So-net無料ブログ作成
検索選択

下着のエピソード! [日記]





 軽いブログを…

 日本の女性が、下着をはくようになった理由とは?
 最近では女子用の「ふんどし」も流行っていますね。
 ふんどしは風通しもよく、締め付けないので、
 女性の下着としても良いということが浸透してきたのでしょう。
 プレゼントとしても喜ばれるようです。
 それにしても日本の女性は
 いつから現代のパンツのような下着をはくようになったのでしょうか? 

 今回は、そんなエピソードです。

 着物から洋服へと変わっていった、日本人の服。
 明治に入って洋服を着る人が少しずつ増えたものの、
 ひとつだけ、なかなか定着しないものがありました。

 それは……「下着」です。

 江戸時代まで、
 男性は下着としてふんどしを着けていました。
 女性はというと、下着ははいていませんでした。
 腰巻や襦袢は巻いていたものの、あとは何もつけず…
 それが当たり前だったのです。

 明治に入っても、
 西洋風の下着は存在したものの、なかなか浸透しませんでした。
 体を締め付けるし、
 今までどおり何もつけないほうが快適だったのでしょうか…

 ですが、あるとき、
 日本女性が下着を身に着けようと決心する、決定的な事件が起こります。

 それは、昭和7年に起こった「白木屋の火事」!

 かつて東京市の日本橋にあった
 日本橋白木屋百貨店……
 現在の東急日本橋店で、
 歳末の大売り出しの時期に、大きな火災が起きたのです。

 逃げ惑う従業員やお客たち……
 その中には、若い女性たちも…
 ロープや命綱を使って建物の上から降りて来ましたが、
 風が吹くと着物がめくれ、下半身があらわになってしまいます。
 それを必死に片手で抑えているうち、
 片方だけでは体重を支えきれなくなり、
 多数の女性が地上に転落してしまいました。
 下着をはいていないため、
 着物がめくれる羞恥心から転落した女性…
 このことは、世間に大きな衝撃を与えました。

 有事のときのために、下着ははいておくべきだ。
 そんな教訓が、
 この火災をきっかけに叫ばれ、
 その後、日本女性に定着するようになったのだそうです。

 意外な事件から広まった西洋風の下着…
 どんなことにも、きっかけというものはあるんですね。

 現在は、叶姉妹の恭子・美香をはじめとして、
 一般の女性にも見せる下着が流行りですが…















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

佳子様の気品ある美しい手話! [日記]

 
 一昨年のシルバーウィーク期間中に、
 気品ある美しい手話をテレビで拝見する機会がありました。

 手話は、
 簡単に出来ないことを知っているからこそ感動しました。

 この手話の美しさは、
 未だに語り草になっています。

 それは、手話を習っている私にとっても
 学ぶべきことの多いものでした。

 22日に鳥取県を訪れた秋篠宮家の次女佳子さまは、
 米子市公会堂で行われた全国高校生手話パフォーマンス甲子園の開会式に出席し、
 手話を使いながら
 「手話に対する理解と聴覚に障害がある方々に対する理解が一層深まるとともに、
 この大会がすばらしい思い出となりますことを願います」とあいさつされました。
 佳子さまが公式の場で手話を用いてあいさつをするのは初めてだそうです。

 
 以前に紀子さまが手話でお話しされた記事を拝見したことがありましたが、
 当時は、手話に関心がなかったこともあり、少し心の片隅に残った程度でした。

 いまは、自分が学んでいることを
 皇室の公務、学業を兼ねながら、頑張っている佳子さまに
 感動を覚えました。

 佳子さまは、さらに3分弱のあいさつを全て手話とともに行い、
 「全員が楽しみながらこれまでの成果を
 十分に発揮することのできる舞台となりますことを期待しております」と述べました。

 こんなに長い手話を美しく、
 しかも丁寧でわかりやすく、スマートなスピーチは、
 今後の参考になりました。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

憧れの”サンタマリア号” [日記]

 先日、
 海遊館に行く前に、”斉藤雪乃”も乗った
 憧れの観光船”サンタマリア号”に乗船してきました…

 ”サンタマリア号”は、
 コロンブスがアメリカ大陸へ到達した際に使っていた船の名前…
 天保山の”サンタマリア号”は、
 コロンブスの”サンタマリア号”の約2倍の大きさで復元された観光船ですが、
 実際は小さい船だったのですね。

