So-net無料ブログ作成

乙女の下半身…一大事! [日記]





 軽いブログを…

 日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?
 最近では女子用の「ふんどし」も流行っていますね。
 ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、
 女性の下着としても良いということが浸透してきたのでしょう。
 プレゼントとしても喜ばれるようです。
 それにしても日本の女性は
 いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 

 今回は、そんなエピソードです。

 着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
 明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、
 ひとつだけ、なかなか定着しないものがありました。

 それは……「下着」です。

 江戸時代まで、
 男性は下着としてふんどしを着けていました。
 女性はというと、下着ははいていませんでした。
 腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず…
 それが当たり前だったのです。

 明治に入っても、
 西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
 体を締め付けるし、
 今までどおり何もつけないほうが快適だったのでしょうか…

 ですが、あるとき、
 日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

 それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」!

 かつて東京市の日本橋にあった
 日本橋白木屋百貨店……
 現在の東急日本橋店で、
 歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

 逃げ惑う従業員やお客たち……
 その中には、若い女性たちも…
 ロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、
 風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
 それを必死に片手で抑えているうち、
 片方だけでは体重を支えきれなくなり、
 多数の女性が地上に転落してしまいました。
 下着をはいていないため、
 着物がめくれる羞恥心から転落した女性…
 このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

 有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
 そんな教訓が、
 この火災をきっかけに叫ばれ、
 その後、日本女性に定着するようになったのだそうです。

 意外な事件から広まった西洋風の下着…
 どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

 現在は、叶姉妹の恭子・美香をはじめとして、
 一般の女性にも見せる下着が流行りですが…















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワシントンって… [日記]



 

 Bさん:アメリカの首都はどこだっけ?

 Aさん:ワシントンDC…
     詳しくは、
     ワシントン・コロンビア特別行政地区
     (Washington, District of Columbia)

 Bさん:ワシントン州の州都?

 Aさん:違う違うって…
     ワシントン州の州都は、オリンピアっていう町!

 Bさん:ワシントンのような大きなところにオリンピアって町なんか
     聞いたこともないわ…

 つまり、Bさんは、ワシントンDCのような大都会を擁する州なのに
 オリンピアって聞いたことがないと言っているのです…

 Aさん:ワシントン州は、西海岸にある42番目の州なんだよ…

 Bさん:ワシントン州?ワシントンDC?西海岸?…

 Aさん:イチローがいたシアトルって聞いたことない?

 Bさん:それは知ってる…

 Aさん:そこが、ワシントン州だよ…www

 Bさん:ヘーッ!じゃ、州都は、シアトル…
    (完全にパニクっていますwww)

 このように、ワシントン州の位置とワシントンDCがごちゃまぜになって
 東海岸にイメージしている人が多いようです…
 また、シアトルもカリフォルニア州をイメージして…

 解説

 アメリカの首都ワシントンD.C.は、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンと、
 アメリカ大陸発見者クリストファー・コロンブスにちなんで、
 "Washington, District of Columbia"(ワシントン、コロンビア特別行政地区)
 と名づけられていて、どこの州にも属していません。

 一方の西海岸のワシントン州(州都オリンピア)も、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで、名づけられていて、
 マイクロソフト社とボーイング社の本社があります。

 ワシントン州とワシントンD.C.の関連性はないものの、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで
 名づけられている点では共通していますよね…

 やっとBさんは、曲がりなりにも理解してくれましたwww









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草刈り機を使わずに除草! [日記]




 
 知人から、
 どうしたら草むしりが楽になるって相談をされました。

 わたしも、キレイに草むしりをしても、
 雨が降ったらまた生えてきてウンザリしたことがあります。

 こんなに完璧に除草したのに…
 でも、抜いても抜いても生えてくる…

 これが雑草というものです。

 でも、何とかしたいんやということで
 まず除草剤…

 しかし、
 高価のわりに効果(費用対効果)が少ないものが多い上に、
 身体にもよくないということで
 たどり着いたのが、原始的な”根抜き”という方法です。

 結局、雑草とは仲良く共存共栄するもの…

 なので、少ない時間で作業効率を上げたいのであれば、
 春先に軽く除草を行ない、
 夏場の一気伸びのシーズンの前後(初夏、初秋)の涼しい日1日に
 手間隙かけて、一気に”根抜き”を行なうのが効果的なのではと…

