So-net無料ブログ作成
検索選択

相撲界の発展を… [日記]

 過日、
 一代横綱千代の富士が若くして亡くなりました。

 昨年も、
 場所の最中に、
 大横綱でもあり相撲協会の理事長でもあった一代年寄北の湖敏満氏が
 亡くなり、相撲界のみならず日本中に悲しみが…

 そういえば、数年前も大鵬幸喜氏が亡くなり、
 相撲界の短命化が話題になりました。

 若いころから
 激しいけいこで肉体を酷使した大相撲の力士は
 一般人と比べて寿命が短く、
 さらに、
 負けられないという精神的な重圧を常に背負い、
 土俵に立つ横綱はなおさらです。

 昭和以降に横綱に昇進した力士は、
 80歳まで生きた鏡里、初代若乃花を除けば
 おおむね50~60代で生涯を終えています。

 不滅の69連勝を誇る双葉山は56歳、
 花田氏と「栃若時代」を築いた栃錦は64歳。
 「柏鵬時代」の柏戸は58歳で、
 最近では先代佐渡ケ嶽親方の琴桜が66歳で急死しています。

 また、
 玉錦、玉の海と現役中に他界したという悲劇もありました。
 存命の歴代横綱で最年長は栃ノ海の花田茂広氏と、
 佐田の山の市川晋松氏が最高齢です。
 このコラムを書いている最中に
 残念ながら市川氏が亡くなったとの訃報が…

 横綱経験者は、
 60歳になると
 赤い綱を締め、還暦土俵入りを行うことになっているのですが、
 22代横綱の太刀山が戦前の37年に初めて披露してから、
 58代横綱千代の富士まで、披露できたのは、
 たったの10人しかいません。

 つまり太刀山以降、
 40人弱の横綱がいるにもかかわらず、
 還暦まで生きていた、
 あるいは
 健康を保つことが出来た横綱は4分の1しかいません。

 こうやって振り返ってみると、
 毎日、ちゃんこ鍋をたらふく食べるという
 食生活に問題があるのでは…

 大相撲の力士の短命化を
 防ぐためにも食生活の見直しも
 必要な時期に来ているのではないかと思います。

 昔のよき慣習は残し、
 悪しき慣習は改善していくことが
 相撲界の発展につながるのではないでしょうか…










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

懐かしのラジオ体操! [日記]





 恥ずかしながら
 この街に来るまでは、
 朝のラジオ体操って
 ”田舎の大きな運動場に集まってするもの”
 ”田舎の人だけのもの”
 と思っていました。

 当時のわたしは、って言うと、
 都会の真ん中で、
 日々疲れ、
 朝ギリギリまで寝て、
 会社に飛んでいく生活の連続でした。
 隣近所の生活も
 同じような毎日だったので、
 顔を合わせても
 挨拶らしい挨拶すらない状態でした。

 そんな中、
 家族の意向もあって、
 近くに新居を構えることになりました。

 この街はというと、
 入居の挨拶回りより先に
 挨拶にきてくださる
 地域全体で、
 新参のわたしたち家族を
 優しく受け入れてくれる街でした。

 そして、
 入居間もない初夏のある日、
 会長さんを含めいろんな方から
 「ラジオ体操にきませんか?」
 とのお誘いがありました。

 お誘いのあった初日、
 田舎生活に憧れていたわたしは、
 家族を連れて、
 生まれてはじめての
 朝のラジオ体操を
 経験しました。

 会場はというと
 メイン道路から外れた坂道の一角でした…
 道を挟んで反対の一角にも人が集まってきていました。
 幼児からお年寄りまで30人くらいといったところでしょうか…

 参加証にスタンプをもらっていると、
 清々しい天気に包まれて
 ラジオ体操のうたが流れてきました~

 ラジオの司会者が、
 街の紹介を兼ねながら、
 まずは、
 首などの準備運動からスタートです。

 そして、
 ラジオ体操第一~…

 懐かしいな~
 いろんな思い出が、
 走馬灯のように頭を駆け巡りつつ、
 小学校時代にタイムスリップしていました~

 最後は、
 気持ちよく深呼吸して…

 あれ?
 なに?なに?
 まだ何かあるの?
 ラジオ体操第二…?
 ええっ!そんなのあるの~!
 心の動揺を抑えながら…
 周りの人を見ながら…っと…

 ちなみに
 ラジオ体操第三もあるそうです(ビックリ)

 そんなこんなで
 朝早くから、気持ちよく晴れやかになりました。

 終了後、
 乳酸飲料までいただいて…

 ラジオ体操って最高~

 アリナミンAの吉瀬美智子のイメージで
 ラジオ体操をしたら日頃の疲れが
 シャキーッとすっきりするような…
 
 その後、一週間ラジオ体操完走して…
 ラジオ体操からたくさんのエネルギーもいただき…
 素敵な夏の思い出でした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

陽の光・月の光 [日記]






 ”おくりびと”で脚光を浴びた
 庄内地方の”ヘーぇ”ていう話しを紹介しますね…!

