So-net無料ブログ作成

自転車デビュー! [日記]






 小さい時、
 補助輪を外してはじめて自転車に乗るときに、
 広い公園の片隅で、
 自転車の荷台をお父さんやお母さんに持ってもらって、
 練習しなかったですか?

 子供にとって、補助輪付き自転車からコマを外して
 はじめて一人前ですものね。

 「パパ~後ろで持っててよ、離さないでね?」
 「持ってるから…持ってる。」
 「ほんとに持ってる?離してな~い?」
 「できた~!ひとりで乗ってるよ~!」
 「あっ!ほんとだ~!?やったね!!」
 「あ~~~っ!」
 ガチャン!

 そうそう 
 毎日毎日、何度も何度もコケて、擦り傷作ってやっと乗れた記憶が
 ありませんか?

 いまの子供たちは、
 ランニングバイクや変身バイクで
 30分くらいすると一人前だそうです。

 そのカラクリは、
 自転車に付いている両方の補助輪とペダルを外して、
 しばらくは、両足で走るようにバイクを走らせて遊ばせます。
 そうこしているうちに、自然に平衡感覚が養えてきます。
 そこで、
 今度は、普通の自転車に乗りたくなってきます。
 この時に
 元のように、
 コマなし自転車にペダルを取り付ければ
 すでに平衡感覚が養えられているので
 即座に乗れるといった流れです。

 つまりは、
 ペダルを外して練習をすれば、
 わたしたちも短時間で、
 しかも、
 怪我などなく上達できたのですね。

 技術もそうですが、
 こんなところにも知恵働かせれば、
 まだまだ
 簡単に改善できるものがたくさんあるのですね!






















宮里藍そっくりの… [日記]






 先日、
 リス公園に行ってきました…

 リスさんを遠目では、
 アメリカの公園で見たことはありましたが、
 実際、
 身近で見て、触れるのは初めてなので、
 楽しみでした。

 平日なら、
 餌が少ないので、放し飼いのリスゾーンに入ると
 何匹も飛びつくように集まって来るそうです…

 が、
 たくさん元気そうなリスさんがいるのに、
 今日は休日で人も多いために、
 木の陰に静かに隠れて
 なかなか出てきてくれません…

 その中の一匹が
 急に飛び出して他の木に移ろうと
 近くを猛スピードで走り去った時は、
 こちらもびっくりして後ずさりしましたwww

 何度も木の隙間から
 ひまわりのたねをあげても
 子供たちの大声に
 神経質になっているのか食べてくれませんでしたね…

 結局、
 この日は、
 放し飼いといっても動物園同様、見るだけで
 残念なことにお触りはできませんでした…

 が、一匹のリス…

 ゴルフの宮里藍そっくりの
 リスさんでした…
 みんなで大笑いしてしまいましたwww

 今度は、
 時間を調整して
 平日に
 宮里藍そっくりのリスさんや他のリスさんと遊ぼうと思いました…

 次回、ほかのエリアからイボミそっくりのリスさんが
 優雅に現れたりして…

 横を見たら、細めの長身原江里菜そっくりのリスさんがいて…

 こんな楽しい一日になればいいですね…www

 今度は、おしゃれしてご挨拶するから待っててね…






ビールの季節! [日記]

 夏は、ビールが美味しくなる季節ですね。

 冬は冬で飲むビールも美味しいですが、

 やっぱりキンキンに冷えたビールを真夏にグビグビ飲むのは最高~www

 そんな中、わたしのこだわりビールのひとつである麒麟ビールを飲む際の
 秘密を紹介しますwww

 このビール…
 味だけでなく、ロゴマークのデザインや色合いにも美味しさを感じます。
 で、美味しさの秘密でもあるロゴマークですが…

 このロゴマーク内の気になる獣は、中国の神話に登場する想像上の獣です。
 体は 「 鹿 」 、尾は 「 牛 」 、ひづめは 「 馬 」 、額は 「 狼 」 。

 頭に肉に包まれた一本の角があり、体の毛は黄色、背には五彩の毛があります。

 その麒麟をじーっとよく見てください…

 細かい文字で「キリン」と書かれていませんか…?

