So-net無料ブログ作成
検索選択

あいだみつおの”本気” [日記]

  ”本気”

 なんでもいいからさ

 本気でやってごらん

 本気でやれば

 楽しいから

 本気でやれば

 つかれないから

 つかれても

 つかれが

 さわやかだから



 最近、すべてがうまくゆかずに人生停滞気味!

 この言葉にヒントをいただきました。

 そう
 
 忘れていた本気!一所懸命!を思い出しました!

 さらに一笑懸命の心がけも…

 相田みつおさんの言葉にはいつも癒されますね…












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フランダースの犬! [日記]

>



 先日、ホームセンターのワンワンランドで、
 セントバーナードを見ました!

 セントバーナードといえば、
 フランダースの犬ですね…

 その中でラストシーンが…

 「パトラッシュ・・・疲れただろう・・・僕も疲れたんだ・・・
 なんだかとても眠たいんだ・・・パトラッシュ・・・」

 思いだしただけでもウルウル…
 誰もがその悲しい結末に心を打たれたことと思います。

 原作は、イギリスの作家ウィーダが1872年に書いたもので、
 日本語版は1908年に初めて出版されました。

 今回初めて知ったのですが、
 パトラッシュはセントバーナードのような容姿ですが、
 実際には、ブービエ・デ・フランダースという犬種だそうです。

 硬くて黒い毛をしたの大きな牧畜犬です。

 その犬をアニメーション化する際に、
 白と茶色の可愛らしい容姿の犬になったそうです。

 ちなみに、
 セントバーナードは耳が立っていませんが、
 フランダースの犬では耳が立っているようです。

 パトラッシュは
 「セントバーナードや日本犬をアイデアにして作られたオリジナル犬」

 わたしは、
 今の今までずっとセントバーナードだと思い込んでいましたwww















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美容効果抜群…トップモデル愛用のダイエット法! [日記]



 


 ただいま、大人気の
 “ナッツの蜂蜜漬け “を紹介します。

 トップモデルも愛用する美容と健康の新しい常識…!

 今、美意識の高い女性のあいだでひそかにブームとなっていて
 美食女子を中心に、人気沸騰!

 これが、“ナッツの蜂蜜漬け”!

 甘すぎないハチミツがぎっしりつまっていて
 美容や健康に良い効果をもたらしてくれる“ナッツの蜂蜜漬け”は、
 美肌・美容効果が高いことで知られるナッツとはちみつが絶妙に絡み合い、
 なんとも言えないおいしさと評判なんです。

 なんとトップモデルの間では間食代わりとして食べられています…

 トーストやパンケーキ、ヨーグルトなどと一緒にどうぞ!






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激動の時代! [日記]

 
 祖母は、

 昭和の時代に亡くなって、
 早いもので、35年近くになります。

 祖母が生まれた時代って、
 どんな頃か調べてみました…

 明治後期の生まれで、

 この年には、
 ソニーの創業者井深大、
 オーストリアの指揮者ヘルベルト=フォン=カラヤンが、
 生まれていました。

 逆に
 岩崎弥之助や作家の国木田独歩、
 西太后が亡くなっています。

 時代背景ですが、
 その前後も含めて、
 比較的、大きな動きもなく、
 歴史的には、
 伊藤博文がハルビン駅頭で暗殺された事くらいです。

 これだけを見ると、
 比較的穏やかな幸せな時代だったのかなと
 思いますね…

 一方の亡くなった年には、

 山口百恵の結婚や
 ジョン・レノン射殺などの他、
 ルービック・キューブや
 チョロQ、ソーラー電卓、
 ウォッシュレットなどが
 商品化されています。

 大平首相急死、
 モスクワオリンピック、
 イラン・イラク戦争が起こったのも
 この年です。

 激動の明治大正昭和を生きてきた祖母に
 合掌!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シルクのような透き通ったお肌を… [日記]




 
 ただいま大人気の
 “ローラメルシエ プレストセッティングパウダー “を紹介します!

 この商品のポイントは、
 薄づきなので化粧直しにピッタリだということです!

 シルクのようななめらかさで、
 長時間持続させる多機能なインヴィジブルパウダーで、
 1日何回使っても透明感をキープでき、
 肌に余計な色がつきません…

 メイクを自然に美しく仕上げ、
 テカリも抑え、
 メイクのもちもよくするプレスとパウダー。

 持ち運びもしやすく、
 お化粧直しがいつでも簡単にでき、
 ひと塗りで瞬時に美しく、
 気になる皮脂・テカリの目立ちを防ぎ、
 しなやかマット肌に仕上げてくれるプレストパウダー!