 庄内平野には、南から赤川、東方から最上川、
 そして、日向川、月光川の4つの川が流れ込んでいます。

 何か気づきませんか?

 鳥海山を水源とする
 2つの川日向(にっこう)川と月光(がっこう)川です!

 ”日光川”の間違いではありませんよ~
 ”げっこうがわ”のまちがいではありませんよ~

 わたしもこの町の表示を見て、漢字読み方とも
 何かまぎらわしいな~と思いました…。

 そして、
 鳥海山を中心に、
 太陽の日と月の光の川が、並行して流れているって
 いろんな意味で何か意味深だと思いませんか…?

 この名前の由来は、
 鳥海山の本尊は薬師如来とされ、
 左の脇侍月光菩薩、右の脇侍日光菩薩と薬師三尊を
 形成していることからきているようです。

 つまり、
 月光川は、月光菩薩に見立てられたもの、
 日向川は、日光菩薩に見立てた川の名です。

 陽の光と月の光
 ふたつの光で病魔を焼き尽くす
 というような意味だそうです。

 で、なぜ”日向”になったのか
 なぜ、”がっこう”なのかはよくわからないのですが…

 神の宿る清らかな水から、
 美味しいお米ができるのも納得です。

 この月光川の河原で
 夜桜の花見をしたのは、夢幻だったのでしょうか…

 遠い昔の懐かしいひとコマが、
 ふと蘇ってきました…
















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビールの季節! [日記]

 夏は、ビールが美味しくなる季節ですね。

 冬は冬で飲むビールも美味しいですが、

 やっぱりキンキンに冷えたビールを真夏にグビグビ飲むのは最高~www

 そんな中、わたしのこだわりビールのひとつである麒麟ビールを飲む際の
 秘密を紹介しますwww

 このビール…
 味だけでなく、ロゴマークのデザインや色合いにも美味しさを感じます。
 で、美味しさの秘密でもあるロゴマークですが…

 このロゴマーク内の気になる獣は、中国の神話に登場する想像上の獣です。
 体は 「 鹿 」 、尾は 「 牛 」 、ひづめは 「 馬 」 、額は 「 狼 」 。

 頭に肉に包まれた一本の角があり、体の毛は黄色、背には五彩の毛があります。

 その麒麟をじーっとよく見てください…

 細かい文字で「キリン」と書かれていませんか…?

  本当に書かれているのに「目の錯覚だろ!!」という人もいますが…

 しかし、本当に書かれているのですよ…

 わたしは、そこに書かれている細かい文字…
 その3文字を探しながらいつも楽しく飲んでいます…

 その後、わたしが酔っていうかどうかの判断材料もここにあります…

 それと、もうひとつ…
 老眼になれば、見えないようなので
 目の検査がわりでもあるわけです…

 こうやって飲んでみると面白く、
 酔もありうっとりですwww


 今年は、
 宝くじ大当たりを夢見ながら
 美味しくビールをいただきたいものですねwww

 












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コンパクトでおしゃれな”炊飯器” [日記]

 
 ただいま大人気の
 “ミニライスクッカー “を
 紹介します!

 この商品、
 コンパクトサイズで、
 使い勝手もよいので便利です!

 なんと手軽に少量のごはんが炊けますよ!

 5合までの少量のごはんが
 蒸らし時間も入れてたった25分で炊きあがります。


 炊飯釜の底面を小さめにし、深みを持たせた独自の設計…


 少量の米と水でも美味しくふっくらと炊き上がります!

 一人暮らしの若者よりは、
 意外に60~70代の一人暮らしの老人を中心に
 注目されている人気の高い定番アイテム…

 一人暮らしや
 残業で夜遅くの食事にも活躍してくれること間違いなしです!!

 小回りのきくベストなチョイスのひとつとしてどうぞ…

















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

初めての下着! [日記]






 軽いブログです…

 和装で腰巻きのみを巻く習慣だった日本では、
 昭和初期まで女性は下着をつけていませんでした。
 今でこそ、叶姉妹の恭子・美香や神田うのなどが
 ゴージャスで素敵な下着を着用されていますが…

 そこで、問題です…
 日本で最初に下着を履いたのは次のうち誰でしょう?

