So-net無料ブログ作成
検索選択

乙女の下半身…一大事! [日記]





 軽いブログを…

 日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?
 最近では女子用の「ふんどし」も流行っていますね。
 ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、
 女性の下着としても良いということが浸透してきたのでしょう。
 プレゼントとしても喜ばれるようです。
 それにしても日本の女性は
 いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 

 今回は、そんなエピソードです。

 着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
 明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、
 ひとつだけ、なかなか定着しないものがありました。

 それは……「下着」です。

 江戸時代まで、
 男性は下着としてふんどしを着けていました。
 女性はというと、下着ははいていませんでした。
 腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず…
 それが当たり前だったのです。

 明治に入っても、
 西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
 体を締め付けるし、
 今までどおり何もつけないほうが快適だったのでしょうか…

 ですが、あるとき、
 日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

 それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」!

 かつて東京市の日本橋にあった
 日本橋白木屋百貨店……
 現在の東急日本橋店で、
 歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

 逃げ惑う従業員やお客たち……
 その中には、若い女性たちも…
 ロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、
 風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
 それを必死に片手で抑えているうち、
 片方だけでは体重を支えきれなくなり、
 多数の女性が地上に転落してしまいました。
 下着をはいていないため、
 着物がめくれる羞恥心から転落した女性…
 このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

 有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
 そんな教訓が、
 この火災をきっかけに叫ばれ、
 その後、日本女性に定着するようになったのだそうです。

 意外な事件から広まった西洋風の下着…
 どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

 現在は、叶姉妹の恭子・美香をはじめとして、
 一般の女性にも見せる下着が流行りですが…















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魅惑の”ティファニー” [日記]

 
 女性の憧れ…魅力のティファニー~

 重なる2つのリングで、
 新年早々カップルに大人気のペンダント
  “ティファニー1837 インターロッキング サークル ペンダント“の
 紹介です。

 ティファニーブランドは、
 誕生日やバレンタインデーなど、
 大切な記念日にプレゼントされたいと願う女性憧れブランドのひとつ…

 そんなティファニーの商品の中でも
 今年も注目度の高い人気商品が、このペンダント!

 リングが重なり合ったデザインがかわいく、
 自分用としても
 カップルとしてもオシャレな時代の最先端を走る女性たちに
 重宝されているアイテムです。

 カジュアル的にも、
 落ち着いた装いにも、
 シーンを問わずに使えるデザインが魅力ですね。

 ユニセックスなデザインで
 男女老若男女問わず身につけられること、
 またスタンダードなデザインということで、
 人気に火が付いたオススメのペンダントです。

 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…




















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

築40年の… [日記]

 
 阪神淡路大震災も経験して、
 築40年近くになろうかという老夫婦の家に
 大きな異変が起きました…

 その最初の異変は、トイレからでした…

 ここ1ケ月の間に2回もトイレが詰まって修理するも
 難なく直るの繰り返し…

 さすがに3回目となると、水道業者さんもトイレ本体ではなく、
 配管を疑いはじめました…

 何年か前から、水道料金が上がるなど、
 それらしき兆候も見られたようですが、
 すっかり忘れ去られていたようです…

 案の定、原因はパイプの配管にありました。

 しかし、大元の原因は、なんと木の根っこでした。

 この木は、植樹当初2mくらいだったのが、
 今では5mを越えて、2階の窓に当たらんばかりに
 成長しています。

 太い幹から想像しても、
 かなり大きな根っこに成長していることがうかがえます…

 また、家の基礎から1mくらいしか離れていないこともあり、
 基礎への影響も心配されます…

 ちなみに、隣接したお隣さんは、主のいない無人のお宅です。
 ここの家にも太い幹の木が何本かあります。

 それらの木の根っこも日当たりの良いこちらの家の方に
 伸びてきていることが容易に想像できます…

 とりあえず、水道業者において穴を塞ぐ応急処置を施したものの
 大元の木の処理が急務です…

 この場に及んで、
 ここの老夫婦は、木の伐採を拒んでいます…

 田中れいな似の娘さんも、連絡できずで…

 木の伐採が済めば、
 他の水道配管の調査も急がなければなりません…

 この一大事に、白羽の矢が
 ボランティアの土木経験者であるわたしに…

 ということで、緊急の出番(落札…www)を要請されました…

 奈良ドリームランド跡地もいい条件で
 SKハウジングに落札のようです…

 まずは、休日返上で伐採の説得からです…

 この先、どうなることやら…











nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激動の時代! [日記]

 
 祖母は、

 昭和の時代に亡くなって、
 早いもので、35年近くになります。

 祖母が生まれた時代って、
 どんな頃か調べてみました…

 明治後期の生まれで、

 この年には、
 ソニーの創業者井深大、
 オーストリアの指揮者ヘルベルト=フォン=カラヤンが、
 生まれていました。

 逆に
 岩崎弥之助や作家の国木田独歩、
 西太后が亡くなっています。

 時代背景ですが、
 その前後も含めて、
 比較的、大きな動きもなく、
 歴史的には、
 伊藤博文がハルビン駅頭で暗殺された事くらいです。

 これだけを見ると、
 比較的穏やかな幸せな時代だったのかなと
 思いますね…

 一方の亡くなった年には、

 山口百恵の結婚や
 ジョン・レノン射殺などの他、
 ルービック・キューブや
 チョロQ、ソーラー電卓、
 ウォッシュレットなどが
 商品化されています。

 大平首相急死、
 モスクワオリンピック、
 イラン・イラク戦争が起こったのも
 この年です。

 激動の明治大正昭和を生きてきた祖母に
 合掌!




