So-net無料ブログ作成
検索選択

魅惑の”ティファニー” [日記]

 
 女性の憧れ…魅力のティファニー~

 重なる2つのリングで、
 カップルに大人気のペンダント
  “ティファニー1837 インターロッキング サークル ペンダント“の
 紹介です。

 ティファニーブランドは、
 誕生日やバレンタインデーなど、
 大切な記念日にプレゼントされたいと願う女性憧れブランドのひとつ…

 そんなティファニーの商品の中でも
 今年も注目度の高い人気商品が、このペンダント!

 リングが重なり合ったデザインがかわいく、
 自分用としても
 カップルとしてもオシャレな時代の最先端を走る女性たちに
 重宝されているアイテムです。

 カジュアル的にも、
 落ち着いた装いにも、
 シーンを問わずに使えるデザインが魅力ですね。

 ユニセックスなデザインで
 男女老若男女問わず身につけられること、
 またスタンダードなデザインということで、
 人気に火が付いたオススメのペンダントです。

 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…




















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

話題沸騰…石原さとみのベストチョイス! [日記]

 
 売り切れ続出…

 ドラマでも着用された人気腕時計
 昨年、流行った“ダニエルウェリントン“の
 商品の紹介です。

 この商品は、
 そもそも”私に恋したお坊さん~”の中で
 石原さとみが直接使っていたことで、
 一気に話題沸騰になりました。

 石原さとみといえば、
 過去に、米映画サイト・TC Candler からの
 毎年恒例の「世界で最も美しい顔100人」2015年版では、
 日本人トップとなる19位にも選出されました。

 2014年の25位よりランクアップし、
 3度目の選出になり、
 自己最高位を獲得しています。

 ちなみに、日本人は、
 桐谷美玲が31位に、
 74位にAKB48の島崎遥香、
 84位に佐々木希がランクインしています。

 話しは戻って、
 ユニセックスなデザインで
 男女老若男女問わず身につけられること、
 またスタンダードなデザインということで、
 人気に火が付いたオススメの腕時計です。

 在庫わずかの
 長く使えるベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…














nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

激動の時代! [日記]

 
 祖母は、

 昭和の時代に亡くなって、
 早いもので、35年近くになります。

 祖母が生まれた時代って、
 どんな頃か調べてみました…

 明治後期の生まれで、

 この年には、
 ソニーの創業者井深大、
 オーストリアの指揮者ヘルベルト=フォン=カラヤンが、
 生まれていました。

 逆に
 岩崎弥之助や作家の国木田独歩、
 西太后が亡くなっています。

 時代背景ですが、
 その前後も含めて、
 比較的、大きな動きもなく、
 歴史的には、
 伊藤博文がハルビン駅頭で暗殺された事くらいです。

 これだけを見ると、
 比較的穏やかな幸せな時代だったのかなと
 思いますね…

 一方の亡くなった年には、

 山口百恵の結婚や
 ジョン・レノン射殺などの他、
 ルービック・キューブや
 チョロQ、ソーラー電卓、
 ウォッシュレットなどが
 商品化されています。

 大平首相急死、
 モスクワオリンピック、
 イラン・イラク戦争が起こったのも
 この年です。

 激動の明治大正昭和を生きてきた祖母に
 合掌!




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

デリケートなヒップ! [日記]





 ヒップホップなどの曲でダンシングしたり、

 運動して、

 女性ホルモンを活発化させて汗をかくと

 デリケートなショーツがくいこんだり、

 ずれたり

 といった

 経験ありませんか?


 運動のたびに、

 視線を意識しながら

 くいこみやずれをなおしたと、

 運動に集中できないときはいやなものです。

 汗もかくから、速乾性に優れていないと…

 それでもってヒップは

 まあるく、

 つんと高く…

 きれいにみせたいですね!


 













nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なにわの人情派 ”通天閣” [日記]

 
 通天閣から南は、
 観光客、
 特に中国人が新世界に多く来るようになってから
 プロレスラー赤井沙希のおやじこと
 ”なにわのロッキー”赤井英和お気に入りの
 いつも入りやすい雰囲気の
 串かつ屋”だるま”をはじめとして林立気味…

 店が客を呼び込むために
 三味線をかき鳴らしたことから
 その名が付いたというジャンジャン横丁も、
 今は観光客のざわめきと、
 ボリューム全開の騒々しい呼び込みの音…

 ビリケンさんも
 店頭の客寄せとして増えてますね…

 そんなエリアの親分・通天閣ですが、
 従来より5メートル高い
 108メートルの高さにするそうです。

 たがが、5メートルだけ…

 というなかれ…
 これは、
 通天閣観光の西上社長の粋な計らいでした。

 「人の形にも似た通天閣を、
 人間の煩悩の数と同じ高さにするのが私の夢」と
 話しているそうな…

 「煩悩の数と同じ108の高さにすることで、
 より親しみを持ってもらい、
 一層多くの人に楽しんでもらえる憩いの場にしたい」

 庶民的な発想がうれしいですよね…

 時代が変わっても
 人情派”通天閣”は、
 いつまでも庶民の味方の通天閣であってほしいです!