 1、与謝野晶子
 2、大正天皇の貞明皇后(九条節子)
 3、津田梅子






 答えは3の『津田梅子』。

 津田塾大学を創設した津田梅子は、
 アメリカ留学の際に、ズロース(下着)をはくことを
 当時アメリカ大使であったデロングに勧められたことから
 履くようになったようです。

 そして、昭和初期の白木屋の火事以降、
 有事の際もということで、
 下着が日本女性に定着するようになったとさ…
 めでたしめでたしwww


 与謝野晶子は、 
 女性の欲求や性を題材にした情熱的な作品で有名で
 実生活でも、情熱的で、
 鉄幹とは燃え上がるような不倫で結ばれ、
 12回も妊娠し出産、1人は生後2日後に亡くなるが、
 ほかの子供たちはすくすくと育ち、与謝野家は子沢山でした。


 貞明皇后の特筆すべきことは、
 大正天皇とともに側室制度を排して、
 天皇家の一夫多妻制を打ち切り、
 新しい皇室の姿を作っていったことである。

 いずれも女性の常識を覆したヒロイン?のようですね!
















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

有害なシャンプー! [日記]

 半年前に
 『シャンプーをやめると、髪が増える 
 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった!』
 (角川書店)著者 宇津木龍一氏の本を読みました。

 この本の内容をひとことで要約すれば
 「シャンプー」は、
 抜け毛や薄毛、
 さらには
 加齢臭の原因となっていますよということ。

 つまり、
 シャンプーで
 頭の皮脂をすっかり洗い落としてしまうと、
 皮脂が不足する…

 そのため、
 その分、皮脂を大量につくって補わなければならなくなる…

 その結果として皮脂腺が発達しすぎる!のだという。

 皮脂腺が発達しすぎると、
 毛に与えられるはずの栄養が皮脂腺にとられて、
 毛は細く、短いうぶ毛のようにしか育たない!ようです。

 “脱・シャンプー”を始めると、
 最初のうちは
 ベタつきや多少のかゆみが気になることがあるそうですが、
 これらは数週間~1カ月程度すると、
 発達した皮脂腺が徐々に小さくなり、
 皮脂の分泌量が減るため、自然と改善されるそうだ。

 その他にも、シャンプーに含まれる有害成分が
 毛穴から体内に侵入したり、
 頭皮の常在菌を奪ってしまうため、
 めったに感染しないはずの別の雑菌が付着したり…。

 聞けば聞くほどおそろしいシャンプーの弊害はいくつも…

 で、わたしは、
 ここ半年ほど
 毎日使っていたシャンプーの使用を控えています。

 実践してみた結果、
 全体的に黒くなってきました。
 全体のボリューム感もアップしました。
 でも「さらさら感」とかは、なくなりました。
 が、しっかりした頭髪だという実感はあります。
 ただ、
 長い間、シャンプーで洗わないでいると頭皮が痒く
 今まで出なかったフケが出てくるのも事実です。
 もう少し、
 観察すれば違った効果が出てくるかもしれませんが、
 仕事に差し支えるために
 ここしばらくは、
 二日に1回水洗い、
 一週間に1回、比較的安全と言われるタカラベルモントシャンプーに変えて
 というスタイルで
 洗髪をしています。

 いろいろな意見がありますが、
 シャンプーに含まれる協力な有害成分が
 体内に入るのは
 間違いないのない事実です。

 このように
 われわれは
 何も知らずに身体を蝕んでいるものを
 大量に使用しています。

 シャンプーを使うと、
 長所としては、外見がよくなる…
 短所としては、身体に有害である…

 どちらを取るかは、
 人それぞれですが、
 わたしは、
 日々頑張っている自分の身体を、
 労わるためにも
 身体にいいと思うことことは
 もっと実践していこうと思います!










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ある日突然…有事の備え! [日記]

 昨年も、 台風が
東北・北海道に猛威をふるいました。

 ふと…
 地震対策はよく報道特集などされているけれど、
 じゃ~、台風対策って何かしてる?
 と気になりました。

 戦前の日本って、
 今と正反対で地震対策より被害甚大だった台風対策が主流で、
 特に大きな台風の前には、
 雨戸がない家は窓が割れないように
 板をX字に釘で打ち付けていました。