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆかいなサザエさん…磯野家! [日記]





 昔、「サザエさん」をよく見ていました。

 最近になって、また見る機会が増え、
 今まで間違った見方をしていた自分に気づきました。
 個人的には、毎週の各地の観光名所巡りを
 楽しみにしています。

 びっくり 1 
 え~っ 波平さんって54歳?
 え~っ フネさんって52歳?
 ふたりとも、老けすぎ~

 でもって、サザエさんとカツオ・ワカメは、姉弟妹だって~?
 じゃ~フネさんは、かなりの高齢出産ってこと…

 ということは、カツオとワカメは、
 波平さんとフネさんの孫ではなくて子供だったんだ。
 ふ~ん

 びっくり 2

 サザエさんの子供が、カツオ・ワカメ・タラちゃんではなくて、
 タラちゃんは、一人っ子だったんだ~
 へえ~っ
 家族構成には、まだまだ隠れた秘密があるそうです。

 びっくり 3

 学歴となると

 波平さんは、     京都大学卒
 フネさんは、     日本女子大学卒
 マスオさんは、2浪して早稲田大学商学部
 フ~ン、なるほど~
 サザエさんは、    アワビ女子学園 
       何ですか、それ…?
       アワビですか・・・アッハッハ~
       サザエさんの学校だけ偏差値がとても低そうです…        
       京大と本女の子なのに超頭悪そ~う
       ということは、遺伝的に見て、
       カツオとワカメもよく似た学力かな…

 ちなみにノリスケさんは、東京大学法学部だそうです。

 びっくり 4

 サザエさんの職歴は、
 元探偵・雑誌者・メイド・選挙カーのウグイス嬢だったようです。
 フン…フン… テレビそのままの活発な人ですね。

 現在は、
 不定期で、サザエさんたちが住む
 あさひが丘一のお金持ち・湯水金造さんの家に
 パートに出ているようです。

 でもって、
 夫のマスオさんは、28歳で元軍人?
 よくわからない~

 びっくり 5

 博多から、波平さんの転勤で東京に…
 ということは、波平さんは、
 江戸っ子ではなかったんだ…
 
 びっくり 6

 オープニングのあいさつの変遷

  初代「わたくし、サザエでございます」
 2代目「サザエでございま~す!」
 3代目「サザエでございます」
 4代目「こんにちは! お元気?」
 5代目「サザエでございます」
 6代目「サザエでございま~す!」(現在)

 いろいろありますね~

 ちなみに
 家の間取りとともに住所もあるそうですよ…

 こうやってみると、おもしろ~い…

 けれど、
 作者長谷川町子さんが亡くなって随分経ちますが、
 家は、黒固定電話で携帯なんかも出てこない。
 テレビは、ブラウン管でリモコンがないし、
 女子高生がむかしの女学生のようなテイスト…
 声優さんも高齢化…

 先日25日にも
 中島くん役の白川澄子さん(2015年80歳)が
 お亡くなりになったとのこと…

 最近でも
 カツオ役の高橋和枝さん(1999年70歳)
 ノリスケ役の荒川太朗さん(2012年56歳)
 波平役の永井一郎さん(2014年82歳)が…

 この構成でいつまで続くのでしょうか?

 何かそんなこと考えてたら
 最終回で「またお会いしましょう。」と言っている
 サザエさんの姿と声が浮かんできました。

 そんなサザエさんですが、まだまだ楽しいし、
 続きますよね…www










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北の大地の美しいメロディー~ [日記]

 
 この間、
 FM放送で、
 「虹と空のバラード」という美しいメロディーが
 流れていました。

 なぜか胸に響く、夢のある歌に聞こえたので、
 気になって、
 調べてみました。

 この曲は、
 日本の高度成長の仕上げともいわれる
 国家事業であった札幌冬季オリンピックの
 「テーマ曲」でした。

 これを機に
 北の大地札幌に美しい街ができたそうです。

 本当に
 美しい旋律と、美しいロマンティックな歌詞なので
 感動しました。

 ~虹の地平を歩み出て
 影たちが近づく 手をとりあって
 町ができる 美しい町が ~

 日本中が、
 心から盛り上がっていたことを感じさせる
 素敵な歌詞に聞こえました。

 ちなみに
 オリンピックにおいても
 スキーのジャンプで、
 日本人が
 金・銀・銅を独占するなど
 夢と希望と感動を
 与えた素晴らしい大会だったんですね~

 本当に
 いい時代だったんですねwww

 それに比べて…www














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

話題沸騰…石原さとみのベストチョイス! [日記]