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

陽の光・月の光 [日記]






 ”おくりびと”で脚光を浴びた
 庄内地方の”ヘーぇ”ていう話しを紹介しますね…!

 庄内平野には、南から赤川、東方から最上川、
 そして、日向川、月光川の4つの川が流れ込んでいます。

 何か気づきませんか?

 鳥海山を水源とする
 2つの川日向(にっこう)川と月光(がっこう)川です!

 ”日光川”の間違いではありませんよ~
 ”げっこうがわ”のまちがいではありませんよ~

 わたしもこの町の表示を見て、漢字読み方とも
 何かまぎらわしいな~と思いました…。

 そして、
 鳥海山を中心に、
 太陽の日と月の光の川が、並行して流れているって
 いろんな意味で何か意味深だと思いませんか…?

 この名前の由来は、
 鳥海山の本尊は薬師如来とされ、
 左の脇侍月光菩薩、右の脇侍日光菩薩と薬師三尊を
 形成していることからきているようです。

 つまり、
 月光川は、月光菩薩に見立てられたもの、
 日向川は、日光菩薩に見立てた川の名です。

 陽の光と月の光
 ふたつの光で病魔を焼き尽くす
 というような意味だそうです。

 で、なぜ”日向”になったのか
 なぜ、”がっこう”なのかはよくわからないのですが…

 神の宿る清らかな水から、
 美味しいお米ができるのも納得です。

 この月光川の河原で
 夜桜の花見をしたのは、夢幻だったのでしょうか…

 遠い昔の懐かしいひとコマが、
 ふと蘇ってきました…
















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトでおしゃれな炊飯器! [日記]

 
 ただいま大人気の
 “ミニライスクッカー “を
 紹介します!

 この商品、
 コンパクトサイズで、
 使い勝手もよいので便利です!

 なんと手軽に少量のごはんが炊けますよ!

 5合までの少量のごはんが
 蒸らし時間も入れてたった25分で炊きあがります。


 炊飯釜の底面を小さめにし、深みを持たせた独自の設計…


 少量の米と水でも美味しくふっくらと炊き上がります!

 一人暮らしの若者よりは、
 意外に60~70代の一人暮らしの老人を中心に
 注目されている人気の高い定番アイテム…

 一人暮らしや
 残業で夜遅くの食事にも活躍してくれること間違いなしです!!

 小回りのきくベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…

















nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草刈り機を使わずに除草! [日記]




 
 知人から、
 どうしたら草むしりが楽になるって相談をされました。

 わたしも、キレイに草むしりをしても、
 雨が降ったらまた生えてきてウンザリしたことがあります。

 こんなに完璧に除草したのに…
 でも、抜いても抜いても生えてくる…

 これが雑草というものです。

 でも、何とかしたいんやということで
 まず除草剤…

 しかし、
 高価のわりに効果(費用対効果)が少ないものが多い上に、
 身体にもよくないということで
 たどり着いたのが、原始的な”根抜き”という方法です。

 結局、雑草とは仲良く共存共栄するもの…

 なので、少ない時間で作業効率を上げたいのであれば、
 春先に軽く除草を行ない、
 夏場の一気伸びのシーズンの前後(初夏、初秋)の涼しい日1日に
 手間隙かけて、一気に”根抜き”を行なうのが効果的なのではと…

 もし、一気にすることが嫌ならば、
 涼しい日の前後2日をうまく取り入れて行なうのがよろしいかと…

 いずれも、庭の手入れは、
 楽にしようと思えば、手入れは雑になります…

 我が家のガーデンのように美しくするには、
 雑草とお友達になって、
 雑草をきれいに刈り取ってあげる気持ちになりましょうと
 アドバイスしました…

 もし、除草剤を使用するのであれば、
 根こそぎにしないと効果はないですよ…www





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

憧れの”サンタマリア号” [日記]

 先日、
 海遊館に行く前に、”斉藤雪乃”も乗った
 憧れの観光船”サンタマリア号”に乗船してきました…

 ”サンタマリア号”は、
 コロンブスがアメリカ大陸へ到達した際に使っていた船の名前…
 天保山の”サンタマリア号”は、
 コロンブスの”サンタマリア号”の約2倍の大きさで復元された観光船ですが、
 実際は小さい船だったのですね。