 その仕組みは、
 X状の板を打ち付けることにより、
 風が板の内側に巻き込み、
 風力が分散されることにより
 風の被害を軽減させるという発想だったようです。

 その後、こういった対策がなくなったのは、
 シャッター付きの雨戸ができたことにより、
 甚大な被害が減少して、危機管理が薄れていったからでしょうか。

 台風の通り道である沖縄などでは、
 台風の被害が今でも甚大なので、参考になる対策もいろいろあります。

 そんなこんなで、地震のみならず異常気象が続いている昨今のことも踏まえて、
 まず、台風対策といえば、
 今も昔も窓ガラスへの対策がポイントでしょう。

 自分の命は自分で守るということで…

 第一は、
 シャッターをおろすこと。

 第二は、
 窓ガラス飛散を最小限にとどめるための対策としての
 飛散防止フィルムです。

 ちなみに、
 おウチにはアイRオオヤマの飛散防止フィルムを貼っています。

 台風のみならず、食器棚などに地震対策としても活用している優れものです。

 それから、
 急な地震・強風なども考慮に入れて、
 家の周りには、
 転倒しやすいもの・軽いものは置かないことかな…
 常に整理整頓を心がけていれば、問題ないですね。

 あとは、海や川に近寄らないのも鉄則ですね。
 
 他にもいくつか軽微な対策がありますが、
 いずれにしても、
 地震対策と兼ねて、併用対策を行なうとベストだと思います。

 ようは、自然を甘く見ないという心がけが、一番の大きな対策でしょう。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フィット感抜群! [日記]

 
 毎朝、家の前を
 元気よく小学生たちが
 通り過ぎていきます。

 「おはようございま~す」

 一年生は、
 まだ綺麗な人気のランドセルを
 嬉しそうに
 担いでいますね…

 秋も過ぎ、
 学校にも慣れてきて、
 友達もたくさんできて
 毎日が
 楽しそうですwww

 昔から変わらない光景ですが、
 変わりつつあるものを
 見つけました。

 ランドセルの色って
 何色だったけ?

 男の子は、黒
 女の子は、赤 が、
 定番でしたよね…

 今の小学生は違います。

 よ~く見ると、
 なんと
 白いカラフルなランドセルの女の子も
 見かけました。

 運動帽も
 紅白が
 定番でしたよね。

 鉛筆はというと、
 三菱のHBが定番でしたよね。

 そして、
 誇らしげにつけていた名札も…?
 あれっ…忘れたのかな?
 よ~く聞くと、
 学校内でしか付けないそうです。

 今は、
 小学校においても
 いろんなところで
 定番がどんどんなくなっていって
 時代とともに
 大きく変化していっています。
 
 そんな中、
 定番を覆したおしゃれなデザインで
 持ちやすさとなめらかな書き心地、
 フィット感抜群のシャープペンシルを
 小学生から教えてもらいました!

 少し高価かもしれませんが、
 購入して使ってみると、
 日ハム・大谷翔平投手の先輩格の斎藤佑樹投手ではないけれど
 何かをもっているシャープペンシルでした!

 ソフトバンク・和田毅投手の先輩格の松坂投手ではないけれど、
 確信しました!

 この素晴らしいシャープペンシルの書きこごちは、、
 日ハム・大谷翔平投手の160Kmストレートのように
 バシッと決まります!

 このベスト商品を
 みなさんにお教えします!

 朝から
 柔軟な頭の
 必要性を
 しみじみ感じました。












nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なにわの人情派 ”通天閣” [日記]

 
 通天閣から南は、
 観光客、
 特に中国人が新世界に多く来るようになってから
 プロレスラー赤井沙希のおやじこと
 ”なにわのロッキー”赤井英和お気に入りの
 いつも入りやすい雰囲気の
 串かつ屋”だるま”をはじめとして林立気味…

 店が客を呼び込むために
 三味線をかき鳴らしたことから
 その名が付いたというジャンジャン横丁も、
 今は観光客のざわめきと、
 ボリューム全開の騒々しい呼び込みの音…

 ビリケンさんも
 店頭の客寄せとして増えてますね…

 そんなエリアの親分・通天閣ですが、
 従来より5メートル高い
 108メートルの高さにするそうです。

 たがが、5メートルだけ…

 というなかれ…
 これは、
 通天閣観光の西上社長の粋な計らいでした。

 「人の形にも似た通天閣を、
 人間の煩悩の数と同じ高さにするのが私の夢」と
 話しているそうな…

 「煩悩の数と同じ108の高さにすることで、
 より親しみを持ってもらい、
 一層多くの人に楽しんでもらえる憩いの場にしたい」

 庶民的な発想がうれしいですよね…

 時代が変わっても
 人情派”通天閣”は、
 いつまでも庶民の味方の通天閣であってほしいです!






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感