 使う前よりも
 肌が明るくなるよう感じがして、もちがよいという実感です!

 今、注目されている人気の高い定番アイテム…
 現在、予約沸騰となっています。

 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

明日はいずこか~頑張れ自分! [日記]

 何年か前まで、
 仕事の関係で
 遠い北の大地で毎日を
 過ごしていました。

 秋から冬のこの季節は、
 仕事が終われば、
 みんな暖かい家族のもとに帰り、
 寄るところもないわたしは、
 ひとり寂しく夜道を
 とぼとぼと雪道の中、
 帰ったものでした。

 そんな時、
 家の灯りに幸せを感じ、
 涙こらえて、
 ひたすら春を待ち続けていました。

 その時の世界が
 五木ひろしの”千曲川”の2番にありました。

 ~明日はいずこか 浮雲に
 煙たなびく 浅間山
 呼べどはるかに 都は遠く
 秋の風立つ すすきの路よ~

 自分の人生に不安を感じ、
 遠くふるさとを思い、
 自信をなくしていた頃…

 毎日、
 壮大な鳥海山の雪景色に救われていたことを思い出します!

 普段何げに聞いていた歌ですが、
 ふと振り返れば
 それが心に残る歌に変わるのですね…

 そんな意味で、
 最近の歌もいいですが、
 今は、
 知らない古きよき昭和時代の演歌の虜です。







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夢の義経伝説! [日記]


 

 モンゴル族といえば、
 元横綱朝青龍、現横綱白鵬が有名ですが、
 元をたどれば、チンギス=ハーンですよね!

 13世紀の始め、
 当時争っていたモンゴルの遊牧民族を一代で統一し、
 最強と恐れられた騎馬軍団を率いた人物です。

 中国北部から中央アジア・イスラム社会、更に東ヨーロッパなどを次々に征服して、
 人類史上最強と恐れられる『モンゴル帝国』を築き上げました。

 1227年にチンギス=ハーンは戦の途中で病でなくなり、
 現在のアルタイ山の南に密かに埋葬されたということです。
 そのため、現在でも、埋葬場所は謎となっています。

 そんな秘密のベールに包まれた人物は、
 日本でも、源義経の生れかわりとしての伝説があります。

 ”源義経の命を先祖代々受け継いたモンゴル族力士が、
 凋落した日本の大相撲人気を呼び戻した…” 
 
 って、夢のようなわたしの勝手な伝説がふと頭をよぎりました…www

 イチローや菊池桃子やエド・はるみのように高い向上心があって、
 五郎丸歩のように人気があって
 田中角栄のような強烈なリーダーシップのある
 そんな日本人を求む…www















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

陽の光・月の光 [日記]






 ”おくりびと”で脚光を浴びた
 庄内地方の”ヘーぇ”ていう話しを紹介しますね…!

 庄内平野には、南から赤川、東方から最上川、
 そして、日向川、月光川の4つの川が流れ込んでいます。

 何か気づきませんか?

 鳥海山を水源とする
 2つの川日向(にっこう)川と月光(がっこう)川です!

 ”日光川”の間違いではありませんよ~
 ”げっこうがわ”のまちがいではありませんよ~

 わたしもこの町の表示を見て、漢字読み方とも
 何かまぎらわしいな~と思いました…。

 そして、
 鳥海山を中心に、
 太陽の日と月の光の川が、並行して流れているって
 いろんな意味で何か意味深だと思いませんか…?

 この名前の由来は、
 鳥海山の本尊は薬師如来とされ、
 左の脇侍月光菩薩、右の脇侍日光菩薩と薬師三尊を
 形成していることからきているようです。

 つまり、
 月光川は、月光菩薩に見立てられたもの、
 日向川は、日光菩薩に見立てた川の名です。

 陽の光と月の光
 ふたつの光で病魔を焼き尽くす
 というような意味だそうです。

 で、なぜ”日向”になったのか
 なぜ、”がっこう”なのかはよくわからないのですが…

 神の宿る清らかな水から、
 美味しいお米ができるのも納得です。

 この月光川の河原で
 夜桜の花見をしたのは、夢幻だったのでしょうか…

 遠い昔の懐かしいひとコマが、
 ふと蘇ってきました…
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

妖艶なスポット! [日記]

 阪神高速道路4号湾岸線を通って神戸に行く際に、
 北方向を見ると、
 大阪北港の舞洲此花大橋を渡りきったあたりかな…
 てっぺんに金色の不思議な塔を
 「ユニバーサルスタジオジャパン」だと誤解していましたwww

 最近になって、
 運転中にしか見れないので超減速しながら、
 「USJ」をよーく見るとどうもずれているような気が…

 それは、今年になって、違うと確信しました。

 じゃ~、
 このあたりに新しいテーマパークが出来たのかな?