  本当に書かれているのに「目の錯覚だろ!!」という人もいますが…

 しかし、本当に書かれているのですよ…

 わたしは、そこに書かれている細かい文字…
 その3文字を探しながらいつも楽しく飲んでいます…

 その後、わたしが酔っていうかどうかの判断材料もここにあります…

 それと、もうひとつ…
 老眼になれば、見えないようなので
 目の検査がわりでもあるわけです…

 こうやって飲んでみると面白く、

 美味しくビールをいただきたいものですねwww

 












ゆかいなサザエさん…磯野家! [日記]





 昔、「サザエさん」をよく見ていました。

 最近になって、また見る機会が増え、
 今まで間違った見方をしていた自分に気づきました。
 個人的には、毎週の各地の観光名所巡りを
 楽しみにしています。

 びっくり 1 
 え~っ 波平さんって54歳?
 え~っ フネさんって52歳?
 ふたりとも、老けすぎ~

 でもって、サザエさんとカツオ・ワカメは、姉弟妹だって~?
 じゃ~フネさんは、かなりの高齢出産ってこと…

 ということは、カツオとワカメは、
 波平さんとフネさんの孫ではなくて子供だったんだ。
 ふ~ん

 びっくり 2

 サザエさんの子供が、カツオ・ワカメ・タラちゃんではなくて、
 タラちゃんは、一人っ子だったんだ~
 へえ~っ
 家族構成には、まだまだ隠れた秘密があるそうです。

 びっくり 3

 学歴となると

 波平さんは、     京都大学卒
 フネさんは、     日本女子大学卒
 マスオさんは、2浪して早稲田大学商学部
 フ~ン、なるほど~
 サザエさんは、    アワビ女子学園 
       何ですか、それ…?
       アワビですか・・・アッハッハ~
       サザエさんの学校だけ偏差値がとても低そうです…        
       京大と本女の子なのに超頭悪そ~う
       ということは、遺伝的に見て、
       カツオとワカメもよく似た学力かな…

 ちなみにノリスケさんは、東京大学法学部だそうです。

 びっくり 4

 サザエさんの職歴は、
 元探偵・雑誌者・メイド・選挙カーのウグイス嬢だったようです。
 フン…フン… テレビそのままの活発な人ですね。

 現在は、
 不定期で、サザエさんたちが住む
 あさひが丘一のお金持ち・湯水金造さんの家に
 パートに出ているようです。

 でもって、
 夫のマスオさんは、28歳で元軍人?
 よくわからない~

 びっくり 5

 博多から、波平さんの転勤で東京に…
 ということは、波平さんは、
 江戸っ子ではなかったんだ…
 
 びっくり 6

 オープニングのあいさつの変遷

  初代「わたくし、サザエでございます」
 2代目「サザエでございま~す!」
 3代目「サザエでございます」
 4代目「こんにちは! お元気?」
 5代目「サザエでございます」
 6代目「サザエでございま~す!」(現在)

 いろいろありますね~

 ちなみに
 家の間取りとともに住所もあるそうですよ…

 こうやってみると、おもしろ~い…

 けれど、
 作者長谷川町子さんが亡くなって随分経ちますが、
 家は、黒固定電話で携帯なんかも出てこない。
 テレビは、ブラウン管でリモコンがないし、
 女子高生がむかしの女学生のようなテイスト…
 声優さんも高齢化…

 先日25日にも
 中島くん役の白川澄子さん(2015年80歳)が
 お亡くなりになったとのこと…

 最近でも
 カツオ役の高橋和枝さん(1999年70歳)
 ノリスケ役の荒川太朗さん(2012年56歳)
 波平役の永井一郎さん(2014年82歳)が…

 この構成でいつまで続くのでしょうか?

 何かそんなこと考えてたら
 最終回で「またお会いしましょう。」と言っている
 サザエさんの姿と声が浮かんできました。

 そんなサザエさんですが、まだまだ楽しいし、
 続きますよね…www











乙女の下半身…一大事! [日記]





 軽いブログを…

 日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?
 最近では女子用の「ふんどし」も流行っていますね。
 ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、
 女性の下着としても良いということが浸透してきたのでしょう。
 プレゼントとしても喜ばれるようです。
 それにしても日本の女性は
 いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 

 今回は、そんなエピソードです。

 着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
 明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、
 ひとつだけ、なかなか定着しないものがありました。

 それは……「下着」です。

 江戸時代まで、
 男性は下着としてふんどしを着けていました。
 女性はというと、下着ははいていませんでした。
 腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず…
 それが当たり前だったのです。

 明治に入っても、
 西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
 体を締め付けるし、
 今までどおり何もつけないほうが快適だったのでしょうか…

 ですが、あるとき、
 日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

 それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」!