 ”デイクルーズ”は、毎時00分発で約45分の就航です…

 チケット購入後、
 乗り場に行くと、既に長~い行列ができていました。

 入船後、
 レストラン内の海の見えるテーブルを陣取りました…
 ここは、ほどよく近代的にシックに落ち着いた空間でしたよ…

 ”サンタマリア号”は、定刻12時に、
 大阪港、海遊館前の西波止場を出航~

 まず船は、
 北東に進路をとり、
 安治川の河口を、天保山大橋の方向に進んでゆきました。

 この天保山大橋は、阪神高速5号湾岸線で、
 安治川河口に架かる全長640mの3径間連続鋼斜張橋で、
 平成2年に架橋されました。

 此花区桜島と港区築港とを結んでいて、
 安治川を大型船が航行出来るように航路幅や橋の高さが確保されており、
 中央径間長は350m、主塔高は152m、桁下高は45mとなっています…

 船は、そのまま、
 日本で最も低い山、天保山と
 左岸の緑地の天保山公園を右手に見ながら、
 ユニバーサルシティ駅のあたりで、方向を180度変え、河口の方へと戻っていきます…

 今度は、
 いつも夢を与えてくれるUSJやユニバーサルシティ付近の京阪ホテルなどを経て 
 再び、光のハープのような天保山大橋をくぐっていきます…

 そのまま、
 出発点の海遊館前を横に見ながら、
 やがて、舞洲の環境事業局舞洲工場と大阪市環境局スラッジセンターなる
 アラブ様の不思議な2本の塔を通り過ぎていきました…

 そして、
 船は、夢洲と咲洲の間でUターン~

 咲洲方向の中央部に、大阪府咲洲庁舎(コスモタワー)
 ATCの建物と、すごい勢いで煙を吐く煙突…
 突端には、なにわ海の時空間や野鳥園…

 さらに、
 咲洲の北岸沿いを進み、赤い港大橋が見えてきました…

 港大橋は、
 昭和49年完成した 東京タワーを横たえたようなレトロを感じさせる橋で、
 全長980メートルのトラス橋…

 トラス橋としての中央径館間510メートルは、日本最長(世界第3位)で、
 レインボーブリッジ(長さ798mの吊橋)を凌ぐ美しい長大橋です…

 最も20世紀的なレトロな大建築と、
 まるでCGみたいな未来的かつ壮麗なフォルムを誇る橋ですね…

 このあと、
 咲洲の大型コンテナふ頭(南港コンテナ群)を通り過ぎると…
 
 さらなる巨大橋が…

 なみはや大橋と、千歳橋…

 はみはや大橋とは、
 平成7年完成した港区と大正区を結ぶ、尻無川に架かる全長1,740mの橋で、
 頂上部が47mと車がとんでもないところを走っています…

 港大橋のように鉄骨ごつごつしていかにも頑丈そうな橋と違い
 遠目にはぺらぺらに見え 、
 やたら高く高所恐怖症がついてまわる非常に恐ろしいべたふみ坂…

 一方の千歳橋(ちとせばし)とは、
 平成15年に完成し、大正区の大正内港に架かる橋…
 主橋梁部はアーチ橋とトラス橋が融合した
2径間連続非対称ブレースドリブアーチ橋であり、
 鮮やかな青色に塗られています…

 その後、港大橋をくぐり、
        約45分の航海を終えて、西波止場に帰港しました…

 いい天気に恵まれ、
 大阪の素晴らしい港を満喫した最高のクルージングでした…








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

憧れの”モレスキンノート” [日記]







 新年の手帳は、使っていますか?
 仕事をバリバリこなす系の方におすすめがこれ…

 毎日のスケジュールを時間単位で細かく管理し、
 仕事もプライベートも充実させる
 高機能なスケジュール帳です。

 自己目標なども書き込めるスペースもあります。

 長年ビジネスマンに愛されている手帳で、
 機能面でも女性らしいデザインで間違いありません。

 それは、誰もが知っているノートブランド「Moleskine(モレスキン)」。
 そう…憧れのモレスキンノートです。

 クリエイティブのプロたちに愛されてきたノートは、
 アイデアをたくさん書き込めます。

 今年の手帳にぴったりの1冊ですね!

 見開き1週間のバーチカル式で
 後ろに、タスクリストとプロジェクト管理ができるページがあるので、
 細かく仕事を管理できます。
 XLサイズもあるので、予定以外のこともたっぷり書き込めます。

 今年は、この手帳で大きく飛躍しませんか…

 今からでも遅くはありませんよ!
 いずれも品薄のためにお早目にね…!















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インクの要らない魔法のペン! [日記]

 
 ただいま大人気の
 “ピニンファリーナ カンビアーノ ナプキン フォーエバー “を紹介します!

 長ったらしい商品名ですが、
 早い話しが、インクのいらないメタルチップペン!

