにあります…

 それと、もうひとつ…
 老眼になれば、見えないようなので
 目の検査がわりでもあるわけです…

 こうやって飲んでみると面白く、
 昨年のNHK杯を世界最高得点で制覇し、
 史上初の3連覇のかかるバルセロナで
 106・33点の世界最高得点を4・62点更新する
 110・95点をマークし
 首位発進した羽生結弦のSPには
 酔もありうっとりですwww


 今年は、
 妖艶な浅田真央復活劇を夢見ながら
 美味しくビールをいただきたいものですねwww

 












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感