 かつて東京市の日本橋にあった
 日本橋白木屋百貨店……
 現在の東急日本橋店で、
 歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

 逃げ惑う従業員やお客たち……
 その中には、若い女性たちも…
 ロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、
 風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
 それを必死に片手で抑えているうち、
 片方だけでは体重を支えきれなくなり、
 多数の女性が地上に転落してしまいました。
 下着をはいていないため、
 着物がめくれる羞恥心から転落した女性…
 このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

 有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
 そんな教訓が、
 この火災をきっかけに叫ばれ、
 その後、日本女性に定着するようになったのだそうです。

 意外な事件から広まった西洋風の下着…
 どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

 現在は、叶姉妹の恭子・美香をはじめとして、
 一般の女性にも見せる下着が流行りですが…















草刈り機を使わずに除草! [日記]




 
 知人から、
 どうしたら草むしりが楽になるって相談をされました。

 わたしも、キレイに草むしりをしても、
 雨が降ったらまた生えてきてウンザリしたことがあります。

 こんなに完璧に除草したのに…
 でも、抜いても抜いても生えてくる…

 これが雑草というものです。

 でも、何とかしたいんやということで
 まず除草剤…

 しかし、
 高価のわりに効果(費用対効果)が少ないものが多い上に、
 身体にもよくないということで
 たどり着いたのが、原始的な”根抜き”という方法です。

 結局、雑草とは仲良く共存共栄するもの…

 なので、少ない時間で作業効率を上げたいのであれば、
 春先に軽く除草を行ない、
 夏場の一気伸びのシーズンの前後(初夏、初秋)の涼しい日1日に
 手間隙かけて、一気に”根抜き”を行なうのが効果的なのではと…

 もし、一気にすることが嫌ならば、
 涼しい日の前後2日をうまく取り入れて行なうのがよろしいかと…

 いずれも、庭の手入れは、
 楽にしようと思えば、手入れは雑になります…

 我が家のガーデンのように美しくするには、
 雑草とお友達になって、
 雑草をきれいに刈り取ってあげる気持ちになりましょうと
 アドバイスしました…

 もし、除草剤を使用するのであれば、
 根こそぎにしないと効果はないですよ…www






髪や肌の細胞を活性化! [日記]





 ただいま大人気の
 “ヘアビューザー“を紹介します。

 このドライヤーは、
 髪や肌の細胞を活性化して髪が潤うので
 美容院などでよく勧められるドライヤーです!

 使うほどに髪がきれいになると評判の“ヘアビューザー”は、
 痛んでいたカラーリングも修復します…

 このアイテムのおかげで、
 “ドライヤー=髪を傷めるもの”という考えは過去のものになりましたね!

 ○ 最高温度:140℃
 ○ 最大消費電力:1200W

 ”ヘアビューザー”はもともと美容院用のドライヤーでしたが、
 一般家庭用に登場したのが”ヘアビューザー2”です…

 違いは耐久性と電源コードの長さが違うだけで
 美容院仕様よりも615.5g軽量化!

 約2万円とドライヤーの中では高価なアイテムですが、
 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…















元気~元気~絶好調! [日記]





 52歳で初めての結婚をしたある俳人は、
 なんと毎日のようにxxxx日記をつけていたそうです。
 その回数は1日3回、5回に及ぶこともあり、
 絶倫ぶりを後世に残しています。

 さて、問題です!
 この俳人はだれでしょう?

 1、松尾芭蕉

 2、小林一茶

 3、正岡子規




 答えは2の小林一茶。

 ちなみに1人目の奥さんは37歳で亡くなり、
 その後、2人の奥さんを迎えましたが、2人目は半年で破局、
 3人目も46歳という短命でした。これって一体……。

 雀の子そこのけそこのけお馬が通る


 松尾芭蕉は、
 若いときに同棲していた女性「寿貞」の存在が明らかになっており、
 その子次郎兵衛は芭蕉の子といわれていて
 彼は、芭蕉の晩年まで身の回りの世話をしたようです。

 芭蕉はけっこう女好きな男で、
 若い頃は遊女や女中と遊んでいたようです。

 その中のひとりである「おとせ」との関係は、
 歌にも詠まれているくらいで熱烈だったようです。

 その後、
 同棲していた「寿貞」は、情熱的な女だったようで
 年齢的に淡白となった芭蕉に飽き足らず、
 門弟と駆け落ちしたといわれています。

 こんなこともあり、
 女性には懐疑的人生観を持つにいたり
 生涯結婚はしなかったようです。

 五月雨をあつめて早し最上川


 正岡子規は、
 肺結核を患っていて、生涯独身でした。

 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