 ”デイクルーズ”は、毎時00分発で約45分の就航です…

 チケット購入後、
 乗り場に行くと、既に長~い行列ができていました。

 入船後、
 レストラン内の海の見えるテーブルを陣取りました…
 ここは、ほどよく近代的にシックに落ち着いた空間でしたよ…

 ”サンタマリア号”は、定刻12時に、
 大阪港、海遊館前の西波止場を出航~

 まず船は、
 北東に進路をとり、
 安治川の河口を、天保山大橋の方向に進んでゆきました。

 この天保山大橋は、阪神高速5号湾岸線で、
 安治川河口に架かる全長640mの3径間連続鋼斜張橋で、
 平成2年に架橋されました。

 此花区桜島と港区築港とを結んでいて、
 安治川を大型船が航行出来るように航路幅や橋の高さが確保されており、
 中央径間長は350m、主塔高は152m、桁下高は45mとなっています…

 船は、そのまま、
 日本で最も低い山、天保山と
 左岸の緑地の天保山公園を右手に見ながら、
 ユニバーサルシティ駅のあたりで、方向を180度変え、河口の方へと戻っていきます…

 今度は、
 いつも夢を与えてくれるUSJやユニバーサルシティ付近の京阪ホテルなどを経て 
 再び、光のハープのような天保山大橋をくぐっていきます…

 そのまま、
 出発点の海遊館前を横に見ながら、
 やがて、舞洲の環境事業局舞洲工場と大阪市環境局スラッジセンターなる
 アラブ様の不思議な2本の塔を通り過ぎていきました…

 そして、
 船は、夢洲と咲洲の間でUターン~

 咲洲方向の中央部に、大阪府咲洲庁舎(コスモタワー)
 ATCの建物と、すごい勢いで煙を吐く煙突…
 突端には、なにわ海の時空間や野鳥園…

 さらに、
 咲洲の北岸沿いを進み、赤い港大橋が見えてきました…

 港大橋は、
 昭和49年完成した 東京タワーを横たえたようなレトロを感じさせる橋で、
 全長980メートルのトラス橋…

 トラス橋としての中央径館間510メートルは、日本最長(世界第3位)で、
 レインボーブリッジ(長さ798mの吊橋)を凌ぐ美しい長大橋です…

 最も20世紀的なレトロな大建築と、
 まるでCGみたいな未来的かつ壮麗なフォルムを誇る橋ですね…

 このあと、
 咲洲の大型コンテナふ頭(南港コンテナ群)を通り過ぎると…
 
 さらなる巨大橋が…

 なみはや大橋と、千歳橋…

 はみはや大橋とは、
 平成7年完成した港区と大正区を結ぶ、尻無川に架かる全長1,740mの橋で、
 頂上部が47mと車がとんでもないところを走っています…

 港大橋のように鉄骨ごつごつしていかにも頑丈そうな橋と違い
 遠目にはぺらぺらに見え 、
 やたら高く高所恐怖症がついてまわる非常に恐ろしいべたふみ坂…

 一方の千歳橋(ちとせばし)とは、
 平成15年に完成し、大正区の大正内港に架かる橋…
 主橋梁部はアーチ橋とトラス橋が融合した
2径間連続非対称ブレースドリブアーチ橋であり、
 鮮やかな青色に塗られています…

 その後、港大橋をくぐり、
        約45分の航海を終えて、西波止場に帰港しました…

 いい天気に恵まれ、
 大阪の素晴らしい港を満喫した最高のクルージングでした…








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

渋滞緩和のカープール専用ライン! [日記]





 何年か前に、
 友人が国際免許を取得して、
 ロサンジェルスで
 アメリカ人を助手席に乗せて
 ドライブしている際、
 ”カープール専用レーン”を
 何も知らずに走っていたそうです…

 ある標識を見て、
 これなんだ?と聞いたら
 渋滞緩和促進のための
 カープール専用レーンというもので、
 このレーンを単独で運転すると
 罰金を科せられるんだ…と教えてもらったため、
 翌日の単独運転でのショッピングの際に
 役立ったと感謝していました。

 この規則は、
 運転手以外に同乗者がいる場合には
 ”カープール専用レーン”を
 走行することが許可されます…

 ロサンジェルス、オレンジカウンティー周辺では、
 ほとんどの場合で二人以上がその条件です…

 しかし、
 ダウンタウンから東へのびるフリーウェイ10は、
 3人以上という規定もあるので、
 フリーウェイ上の標識は要注意です!

 このように、
 日本と違って同じアメリカ国内であっても
 各州ごとに交通ルールは違います!

 特に、
 アメリカは空からでも違反者を摘発するような国です。

 アメリカのみならず、
 観光での海外旅行先では
 極力公共機関を使うのが賢明ですね!





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感