 もし、一気にすることが嫌ならば、
 涼しい日の前後2日をうまく取り入れて行なうのがよろしいかと…

 いずれも、庭の手入れは、
 楽にしようと思えば、手入れは雑になります…

 我が家のガーデンのように美しくするには、
 雑草とお友達になって、
 雑草をきれいに刈り取ってあげる気持ちになりましょうと
 アドバイスしました…

 もし、除草剤を使用するのであれば、
 根こそぎにしないと効果はないですよ…www





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

北の大地の美しいメロディー~ [日記]

 
 この間、
 FM放送で、
 「虹と空のバラード」という美しいメロディーが
 流れていました。

 なぜか胸に響く、夢のある歌に聞こえたので、
 気になって、
 調べてみました。

 この曲は、
 日本の高度成長の仕上げともいわれる
 国家事業であった札幌冬季オリンピックの
 「テーマ曲」でした。

 これを機に
 北の大地札幌に美しい街ができたそうです。

 本当に
 美しい旋律と、美しいロマンティックな歌詞なので
 感動しました。

 ~虹の地平を歩み出て
 影たちが近づく 手をとりあって
 町ができる 美しい町が ~

 日本中が、
 心から盛り上がっていたことを感じさせる
 素敵な歌詞に聞こえました。

 ちなみに
 オリンピックにおいても
 スキーのジャンプで、
 日本人が
 金・銀・銅を独占するなど
 夢と希望と感動を
 与えた素晴らしい大会だったんですね~

 本当に
 いい時代だったんですねwww

 それに比べて…www














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

魅惑の”ティファニー” [日記]

 
 女性の憧れ…魅力のティファニー~

 重なる2つのリングで、
 新年早々カップルに大人気のペンダント
  “ティファニー1837 インターロッキング サークル ペンダント“の
 紹介です。

 ティファニーブランドは、
 誕生日やバレンタインデーなど、
 大切な記念日にプレゼントされたいと願う女性憧れブランドのひとつ…

 そんなティファニーの商品の中でも
 今年も注目度の高い人気商品が、このペンダント!

 リングが重なり合ったデザインがかわいく、
 自分用としても
 カップルとしてもオシャレな時代の最先端を走る女性たちに
 重宝されているアイテムです。

 カジュアル的にも、
 落ち着いた装いにも、
 シーンを問わずに使えるデザインが魅力ですね。

 ユニセックスなデザインで
 男女老若男女問わず身につけられること、
 またスタンダードなデザインということで、
 人気に火が付いたオススメのペンダントです。

 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…




















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ある日突然…有事の備え! [日記]

 昨年も、 台風が
東北・北海道に猛威をふるいました。

 ふと…
 地震対策はよく報道特集などされているけれど、
 じゃ~、台風対策って何かしてる?
 と気になりました。

 戦前の日本って、
 今と正反対で地震対策より被害甚大だった台風対策が主流で、
 特に大きな台風の前には、
 雨戸がない家は窓が割れないように
 板をX字に釘で打ち付けていました。

 その仕組みは、
 X状の板を打ち付けることにより、
 風が板の内側に巻き込み、
 風力が分散されることにより
 風の被害を軽減させるという発想だったようです。

 その後、こういった対策がなくなったのは、
 シャッター付きの雨戸ができたことにより、
 甚大な被害が減少して、危機管理が薄れていったからでしょうか。

 台風の通り道である沖縄などでは、
 台風の被害が今でも甚大なので、参考になる対策もいろいろあります。

 そんなこんなで、地震のみならず異常気象が続いている昨今のことも踏まえて、
 まず、台風対策といえば、
 今も昔も窓ガラスへの対策がポイントでしょう。

 自分の命は自分で守るということで…

 第一は、
 シャッターをおろすこと。

 第二は、
 窓ガラス飛散を最小限にとどめるための対策としての
 飛散防止フィルムです。

 ちなみに、
 おウチにはアイRオオヤマの飛散防止フィルムを貼っています。

 台風のみならず、食器棚などに地震対策としても活用している優れものです。

 それから、
 急な地震・強風なども考慮に入れて、
 家の周りには、
 転倒しやすいもの・軽いものは置かないことかな…
 常に整理整頓を心がけていれば、問題ないですね。

 あとは、海や川に近寄らないのも鉄則ですね。
 
 他にもいくつか軽微な対策がありますが、
 いずれにしても、
 地震対策と兼ねて、併用対策を行なうとベストだと思います。

 ようは、自然を甘く見ないという心がけが、一番の大きな対策でしょう。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感