 
 売り切れ続出…

 ドラマでも着用された人気腕時計
 昨年、流行った“ダニエルウェリントン“の
 商品の紹介です。

 この商品は、
 そもそも”私に恋したお坊さん~”の中で
 石原さとみが直接使っていたことで、
 一気に話題沸騰になりました。

 石原さとみといえば、
 過去に、米映画サイト・TC Candler からの
 毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」2015年版では、
 日本人トップとなる19位にも選出されました。

 2014年の25位よりランクアップし、
 3度目の選出になり、
 自己最高位を獲得しています。

 ちなみに、日本人は、
 桐谷美玲が31位に、
 74位にAKB48の島崎遥香、
 84位に佐々木希がランクインしています。

 話しは戻って、
 ユニセックスなデザインで
 男女老若男女問わず身につけられること、
 またスタンダードなデザインということで、
 人気に火が付いたオススメの腕時計です。

 在庫わずかの
 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海の向こうの救急搬送! [日記]





 先日、
 ある新聞で
 救急車の搬送の特集が
 掲載されていました。

 その中で、
 救急車搬送の有料制について
 いろいろと議論されていましたが、
 ふと、
 諸外国のシステムはどうなっているのかなと
 気になりました。
 海外旅行の際も気になりますものね…

 調べてみましたよ~

 アメリカの場合は、
 州によってバラバラですが、
 搬送されるだけだとおおよそベンジャミン・フランクリン800ドル
 (約9万円)あたりが基本線みたいです。

 福沢諭吉日本円10万程度は覚悟しておかないとダメということですね。

 ただし、
 この救急車の費用は、
 入っている保険の内容によっては
 保険会社負担の場合もあるようです。

 一方、おかしな話しもありました。
 救急車特約の保険を契約している人が、
 救急車を利用する場合、
 事前に保険会社に連絡を頂かないと
 特約が適応されないことだそうです。
 急を要する人がどうやって連絡できるのでしょうかねwww

 お隣の中国の場合はというと
 救急車は有料(わりと高額)で、
 呼んだ人が料金を支払うシステムなのだそうです。

 なので、
 偶然まわりに居合わせた善意の人は
 110番(無料)で対処するそう です。

 一方で、
 意識があるなら
 タクシーに乗って病院に行った方が早くて安い。
 なぜかというと
 日本と違って、
 一般車両は救急車を譲ってくれないからです。

 ちなみに
 夜間救急車を呼んだら
 なかなかこない上に
 毛沢東の500元請求された例も記載されていました。

 いずれも
 海の向こうの国の救急車搬送は
 高額であるということです。

 日本の場合は、
 すべて税金でまかなわれていますが、
 財政難なのに
 どうして救急車が無料なのか
 不思議に思いますよね。

 ちなみに、
 日本では、
 いろんな話が出ていますが、
 平均すると
 一回の出動に約5万円くらいのようです。

 それらを踏まえて、
 有料制においては、
 賛否両論ありますが、
 まずは、
 モラルを遵守させる法律が
 必要なのかなと思います。









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

あいだみつおの”本気” [日記]

  ”本気”

 なんでもいいからさ

 本気でやってごらん

 本気でやれば

 楽しいから

 本気でやれば

 つかれないから

 つかれても

 つかれが

 さわやかだから



 最近、すべてがうまくゆかずに人生停滞気味!

 この言葉にヒントをいただきました。

 そう
 
 忘れていた本気!一所懸命!を思い出しました!

 さらに一笑懸命の心がけも…

 相田みつおさんの言葉にはいつも癒されますね…












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての下着! [日記]






 軽いブログです…

 和装で腰巻きのみを巻く習慣だった日本では、
 昭和初期まで女性は下着をつけていませんでした。
 今でこそ、叶姉妹の恭子・美香や神田うのなどが
 ゴージャスで素敵な下着を着用されていますが…

 そこで、問題です…
 日本で最初に下着を履いたのは次のうち誰でしょう?

 1、与謝野晶子
 2、大正天皇の貞明皇后(九条節子)
 3、津田梅子






 答えは3の『津田梅子』。

 津田塾大学を創設した津田梅子は、
 アメリカ留学の際に、ズロース(下着)をはくことを
 当時アメリカ大使であったデロングに勧められたことから
 履くようになったようです。

 そして、昭和初期の白木屋の火事以降、
 有事の際もということで、
 下着が日本女性に定着するようになったとさ…
 めでたしめでたしwww


 与謝野晶子は、 
 女性の欲求や性を題材にした情熱的な作品で有名で
 実生活でも、情熱的で、
 鉄幹とは燃え上がるような不倫で結ばれ、
 12回も妊娠し出産、1人は生後2日後に亡くなるが、
 ほかの子供たちはすくすくと育ち、与謝野家は子沢山でした。


 貞明皇后の特筆すべきことは、
 大正天皇とともに側室制度を排して、
 天皇家の一夫多妻制を打ち切り、
 新しい皇室の姿を作っていったことである。

 いずれも女性の常識を覆したヒロイン?のようですね!
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感