 なんと、一生インクが要らないという不思議な高級ペン

 なぜこのようなすぐれものができたかというと
 その秘密は、
 ペン先につけられたイサーグラフという合金チップ!
 これが、紙との間に生じる摩擦によって酸化されて、
 文字となるようです…

 インクが要らないスグレモノの上、
 洗練されたスタイリッシュなデザイン、
 木の自然のぬくもり、手触りを
 感じさせるあたたかみ…

 一生使えるペンとしてチョイスしたい大人の文具ですね…!
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なにわの人情派 ”通天閣” [日記]

 
 通天閣から南は、
 観光客、
 特に中国人が新世界に多く来るようになってから
 プロレスラー赤井沙希のおやじこと
 ”なにわのロッキー”赤井英和お気に入りの
 いつも入りやすい雰囲気の
 串かつ屋”だるま”をはじめとして林立気味…

 店が客を呼び込むために
 三味線をかき鳴らしたことから
 その名が付いたというジャンジャン横丁も、
 今は観光客のざわめきと、
 ボリューム全開の騒々しい呼び込みの音…

 ビリケンさんも
 店頭の客寄せとして増えてますね…

 そんなエリアの親分・通天閣ですが、
 従来より5メートル高い
 108メートルの高さにするそうです。

 たがが、5メートルだけ…

 というなかれ…
 これは、
 通天閣観光の西上社長の粋な計らいでした。

 「人の形にも似た通天閣を、
 人間の煩悩の数と同じ高さにするのが私の夢」と
 話しているそうな…

 「煩悩の数と同じ108の高さにすることで、
 より親しみを持ってもらい、
 一層多くの人に楽しんでもらえる憩いの場にしたい」

 庶民的な発想がうれしいですよね…

 時代が変わっても
 人情派”通天閣”は、
 いつまでも庶民の味方の通天閣であってほしいです!






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

美容にやさしい温泉気分! [日記]

 
 老若男女問わず、
 美容・お風呂好きに大人気の
  “マイクロナノバブルシャワー“の
 紹介です。

 現在注目されている人気の高いこの商品…

 『ガイアの夜明け』や『日本のチカラ』でも紹介されたこの商品は、
 マイクロナノバブルシャワーヘッド
 Bollionaボリーナが生みだすマイクロバブル(超微細な泡)が、
 毛穴の汚れなどを すっきり洗い流してくれ、
 最大50%の節水効果もあるそうです。

 そして、ポイントはマイクロバブルではなく
 マイクロナノバブルが発生することです。
 水中に水没させてもマイクロナノバブルは発生します。

 美容にもお財布にも環境にも優しいので、
 現在、予約沸騰となっています。

 また、レビューの点数も高く、
 他の美容シャワーヘッドと比べるとカートリッジがないため、
 コストパフォーマンスもよいアイテムですが…

 一気に人気に火がついて、品薄状態になっているとのことです…

 ですが、
 長く安心して使えるベストなチョイスのひとつとしていち押しです!













nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ワシントンって… [日記]



 

 Bさん:アメリカの首都はどこだっけ?

 Aさん:ワシントンDC…
     詳しくは、
     ワシントン・コロンビア特別行政地区
     (Washington, District of Columbia)

 Bさん:ワシントン州の州都?

 Aさん:違う違うって…
     ワシントン州の州都は、オリンピアっていう町!

 Bさん:ワシントンのような大きなところにオリンピアって町なんか
     聞いたこともないわ…

 つまり、Bさんは、ワシントンDCのような大都会を擁する州なのに
 オリンピアって聞いたことがないと言っているのです…

 Aさん:ワシントン州は、西海岸にある42番目の州なんだよ…

 Bさん:ワシントン州?ワシントンDC?西海岸?…

 Aさん:イチローがいたシアトルって聞いたことない?

 Bさん:それは知ってる…

 Aさん:そこが、ワシントン州だよ…www

 Bさん:ヘーッ!じゃ、州都は、シアトル…
    (完全にパニクっていますwww)

 このように、ワシントン州の位置とワシントンDCがごちゃまぜになって
 東海岸にイメージしている人が多いようです…
 また、シアトルもカリフォルニア州をイメージして…

 解説

 アメリカの首都ワシントンD.C.は、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンと、
 アメリカ大陸発見者クリストファー・コロンブスにちなんで、
 "Washington, District of Columbia"(ワシントン、コロンビア特別行政地区)
 と名づけられていて、どこの州にも属していません。

 一方の西海岸のワシントン州(州都オリンピア)も、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで、名づけられていて、
 マイクロソフト社とボーイング社の本社があります。

 ワシントン州とワシントンD.C.の関連性はないものの、
 アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンにちなんで
 名づけられている点では共通していますよね…

 やっとBさんは、曲がりなりにも理解してくれましたwww









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感