 こんなに異彩を放つほど目立つのに地図を見てもよくわからないのは、
 なぜかすごく不思議に思っていました。

 先日、水上警察署勤務の知人に聞いて、
 徐々にその正体が見えてきました。

 結論は、
 「USJ」の向こうな見える変な建物群はゴミ焼却場でした。
 舞洲スラッジセンターというゴミ処理&汚泥処理施設で、
 大阪市環境事業局舞洲工場です。

 大阪市内には何ヶ所か焼却炉がありますが、
 焼却炉から煙の出ない煙突で、
 この焼却炉で発生する熱や蒸気、電気を周辺に供給しているそうです。

 大阪市に住んでいる人が、
 お世話になっている建物なんだ…

 それで、誰が作ったんだということですが、
 安藤忠雄?
 違いました…
 やっぱり外国人建築家のデザインでした。
 彼は、完成を見ることなく他界されたようです。

 内部は、見学もでき、
 ちょっとしたワンダーランドになっているようですよ。

 外国人から見れば、夜になれば、ネオン街…ラブホテル街…
 場違いな怪しいエリア…
 石田えりこや高岡早紀のような美しい妖艶な人妻が…www

 世界にも稀にみる無駄遣いです!
 でも一目見る価値ありそうですね。

 近いうちに行ってみたくなりましたwww

 橋下元市長が、激怒するのも無理ないですね…
 それこそ、伊豆ぐらんぱる公園であった路上プロレスを
 このワンダーランドで地元出身の赤井英和の娘で
 いま輝いている赤井沙希をメインに開催したら面白いかも…














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

危険な歯磨き粉の成分! [日記]

 普段何気なく使っている歯磨き粉ですが
 市販の歯磨き粉の中には
 体にかなり危険な成分がありますね…

 何も知らずにこのまま歯磨きをしていると
 病気になる危険性もあります。

 知人がいつも持ち歩いている
 使用中の大手L社とK社の歯磨き粉の
 裏面の成分表を見ました。

 問題なラウリル硫酸Na(ナトリウム)と
 表示がありました。

 ラウリル硫酸Naは
 合成界面活性剤のひとつで
 主に
 泡立ちを良くするために歯磨き粉だけではなく
 シャンプーなどにも使われていますよね…

 泡立ちが良いと歯を磨いた気分になりますが
 実はこのラウリル硫酸Naは危険な成分です。

 実際にアメリカや欧米の一部では
 ラウリル硫酸Naを禁止しています。

 近年、
 増える若年性白内障として
 歯磨き粉に含まれるラウリル硫酸などが
 原因のひとつではないかとも疑われているようです。

 また
 最近の若い人に味覚障害が多いのも
 ラウリル硫酸Naなどの合成界面活性剤が
 舌の表面の味細胞を溶かして破壊しているのが
 原因だと言われています。

 他の危険な成分として、

  プロピレングリコール・・・発がん促進作用
  サッカリンナトリウム・・・発がん性
  水酸化アルミニウム・・・アルツハイマー、味覚障害など
  フッ素・・・発がん性 等があります。

 フッ素は「微量であれば問題にない」という専門家もいれば
 「微量でも体に悪い」と言う専門家もいますが、
 大量にとればフッ素は体に悪いのは事実です。

 知人の家の歯磨き粉ですが…
 堂々と、
 サッカリンナトリウムとフッ素が表示されていました。

 大手のスポンサーなどの影響もあって、
 歯磨き粉が危険という情報は
 あまりテレビではしません。

 歯磨き粉に含まれる体に悪いと言われる成分は
 微量なのでそれほど人体に影響はないかもしれません。

 ですが、
 海外で、
 許可すら認められていない発がん等が疑われている成分を
 大手メーカーが堂々と製造、販売している事実…

 歯磨き粉のみならず、
 これらを天秤にかけて使用することが望ましいか
 判断してから使用することが重要ですね。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感